2016/01/13
アートコラム/Column

[コラム]アートに向き合うこと、アートを買うということ

『art』の捉え方

Photo credit: zbigphotography (1M+ views) via Visualhunt.com / CC BY-SA

皆さんにとって、artとはどういう存在ですか。格式ばって、敷居の高いもの?それとも、とても身近で親しみやすいものでしょうか?

『art』と言っても、一言で説明しきれないのが、この言葉のムズカシイところ。大学で芸術学を中心に学んだ私にとっても、ずっと興味深く、答えの出ない言葉となっています。今でこそ、『art』に関わる仕事の人って、カッコイイというイメージですが……。

そもそも絵画や彫刻などに従事する者は下層階級の労働者であり、作品に創ることに対してさほど自分の意志や意図が表現できなかったとか。テーマが宗教画などに限られた頃は、描かれているものから何を題材にしたものか誰もが分かるようにしていたくらいです。作品に題名を付けるという事も、美術史の流れから見ればごくごく最近できた事と考えると、現代のアート環境は個人の意志を表現できるという点で、とても恵まれていると思います。

『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』

さて、ここで是非みなさんに見ていただきたい映画があります。

Photo via Amazon

『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』という映画です。NY在住のごく普通の夫婦ハーブとドロシー。ともに公務員であるけれど、『art』に対する情熱は底知れない。つつましく明日をも知れない給料で、世界屈指のアートコレクションを築き、一点も売ることなくニューヨーク・ナショナル・ギャラリーに寄贈するまのでの様子を収めたドキュメント・ムービーです。

『art』が好きな人、何かしら表現活動をしている人、『art』に関わりたいと思っている人。—この映画を見れば、どんな人でも『art』と関わることの素晴らしさを感じていただけると思います。

『art』を買うということ

Photo via VisualHunt

『art』作品を買うということ…。もしかしたら、この行為はとても敷居の高いことなのかもしれません。無名のアーティストの作品を買おうと決断することは、なかなかできないでしょう。その作品のなにが良いのか…。なにかが美しいのか…。色?形?それとも、言葉にはできないもの??やはり「価値」が見出せないと、同等の貨幣と換えることはできないのでしょうか。

しかし、このハーブとドロシーという2人の老夫婦が、アーティストたちの作品一つ一つに対して、あたたかくも情熱的なまなざしを向けている表情は、子供を愛する親のようで愛おしくもあります。子供の成長過程を見るかのように、スケッチや下書きなどの作品過程を全て見ていく2人の姿…。創作活動をしているアーティストにとって、必ずしも生じる迷いや不安を拭い去ってくれる優しさを感じます。また、作品の良し悪しを見分け、自分たちの審美眼を信じ、アーティスト自身と直接向き合う姿勢は見習いたいものがあります。

感性のままに、『art』を見てみよう

Photo via Visual Hunt

『art』を買うということ。それは、簡単なことではないかもしれません。しかし、情報が大量にあふれてかえってしまっているこんな時代だからこそ、自分自身の感性や感覚を強く信じ、心癒されるような『art』を求めても良いのではないかと思います。そして、『art』をより身近に感じることで、より新しい発展をしていけばいいですね。

よければぜひ、こちらのThis is Galleryのサイト内もご覧ください。様々なジャンルのアーティストが活躍しております。その中から、是非お気に入りのアーティストを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事のライターの作品はこちら

non title | thisisgallery | 好きなアーティストが見つかるアート購入・販売サイト

関連記事

愛知県立芸術大学出身の有名アーティスト

愛知県立芸術大学出身の有名アーティスト日本の公立芸術大学の中で、東京芸大に次いで有名な、愛知県立芸術大学。愛知県立芸術大学、東京では「愛芸」、愛知では「県芸」の名称で知られています。奈良美智を筆頭に、絵画や現代アートの分野で活躍するアーティ

【五美大】日本大学芸術学部出身の有名アーティスト

【五美大】日本大学芸術学部出身の有名アーティスト五美大シリーズ第二弾、今回は日本大学芸術学部出身の有名アーティストをご紹介します。俳優、アナウンサー、声優、落語家、小説家、写真家、映画監督、お笑い芸人、、日大芸術学部、通称「日芸」は、実に幅

日本と海外の美術教育の違いとは...?

日本に比べて優れているとされる海外の美術教育とは?Photo via Visualhunt日本と海外における美術教育はどういった違いがあるのでしょうか。よく耳にすることはあっても、なかなか実際に何がどう違うのかわからない方も多いかと思います

【アート入門】今さら聞けない美術館での鑑賞マナー

【アート入門】今さら聞けない美術館での鑑賞マナー あなたはどんな時、美術館に足を運びますか? 「ずっと楽しみにしてた「○○」の展示を見に美術館に行くぞー!」「今日は何も予定がないから近くの美術館でも行こうかな」「彼と美術

アート初心者にもわかりやすい!「西洋美術史」解説

西洋美術史は難しくない!初めまして、ライターの英嗣と申します。私自身、決してアートにとても詳しい!というわけではないので、アートがよく分からない方、アートはちょっと難しい…という方にも同じ目線で、楽しくアートについてご紹介できればと思ってい