2015/10/06
インタビュー/Interview

葛西茉耶インタビュー

_DSC0147-small

Q:絵を描き始めたのはいつ頃ですか?

明確なきっかけは特になかったですが、本格的に学び始めたのは高校1年の時から。

むしろ中学の時は音楽を学んでいました(笑)

ですが、歌ってて楽しいより描いていて楽しいことに気がつき美術の道を選択致しました。

_DSC0214-small

Q:作品のアイディアやインスピレーションはどこからくることが多いですか?

青森県の出身なのですが東北の自然を描くことが多いです。

工藤甲人さんの影響で青い絵をかくようになりました。

また、被災地が友達が家族をなくした際に心の支えになるようなことがしたいと思い、人々に安らぎを届けられる作品を作りたいです。

Q:1作品あたり、どれくらいの時間で仕上げていますか?

1日で書き上げるものから3ヶ月程かかるものまで。

また、1年後眠らせてから加筆するものなど様々あります。

Q:絵を描くうえで、一番苦労していることってありますか?

美術界からみた視点と一般の方視点との溝がすごい両方のバランスをうまくとる事に苦労しています。

私の割と一般受けする作品だとは思いますが、美術界の視点だと両極端に分かれます。

アートとしてどう捉えるかが難しいです。

Q:今後の描きたい作品や挑戦してみたい活動について教えてください。

ファンタジーな作品を今まで描いているので、青から脱出して色を変える。

自然から離れてみる。

いろんな角度から作品を捉える

この視点を育ていきたい

Q:本日はありがとうございました。最後になりますが、茉耶さんにとって絵を描くとはどういうことですか?

生活の中で一番要となっているものです。もはや生活の一部となっている。

やめられないし、ずっと続けていきたいものです。

_DSC0136-small

葛西茉耶の作品一覧

茉耶さん展示:「Thisisgalley展」 くるくる Grobal Hub 9月14日~9月20日

関連記事

『This is stamp』製作秘話! 〜LINEスタンプはこうやって作られます〜

いつも使ってるけど...LINEスタンプを作るって難しいの? 先日リリースした、thisisgallery初のLINEスタンプ『This is stamp』https://store.line.me/stickershop/pro

黒川真知子インタビュー

「作品が誰かの心の支えになってくれたら嬉しい」と語る黒川真知子さん。自身の作品につながる学生時代の経験や、多摩美術大学時代に助手に教わった「仕事をしながら作品制作を継続するコツ」など、アーティストになるきっかけから現在までの活動を語っていた

佐熊香奈 インタビュー

 現在、武蔵野美術大学に通っていらっしゃる佐熊香奈さん。元々は美術系の大学に進むつもりはなかったそうなのですが、あるきっかけで美大を目指すようになったのだとか。彼女の制作する特徴的な作品の源泉にあるもの、そして佐熊さん自身の将来への見通しな

見澄ませぬゑインタビュー

今回のインタビューは東京藝術大学の見澄ませぬゑさんです。 絵を書き始めたきっかけからこれからの展望まで、アートに対するありのままが今回のインタビューで語られています。(本人の希望でお写真は作品のみとなっております。) Q:絵を書き始めたの

山田哲生インタビュー

Q:アーティストになったきっかけはなんですか? 中学校時代、自分も周りも多感な時期だった時に人によって好きな音楽や絵が違ったんです。 それは当たり前の事かもしれませんが、何が良くて何がいけないのかそれが僕にとっての疑問でした。 そして、自