2016/02/18
アート/Art

1本で1,600万色!クラウドファンディングに登場した『Scribble Pen』で難しいあの色も再現?

Kickstarterに『魔法のペン』が登場するとか…?

お絵かきは子供のお遊び?


Photo credit: yto via Visual Hunt / CC BY

皆さんは休日や時間が空いた時間に、絵を描かれる事がありますか?美大生や絵が上手い方ならともかく、筆者のように絵心がない人間は絵を描くためにペンを持つ事はなかなかありません。たとえ書いたとしても、シャーペンでちょっと落書きする程度、色をつけることなどまずありません。
小学校の時もそうでしたが、自分が求める色を再現するのって特に難しいんですよね……一口に青色といっても、本当は空のような色だったり、群青のように深い色など様々。

そんな『色』を再現する難しさを解決する夢のようなペンが登場すること、ご存知ですか?

1,600万色を再現可能!『Scribble Pen』の機能とは

Photo via thescribepen

カルフォルニアで開発された「Scribble Pen」はカラーセンサーとマイクロプロセッサを搭載している、世界初の機能を持つペン。センサーで描きたい対象の色を読み取り、内蔵のカラーカートリッジで色を調色しているんだそうです。通常のペンと同じように紙に描画することが可能なんだとか。子供の頃に使っていた色鉛筆を使う必要性もなくなってしまうかもしれませんね……

ペンには2種類があり、紙に描くことのできる『Scribble Ink』とスマートフォンに描くことのできる『Scribble Stylus』(アプリダウンロードの必要あり)とがあります。

クラウドファンディングで実現なるか、夢のペン『Scribble Pen』

スクリーンショット 2016-02-17 19.28.00

Photo via Youtube

海外のクラウドファンディングサイト『Kickstarter』で資金調達を予定しているというこちらのペン、発売日は未定ですが価格は紙用の『Scribble Ink』が149.95ドル(約15,000円)、『Scribble Stylus』が79.95ドル(約8,000円)になる予定とのこと。

プロモーション動画はこちら

色盲の方にも色を再現可能

こちらのペンは対象から色を読み取ることができる為、色を正確に判断できない色盲の方にも愛用してもらえるかもしれませんね。また感性豊かな子供たちにとっても、良いお絵描きのお供になるのではないでしょうか。

とてもワクワクさせられるこちらのペン、気になった方は公式サイトでじっくり検討してみては。

公式サイトはこちら

Scribble 公式サイト

関連記事

平成に生きる昭和アーチスト、史群アル仙

知ってる?昭和の漫画…のようで違う、ツイッターで今話題の漫画「おそ松さん」から「おそ松くん」へ?今なんだか「おそ松さん」を筆頭に、昭和の漫画のリメイク作品が流行っていますが、どうやらリメイク作品から入って、原作の方へも興味を示す人も多いんだ

パリの象徴~世界遺産エッフェル塔~

エッフェル塔、名前を聞いた事ある方も多いのでは?『エッフェル塔』は、フランスの首都パリの象徴的な名所となっている塔のことです。パリ7区、シャン・ド・マルス公園の北西に位置します。『エッフェル塔』と『ラ・デファンス』の超高層ビル街image

オフィスにアートがやってくる。Thisisgalleryによるレンタルアートサービス『This is Rental』リリース

 Thisisgalleryによるレンタルアートサービリリース『This is Rental』リリースのお知らせ2016年3月16日、アートのオンライン展示・販売サービスであるThisisgalleryによるレンタルアートサービス

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~新古典主義~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズが扱うのは『新古典主義』です。新古典主義新古典主義は、18世紀中頃から19世紀初頭にかけて、西欧で建築・絵画・彫刻など美術分野で支配的となった芸術思潮のことです。それまでの装飾的・官能的なバロック、ロココの

アートホテル『bna koenji』を東京高円寺に!このクラウドファンディング、絶対成功してほしい。

サブカルの街、高円寺 Photo credit: Graffiti Land via VisualHunt.com / CC BY-NC 『高円寺』と聞くと、ちょっと個性的なサブカル好きの方が闊歩する......そんなイメージを持つ方も