2016/01/28
インタビュー/Interview

『This is stamp』製作秘話! 〜LINEスタンプはこうやって作られます〜

いつも使ってるけど…LINEスタンプを作るって難しいの?

 

先日リリースした、thisisgallery初のLINEスタンプ『This is stamp』

main

https://store.line.me/stickershop/product/1237668/ja

2015年12月頃から製作が進んでいたこのスタンプですが…

皆さん、LINEスタンプってどうやって作っているのか気になりませんか?

今回、『This is stamp』のデザインを担当して下さった山田哲生さんへのインタビューを通して、製作の流れや難しさについてご紹介いたします。

 

──そもそもスタンプのデザインですが…何故動物に?

 

21

元々スタンプのテーマは、『美大あるある』みたいなものにしよう、ということは決まっていたんです。

thisis様のサイトやSNSを見る方の多くは美大生やクリエイターなので、そういった方たちにニヤリとしてもらえるものがいいな、と。

でも美大生といっても、油絵を描いていたり、彫刻を専攻していたり、いろんな方がいますよね。

だったら、学科ごとに何かキャラクターを当てはめてスタンプを作ったら面白いんじゃないか、って。そこから自然に動物がいいかな〜となったんです。

 

──『美大あるある』は思いつきやすかったですか?

35

そうですね。

記事にして頂いたみたいに(下記参照)、結構美大の常識って外とずれているところが多くて(笑)

あんまり意味わからなすぎても困るかなと思ったんですが、自分の中では結構色々盛り込んだつもりです。

ライノセラスの出番だ 入稿用

残念ながらライノセラスのセリフが入ったスタンプはリジェクトされてしまいましたが….(商標権的にダメなようです)

 

「石膏の話はやめろ」美大あるあるスタンプがじわる | thisismedia「石膏の話はやめろ」美大あるあるスタンプがじわる | thisismedia
 

──クマやウサギなど、キャラ5種類はどうやって決まったんですか?

0426

僕自身は多摩美術大学のグラフィックデザイン科で勉強しているのですが、

多摩美で5つくらい学科を挙げる…となると油絵、グラフ(グラフィックデザイン)、日本画、彫刻、ダクト(プロダクトデザイン)あたりかな、と思いまして。

それぞれのイメージにあてはまるものを考えた感じです。最初はワニとかゴリラとかも考えてましたけどね(笑)

イメージは完全に自分の主観です!

グラフはちょっとオタクっぽい、ダクトはリア充が多い、みたいな(笑) 

 

──ちなみに、一番お気に入りのキャラクターは?

33

日本画科をイメージした「キツネ」のキャラクターですね。

最初はなかなかうまく描けなかったんですけど、描いているうちにだんだんこなれてきて、逆に愛着が湧いてきました。

今見ると、アイデアスケッチの頃は結構リアル調ですね〜

写真 2016-01-03 14 03 58

でも、シャンプーは絶対『いち髪』使ってる、そのイメージ変わりません(笑)

 

──審査で実は一回リジェクトされましたよね、、

ブルータス 入稿用

そうですね….(笑)

完璧だ!とLINE Creators Marketに提出したものの…画像4つがリジェクトされてしまって。

3つが商標的?に怪しいからと、石膏像が「全体のイメージに合わない」からという理由でした。

石膏像はリアルすぎたんでしょうか、シュールさではシャケの方がよっぽど上だと思うんですが….

06

(こっちはなぜかセーフ)

この石膏像、結構お気に入りだったので割と悲しいです。

美術系予備校の生徒さんとかに、「このデッサン下手じゃない?俺のがうまいわ」とか使ってもらえると嬉しいな〜と思っていたので、、

サイズや画像処理だけでなく、こういったところにも気を使わないといけない為、

これからスタンプを作る予定がある方は要注意です。

 

──再提出して審査通過、無事リリースできたわけですが

17

本当に嬉しいです!

周りの友達に対してもたくさん使っちゃいますね、やっぱり(笑)

自分でもなかなか気に入っていて、できればたくさんの人に使ってもらえればいいな〜と思っています。

 

──実際作ってみてどうでしたか?

写真 2016-01-03 14 05 09写真 2016-01-03 14 18 54

正直、すごく楽しかったです。

普段の製作だとデザイン的にうまくいった…みたいなとこが焦点になってきますけど、スタンプは言葉も付いてくるので、キャラを想像しながらの作業だったんですね。

描いているうちに絵ももちろんこなれてきますけど、自分の中でもどんどんどんどん愛着が湧いてきちゃって(笑)

こういうお仕事はあまりしたことがなかったので、本当にいい経験になりました、ありがとうございます!

 

山田哲生さんの作品はこちら

今回LINEスタンプ作成を請け負ってくださった山田さん、thisisgalleryにも作品を掲載されています。是非ご覧ください。

moon | thisisgallery | 好きなアーティストが見つかるアート購入・販売サイト 

山田哲生さんの今後の活動

山田さんは多摩美で学ぶ一方で、2月には銀座にてイラストレーション展を開催されるそうです。

独特の画風が魅力の山田さんの作品、興味を持たれた方は展示会にて直接作品をご覧になってみてはいかがでしょうか?

S__16277538S__16277539

“Geister”
山田哲生イラストレーション展

日時
・2/1(月)-2/29(月)

・月曜日〜金曜日 18:00-5:00
(※BAR Artとしての営業は25:00〜5:00となり、18:00-25:00につきましては別のオーナーの管轄下での営業となります。)

・土曜日 14:00-20:00

・日祝 定休日
(※土曜日のBAR Artは画廊カフェとして営業致します。また、作家の在廊も基本的には土曜日を予定しておりますので、お越し頂けるという方は念頭に置いて頂ければ幸いです。)

関連記事

葛西茉耶インタビュー

Q:絵を描き始めたのはいつ頃ですか? 明確なきっかけは特になかったですが、本格的に学び始めたのは高校1年の時から。 むしろ中学の時は音楽を学んでいました(笑) ですが、歌ってて楽しいより描いていて楽しいことに気がつき美術の道を選択致しま

見澄ませぬゑインタビュー

今回のインタビューは東京藝術大学の見澄ませぬゑさんです。 絵を書き始めたきっかけからこれからの展望まで、アートに対するありのままが今回のインタビューで語られています。(本人の希望でお写真は作品のみとなっております。) Q:絵を書き始めたの

清水太二インタビュー

Q:絵を描き始めたのはいつ頃ですか? 本格的に作り始めたのは大学からです。 それまでは、平面に興味あるのか立体があるのか考えていましたが、自分は平面よりも立体からのエネルギーを受ける事に気がつき立体作品を中心に制作しています。 Q:芸術の

NARUMI.hインタビュー

もともとは、美術大学への進学を諦めていたというNARUMIさん。しかし、美術から離れた時間の中で「自分には絵しかない」と感じたそうです。母親の後押しもあって進学を決意。現在は多摩美術大学に在学されています。一度離れてみてわかった美術への想い

Polaインタビュー

デザイナーとして仕事をしていた時に「自分が本当に作りたいものを作りたい」と感じ、アーティストになったPolaさん。手がけている作品のテーマ、影響を受けている人物、これからの制作活動など、他では聞くことのできない貴重なお話をしていただいていま