2016/01/23
アート/Art

まるで大学全体が美術館!武蔵美の卒業制作展

武蔵野美術大学卒業制作展

スクリーンショット 2016-01-23 0.30.02

美術大学では卒業論文の代わりに卒業”制作”をするのは有名な話かと思います。卒業制作展というのは卒業生全員分の制作品を一斉に展示するということ。

2016年1/15(金)-18(月)にも武蔵野美術大学卒業制作展が開催されました。この4日間武蔵野美術大学は多くの作品で埋め尽くされました。

 

これはもうフェス?屋内に留まらぬ作品数

展示、というとどこかの建物を貸し切って屋内で展示する、といったイメージがあるかもしれませんが、武蔵野美術大学の卒展は学校全体を使用して展示しています。なので、どこの教室へ行っても必ず展示があるのは勿論、通路やエレベーターホールにまで作品が置いてありますし、なんと屋外でも作品が見られます。美大が最も美大らしい4日間になっていたこと間違いナシ。

芸術祭よりも熱気あるイベントかも…?

祭典にもこんな弱点が

武蔵美は芸術祭がメディアで取り上げてもらったりして何かと注目されがち。ですが、芸術祭は出店やイベント、装飾に目が行きがちです。展示も学生が自由に楽しくやっているものが多いので、力の入れ具合もまちまち。やはり楽しむにはいいですが、武蔵美で学べることが知りたい高校生や、作品が見たくて来た美術関係者の方はがっかりしてしまう人も多いのだとか。

「作品」に力を入れてるのはやっぱり卒展

その点、この卒業制作展では、武蔵美の学生がどういうものをどういった考えで作るのかがわかりやすく、美大生の実態を知ってもらうには卒制展のほうが断然良いのです!

しかも卒業制作展では、4年間武蔵美で学んだ中で、「一番表現したいこと・方法」で制作した作品ばかりが並んでいます。なので、その人その人の個性が一番出ていますし、力の入りようも他とは比べものになりません。更には、油絵学科の人が映像作品を作っていたり、美大でも論文を書く学生もいますし、日本画を描いたデザイン専攻の学生もいます。中にはアプリ開発のプレゼンテーションを卒業制作とする学生も。その学科に入った人は最終的にどのような表現にたどり着くのかが見所の一つでもありますし、学科に悩む受験生の参考にもなるかもしれません。




卒業制作展、今回見逃した方も大丈夫!

他の大学の卒業制作展はまだこれから

今回武蔵美の卒業制作展を見逃した方、東京藝術大学や多摩美術大学など他美大の卒業制作展はまだ終わっていません!

 

第64回 東京藝術大学卒業・修了作品展 1/26(火)-1/31(日)

多摩美術大学卒業制作展・大学院修了制作展2016 3/20(日)-3/23(水)

 

詳細や他大学の情報は各ホームページを参照してください。

どれも学生の集大成が展示されています。見て後悔することはまずないと思います。

武蔵美の卒制もまた見れる

また、武蔵美のが見たかった!という方も安心してください。4月からは武蔵野美術大学美術館図書館にて、2ヶ月間ほど「卒業制作優秀作品展」を行います。入館料も無料です。ぜひ足を運んでみてください!

 

 

関連記事

新宿駅に『まもののむれがあらわれた!』

新宿駅に巨大な黒板アートが出現 [映画ニュース] ドラクエ30周年&新作発売記念 新宿駅に14メートルの巨大黒板アート https://t.co/gy7AYWzNij #映画 #eiga pic.twitter.com/BP3

都内にある大型画材店・文具店まとめ

都内にある大型画材店・文具店まとめ あなたは普段どこの画材店・文具店を利用していますか? 都内には世界堂をはじめ多くの画材店・文具店があります。普段からよく制作活動をされる人の中には自分の通い慣れた店で購入される方も多い

生誕300周年。再発見された伊藤若冲の魅力

数世紀の刻を超えて見出されし絵画『生誕300年記念 若冲展図録』東京都美術館ほか編 緻密な描写の彩色絵や軽妙な筆遣いの水墨画など、初期から晩年まで若冲の代表作89点を紹介する本展図録。辻惟雄氏など若冲に関わりの深い方々の文章を収録した読み応

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~新古典主義~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズが扱うのは『新古典主義』です。新古典主義新古典主義は、18世紀中頃から19世紀初頭にかけて、西欧で建築・絵画・彫刻など美術分野で支配的となった芸術思潮のことです。それまでの装飾的・官能的なバロック、ロココの

平成に生きる昭和アーチスト、史群アル仙

知ってる?昭和の漫画…のようで違う、ツイッターで今話題の漫画「おそ松さん」から「おそ松くん」へ?今なんだか「おそ松さん」を筆頭に、昭和の漫画のリメイク作品が流行っていますが、どうやらリメイク作品から入って、原作の方へも興味を示す人も多いんだ