2016/02/14
アート/Art

美大生御用達『世界堂』の魅力に迫ります

美大生の聖地『世界堂』とは一体……?

Photo credit: l e o j via Visual Hunt / CC BY-NC

世界堂は新宿を始め主に都内にある画材店です。その品揃え、安さから多くの人に親しまれています。芸術を学んでいる美大生、画家から子供まで、老若男女に愛される世界堂のすごさとは。

品揃えの充実、そしてお取り寄せまで

まずはなんといってもその品揃えの充実さです。一般の文房具屋さんで扱ってはいない模様紙や専用の紙類、絵の具においてはアクリル絵の具、油絵の具が各メーカーごとに売っています。ホルベイン、クサカベどちらかしか扱っていないという事もありません。色数についても他の画材屋さんよりも扱っている場合があるので美大生御用達というのも頷けます。

あまりに特殊な物については店頭に置いてない場合もありますが大体の物はお取り寄せできるのでそういった万能性もすごさの一つの理由です。また新宿店など駅に近い場所に存在する店舗が多いので何かのついでに売っているかどうかのチェックもし易いのもおすすめポイント。

メンバーズカードで更に安い

メンバーズカードも存在します。入会には500円必要ですが年間使用できて一部の商品以外は20%off+商品券といった特典が用意されています。画材は1つ1つの値段が高い事が多く絵の具1本でも400円前後します。その中で20%offというメリットが有るというのは購入者側からすると非常に有り難い要素だと思います。ちなみにこの商品券、美大生の間では誕生日のプレゼントなどとして活用されることも多いのだとか……

『世界堂』はリアル店舗だけじゃない!オンラインショップも

画材店で大きい物を買うと持ち運びに非常に困ります。例えば100号などのキャンバスといった非常に大きく、幅を取るもの。そういったものは普段一般的な画材店では購入してから郵送のやり取りといった手順を踏まなくてはなりませんが世界堂ではオンラインショップがあるので簡単に手配できます。

豊富な品数のお店からネットで画材を注文できる事、これもまたすごさであり世界堂のオンリーワンさと言えるでしょう。美大生などは特に課題制作で忙しくお店に行く隙がないという方が多いのでこういったオンラインショップは有り難い存在です。

一度ぜひ訪れてみては?

世界堂のすごさについて述べてみましたが、如何でしたでしょうか。美術の世界に興味ある人も無い人もその品数とスペースは驚きの一言なので是非お近くの世界堂に足を運んでみてくださいね。

関連記事

東京の玄関口でアートに親しむ。東京ステーションギャラリー

東京の玄関口にある"美術館"東京駅の中に美術館があるのをご存知でしたか?東京の玄関口として、毎日多くの観光客で賑わう東京駅。"駅をただの通過点としてではなく、文化の発信地として活かしたい"そんな思いから、1914年に創建された東京駅丸の内の

新宿駅に『まもののむれがあらわれた!』

新宿駅に巨大な黒板アートが出現 [映画ニュース] ドラクエ30周年&新作発売記念 新宿駅に14メートルの巨大黒板アート https://t.co/gy7AYWzNij #映画 #eiga pic.twitter.com/BP3

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ルネサンス美術~

今回0から学ぶ西洋美術史シリーズが扱うのは『ルネサンス美術』です。ルネサンス美術ルネサンス美術について説明する前に、まずは『ルネサンス』という言葉がどういう意味なのかを見てみましょう。ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語です。一

「世界で最も影響力のある100人」にあの草間彌生さんが選ばれる!

「TIME」誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」Image via TIMEアメリカの雑誌「TIME」が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」。毎年恒例のこの企画では、世界の著名人が名を連ねます。今年で言えば、Facebookの創始者

破天荒なイタリアの天才画家『カラヴァッジョ』。その作品が国立西洋美術館にて展示中!

イタリアが誇る大画家、カラヴァッジョ展開催中! ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは1,600年頃に活躍したイタリアの画家。コントラストの強い明暗法が特徴的で、スポットライトを浴びたように劇的に表現される人物像はバロックと呼