2016/02/06
アート/Art

アートホテル『bna koenji』を東京高円寺に!このクラウドファンディング、絶対成功してほしい。

サブカルの街、高円寺

Photo credit: Graffiti Land via VisualHunt.com / CC BY-NC

『高円寺』と聞くと、ちょっと個性的なサブカル好きの方が闊歩する……そんなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

大小の商店街が連なり、それぞれ独特のこだわりのある古着屋さんが立ち並ぶ。東京における一つの文化の集積地と言えるかもしれませんね。そんな高円寺を舞台としたクラウドファンディング企画が進んでいること、ご存知ですか?

テーマは『泊まれるアートを高円寺中に』

Photo via READY FOR?

プロジェクトの仕掛け人は『Bed & Art Project 』これまでも京都や池袋で『泊まれるアート』をテーマに旅行者の宿泊する空間全体を作品と捉え、新進気鋭のアーティストによるペインティングなどを通して唯一無二のホテルを作り上げてきました。

今回のプロジェクト『日本のアーティストを世界に発信するアートホテルを高円寺に!』では、その一歩先を目指し、アーティストによって彩られ創られたアートホテルを高円寺中に創りたい、とのこと。

一つの場所で完結するのではなく、街中にアートホテルがちりばめられることでゲストやアーティストが交流できるようになることが狙いなんだそうです。実際に実現すれば高円寺の魅力が一段と増しそうですね!

想いの根源は、アーティストの活躍場所を創りたいという気持ち

Photo via READY FOR?

彼らのプロジェクトの想いの根源は、日本ではアーティストの活躍場所が少ないという危機感にあります。

僕たちは、「日本には世界に誇れるアーティストが沢山いるのに、欧米のように気軽に歩き回れるギャラリー街が少なく、アートを部屋に飾る文化がない!彼らが自分の作品で生計を立てることが難しい今の日本の環境を変えたい!」という想いでプロジェクトを立ち上げました。

 Via READY FOR?

 

実際に彼らの過去の京都・池袋でのプロジェクトの利益の25%は参加アーティストに還元されているんだそうです。アーティストにとっては、作品発表の場が少ないと言われている日本。その文化を変えようという強い想いが、Bed & Art Projectを突き動かしているんですね。

コンセプトを紹介する動画はこちら

クラウドファンディングの現在の状況は

tokyoBnAtsuika_002

Photo via READY FOR?

2016年2月6日現在、目標金額200万円の約40%が集まっています。2月27日まで支援を受け付けているこちらのプロジェクト、内覧会への招待チケットや実際にアートホテルに宿泊できるチケットなど金額に応じて様々なリターンが提供されます。

もしかすると将来的には宿泊予約を取るのも難しくなるかもしれません。興味を持たれた方は、ぜひ支援を検討してみてはいかがでしょう?

『Bed & Art Project 』クラウドファンディングは以下より

日本のアーティストを世界に発信するアートホテルを高円寺に!

 

他のクラウドファンディング記事はこちら

アート鑑賞が食事のような生活の一部になるように。ーART HOUSE 岩本美咲さんー | thisismediaアート鑑賞が食事のような生活の一部になるように。ーART HOUSE 岩本美咲さんー | thisismedia

関連記事

俳優で、画家で、陶芸家。大河ドラマにも出演した国広富之氏が教える「アートの楽しみ方」

芸術家としての国広富之氏近年ではNHK大河ドラマ『平清盛』や『八重の桜』にも出演し、俳優として広く活躍中の国広富之氏。そんな国広氏には、実は陶芸家と画家という面もある。1976年、大学卒業と同時に松浦竹夫演劇研究所に入所。翌年、TBSドラマ

世界三大瀑布の一つ『ナイアガラの滝 』

ナイアガラの滝 とはいったい?ナイアガラの滝image via wikipedia『ナイアガラの滝( Niagara Falls)』は、エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分

鉄工所がオープンアクセス型のアートファクトリーに 目標金額突破済みのクラウドファンディングプロジェクト『BUCKLE KOBO』

2016年4月現在、コレクター募集中 国内向けクラウドファンディングサービス「Motion Gallery」にて、既に58人のコレクターによって目標金額200万円を突破したプロジェクトがある。『BUCKLE KOBO』と名付けられたそのプ

この夏はアラーキーで決まり!天才・荒木経惟特集

この夏はアラーキーで決まり!天才荒木経惟特集天才、奇才と呼ばれる写真家・荒木経惟が77歳となる今年も15以上の個展を行っています。そして、この夏に東京各所で大規模な展示を展開しています。そんな、今もなお精力的な天才アラーキーを今回は取り上げ

サムスン美術館Leeumの魅力

ふりかえれば、いまを支えるものがある。 現在わたしたちの身の回りにある様々なものはすべて、過去に支えられている。身につける衣服も、その流行も、生活を支える電化製品の発明も、膨大な過去の業績の果てに生みだされたはずだ。人の思考や感性も、その