2015/09/28
インタビュー/Interview

山田哲生インタビュー

interview_yamada_1

Q:アーティストになったきっかけはなんですか?

中学校時代、自分も周りも多感な時期だった時に人によって好きな音楽や絵が違ったんです。

それは当たり前の事かもしれませんが、何が良くて何がいけないのかそれが僕にとっての疑問でした。

そして、自分が好きなものを伝えたい時にどうやって説明したらいいのか迷い、本当に何が美しいものをつきつめるために、美術やデザインの道を目指すようになりました。

Q:実際に学ばれて周りの人に伝えられるようになった実感はありますか?

あります。

基本的にまず自分が良いと思う作品を作ります。

その作品を見てもらった時に「かっこいいね」と表面上でも言われる瞬間が一番実感できる瞬間です。

interview_yamada_2

Q:作品のテーマはどこからきますか?

自分が伝えたい物語を作品にしています。

私は元々演劇部に所属していたのですが、物語を考えるのがとても好きでした。

その物語を一つの作品として表現しています。

Q:なぜ物語なのですか?

例えば人がきてくれた時に作品に描かれている「クマ」であったり「機械」に対してある人はこのクマを可愛いといったりこの機械は攻撃的なんじゃないかなといった作品を通してそれぞれの物語が生まれる瞬間がとても好きです。

その人のイマジネーションがかき立てられるのは広告ではできないと思います。

Q:今回の展示は全体を通していかがでしたか?

実は今回のように個展を行うのは初めてでした。

展示の並びやキャプションなど全部自分が行うので自分が良くしなきゃなという思いで搬入、準備を致しました。

大丈夫なのかなという不安よりは、Thisisgalleryさんを始め、関わって頂いてる方のために少しでも良くしようという気持ちが強かったです。

Q:新しい作品のイメージはありますか?

自分の作品を登場するキャラクターを人々に提案したい。

もっともっと設定を持たせて物語としての作品を深めていきたいです。

Q:本日はありがとうございました。最後になりますが、山田さんにとって絵を描くとはどういうことですか?

絵を描く人間にとって、自分の絵を一番好きでいるのは、いつだって自分でありたいはずです。

僕もそれは同じで、僕にとって絵は、一言でなら、聖なる存在だと言えるでしょう。

interview_yamada_3

山田哲生の作品一覧

関連記事

佐熊香奈 インタビュー

 現在、武蔵野美術大学に通っていらっしゃる佐熊香奈さん。元々は美術系の大学に進むつもりはなかったそうなのですが、あるきっかけで美大を目指すようになったのだとか。彼女の制作する特徴的な作品の源泉にあるもの、そして佐熊さん自身の将来への見通しな

NARUMI.hインタビュー

もともとは、美術大学への進学を諦めていたというNARUMIさん。しかし、美術から離れた時間の中で「自分には絵しかない」と感じたそうです。母親の後押しもあって進学を決意。現在は多摩美術大学に在学されています。一度離れてみてわかった美術への想い

見澄ませぬゑインタビュー

今回のインタビューは東京藝術大学の見澄ませぬゑさんです。 絵を書き始めたきっかけからこれからの展望まで、アートに対するありのままが今回のインタビューで語られています。(本人の希望でお写真は作品のみとなっております。) Q:絵を書き始めたの

『This is stamp』製作秘話! 〜LINEスタンプはこうやって作られます〜

いつも使ってるけど...LINEスタンプを作るって難しいの? 先日リリースした、thisisgallery初のLINEスタンプ『This is stamp』https://store.line.me/stickershop/pro

アート鑑賞が食事のような生活の一部になるように。ーART HOUSE 岩本美咲さんー

アート鑑賞が食事のような生活の一部になるように。ーART HOUSE 岩本美咲さんー  今回は、GOB-IPで「働ける美術館」ART HOUSE(アートハウス)というサービスを立ち上げている岩本美咲さんに、どのような想いでこのサービスを立ち