2016/02/17
カルチャー/Culture

ジョジョ風メイク!? 資生堂とジョジョとのコラボがすごい

『ジョジョの奇妙な冒険』×資生堂

荒木飛呂彦氏の作品『ジョジョ』って…

集英社の『週刊ジャンプ』に1986~2004年まで、集英社の青年漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年からと長期にわたって連載されている。シリーズの単行本は100巻を越え、累計発行部数は2014年9月時点で9,500万部超という国民的大人気漫画だ。

Photo credit: kazamatsuri via Visualhunt.com / CC BY-ND

今もなお8部の『ジョジョの奇妙な冒険Part8 ジョジョリオン』が連載中、2016年4月より『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が放送予定であり、その人気は現在も衰えを知らない。

そしてこのジョジョとコラボしたのが…

原田忠×ジョジョ=…

荒木飛呂彦氏の『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)に登場するキャラクターを題材に、資生堂ビューティートップスペシャリスト原田忠(はらだただし)が手掛けた創作ヘア・メーキャップ写真が今話題になっている。

原田忠は資生堂ビューティートップスペシャリストであり、商品開発から、宣伝広告・CMヘア・メーキャプなどを手掛けるほかNY、パリ、東京コレクションのヘアチーフを務めるなどビューティー界の第一線で活躍している。

コンセプトは「一瞬も 美しく」の表現として、世界に誇る漫画に着想を得た、斬新な創作ヘア・メーキャップによる美の提案と、「一生も美しく」の表現として、今の日本を代表する女性たちの美しい生き方を通じた美の提案とのこと。

資生堂銀座ビルでジョジョを体感!?

レセプションパーティーには空条徐倫やブチャラティーといった人気キャラクターが登場した。

 

このような企画によって、漫画が読まれるだけではない芸術の領域へ足を踏み入れる足掛けとなったのだろう。今後もこのコラボには目が離せない。

関連記事

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ロココ芸術~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズで扱うのは『ロココ芸術』です。ロココ芸術ロココ芸術とはバロックに続く時代の美術様式のことです。18世紀、ルイ15世のフランス宮廷から始まり、ヨーロッパの他国にも伝えられ、流行しました。ロココは『ロカイユ』に

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ビザンティン美術~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズで扱うのは『ビザンティン美術』です。ビザンティン美術『ビザンティン美術』は、5世紀から15世紀の東ローマ帝国で発達した美術の体系のことです。古代のギリシア美術、ヘレニズム美術、ローマ美術を継承しつつ、東方的

ピクサーのロゴに出てくるランプの名前、知ってる?ピクサーの短編作品の魅力に迫る!

いくつ知ってる?ピクサーの短編作品スタジオ設立30周年!『トイ・ストーリー』で有名なピクサーの記念展が東京都現代美術館にて開催! | thisismedia 先日から東京都立現代美術館で行われている「ピクサー展」。あなたはもう行きましたか?

『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』が連載再開!その「休載ボケ」をネタにした漫画が話題に

『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』が連載再開!次はどれくらい続くのでしょうか 週刊少年ジャンプ2014年37・38合併号への掲載を最後に長期休載中の漫画、『HUNTER×HUNTER』。冨樫義博先生のこの作品、連載当初から

キャンバスは「ホテルの客室」。パークホテル東京の"アーティストルーム"に泊まってみたい!

今話題の“アーティストルーム”の存在をご存知ですか?Photo via パークホテル東京みなさんは“アーティストルーム”という単語を聞いたことがあるだろうか?この言葉はパークホテル東京が2012年12月から行っているプロジェクト『Artis