2016/02/20
アート/Art

ムサビ生がみんなに言いたい、武蔵野美術大学のイイトコロ

武蔵美生になってわかる武蔵美の魅力

日本を代表する美術大学のひとつである武蔵野美術大学。そんな武蔵美に通って2年の筆者(わたし)が、通ってわかった「武蔵美サイコー」って思えるところをいくつかご紹介いたします。

 

空きコマは芝生でお昼寝

Photo credit: “KIUKO” via VisualHunt.com / CC BY-ND

一般大学に通ってる人が普段の武蔵美に来て驚くことのひとつがこれなんです。

「芝生で白昼堂々と寝ている人がいる。」

しかもなにがすごいって、スカート履いた清楚な女の子とかも普通に芝生で横になって爆睡してますからね。見た目では何もわからない。ちなみに芝生は寝る以外にもミーティングスペースやランチ、作品の発表の場や楽器の練習場所なんかとしてもよく使われます。武蔵美では芝生は人気のワーキングスペース。

ちなみに、お昼寝の場所としてもういっこ有名なのは図書館の中にある名作椅子。嵐のバラエティ番組でも取り上げられたことがあるくらい、武蔵美には椅子コレクションがあることは有名なのですが、そのいくつかは図書館に配置されており実際に座れます。その中に人気でいつも座れない、球状のソファがあるのですが、だいたいの人はその椅子に座って本を読むでもなく、寝てるんです。でも確かに気持ちよさそうなんですよね。いつか座ってみたいです。

 

 

ニャー、猫がたくさん

Photo via Visualhunt

 

武蔵美には「ねこ部」という団体があるくらい、猫がいっぱいいます。でも、最初は猫より先にねこ部の存在を知るくらい、猫に気付きません、、(笑)ですが、通ってるうちにチラホラ猫を見るようになります。私のような猫好きにはたまらニャイ、、んです。ゴホン。

ちなみにねこ部の主な活動内容は武蔵美に生息する猫への餌やり!武蔵美の生態系を守ってくれている集団です。ありがたや。でも武蔵美の猫は人懐こく…はないので、ねこ部の方も基本的にはそっと餌を置くだけのようです。猫と戯れたい方は期待を裏切られる可能性大ですので、そこだけご注意。ただ危険性はなく、ひっかかれたたという話は聞きませんのでご安心を。まあそれと同じくらい猫と戯れたという話も聞きませんね。素直に猫カフェへ行きましょう。

ねこ部公式サイトはこちらをクリック

 

珈琲部

/p>

Photo via Visual Hunt

 

武蔵美には誇れるレベルで”ガチ”な珈琲部があるんです。

彼らの淹れる珈琲は本当に絶品。その珈琲は芸術祭で飲めるのですが、店は行列が出来る人気店となっています!傍からは淹れているいる様子も見れますが、これがまた温度を測っていたりとなかなか本格的、、。私も飲みましたが、びっくりするほど美味しい。

ちなみにわたしはまだ行ったこと無いのですが、どうやら学内で珈琲会なるものも不定期開催している模様です。お気に入りのマグカップとお菓子を持ち寄れば誰でもおいしい珈琲が飲めるそうです。是非ご賞味あれ。

武蔵野美術大学珈琲部Twitterアカウントはこちらをクリック

 

 

MAU手帳

Photo credit: thomas@flickr via Visual Hunt / CC BY-NC-ND

武蔵美生には、毎年無料配布されるスケジュール帳があります。その名もMAU手帳。

学内の予定が全て書いてある上に、美大生には便利な用紙の規定サイズなどが載っているため、みんなの必需品。外見のデザインは柄なしワンカラーなので、学生の創意工夫も掻き立てられます。さらには毎年違うデザインのシールがついてきます!どこにも売ってない自慢の一品。しかも美大あるあるネタでクスっとくるものもあったり。もらって嬉しい手帳となっています。

 

 

 

我が校自慢はしようと思えばいくらでもできるのがムサビ

以上が、私が武蔵美の日常で感じるいいところの「いくつか」でした。武蔵美には独特の居心地の良さがありますが、それらはほんとにたくさんの色んな要素からきているものですので、このほかにもたくさんのいいところがあります!それはまたの機会にご紹介いたします。

是非、美大生じゃない方も、気になったら武蔵美に遊びに来てみてくださいね。

関連記事

はらぺこあおむしと絵本の魔術師エリックカール

はらぺこあおむしという絵本をご存知ですか?   原題は『The Very Hungry Caterpillar』で、アメリカの絵本作家エリックカールが1969年に出版した絵本です。 あらすじ 日曜日の朝、卵からかえった

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!FacebookやtwitterよりもInstagramを利用している人が多い昨今。テレビでもフォトジェニックな写真の撮り方などが紹介されていますが、 あなたは普段どんな写真をイン

休日は親子で美術館へ!子ども向けアートワークショップまとめ

休日は親子で美術館へ!子ども向けアートワークショップまとめ 「うちの子も大きくなってきたし、そろそろ美術館でも静かにできるかな、、?」「一緒に美術館に行きたい」「子どもにアートを教えたい」でも正直、「どの美術館に行くのが正解?」「

世界各国の神殿に迫ってみた。

神殿とはいったいなに?『神殿』とは一言でいえば、神を祀る建造物のことです。寺院が宗教者による修行の場、教会が民衆に対する布教の場であることを強調した言葉であるのに対して、神殿は神に対する祭祀の場であることを強調した言葉のことです。日本の神社

現代アートに触れてみたいなら金沢の『21世紀美術館』へ

現代アートといえばここ。金沢の『21世紀美術館』をご存知ですか?見る者を選ぶ現代アートPhoto via kanazawa21.jp美しさや技巧で魅せるのではなく、みる者を考えさせたり、新しい視点を提供する魅せ方はかなり人を選びます。ょっぴ