2016/02/19
アート/Art

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ゴシック芸術~

ゴシック美術

西洋美術史には様々なジャンルがあります。 例えば、比較的有名なギリシア美術から、マイナーなマニエスリム美術まで。 今回は、みなさんが『ゴシック調』という言葉でよく聞く、『ゴシック芸術』について簡単に学びましょう。

ゴシックとはそもそもなに??

ポピュラーに使われている『ゴシック』の意味は、例えば、闇、廃墟、退廃的といった、暗いイメージを表す言葉ですが、本来のゴシックという言葉自体が、『ゴート人の、ゴート風の』といった意味で、ヨーロッパ北方にあるゴート人の建築物が由来となっています。始めは、ゴシックの言葉自体が侮蔑的な意味がありましたが、時間が経つにつれて、中世風の様式を表すようになりました。

このように、『ゴシック』の定義の由来自体がしっかりしたものではないので、このような巷にあふれているポピュラーな表現とは必ずしも一致せず、様々な意味があり、曖昧です。

フランドル派の画家が描いたゴシック聖堂の内部

Image via wikipedia

ゴシック建築

ゴシック美術の由来自体となった、ゴシック建築について有名な建築物をいくつか見てみましょう。

フランス・パリのノートルダム大聖堂

Image via wikipedia

一番有名なのは、おそらくフランスのパリにある『ノートルダム大聖堂』です。司教の『モーリス・ド・シュリ』により、1163年に建築物の着工が始まり、最終的に現在の状態の建築物が完成したのは、1250年で、実に87年もかかっています。

ドイツ・ケルンのケルン大聖堂

Image via wikipedia

ドイツのケルンにある『ケルン大聖堂』も凄く有名です。このケルン大聖堂には正式名称があり、『ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂』と言います。

ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、ローマ・カトリック教会のミサがおこなわれています。現在の『ケルン大聖堂』は三代目で、600年以上かけられて、1880年に完成しました。

 

 

関連記事

一度は訪れたい!イタリア有名美術館8選

一度は訪れたい!イタリア有名美術館8選ルネサンスでおなじみのイタリア!14世紀、ルネサンスという今まで宗教的な意味合いが強かった芸術が、古代ギリシアやローマのようにもっと生きている人間に目を向けていこうよ、として芸術革命が起こった国なんです

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ルネサンス美術~

今回0から学ぶ西洋美術史シリーズが扱うのは『ルネサンス美術』です。ルネサンス美術ルネサンス美術について説明する前に、まずは『ルネサンス』という言葉がどういう意味なのかを見てみましょう。ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語です。一

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!FacebookやtwitterよりもInstagramを利用している人が多い昨今。テレビでもフォトジェニックな写真の撮り方などが紹介されていますが、 あなたは普段どんな写真をイン

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ビザンティン美術~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズで扱うのは『ビザンティン美術』です。ビザンティン美術『ビザンティン美術』は、5世紀から15世紀の東ローマ帝国で発達した美術の体系のことです。古代のギリシア美術、ヘレニズム美術、ローマ美術を継承しつつ、東方的

江戸時代にタイムスリップ!日本の文化を学べる博物館まとめ

江戸時代にタイムスリップ!日本の文化を学べる博物館まとめ2020年の東京オリンピック、その宣伝映像が昨年話題になりましたが、日本に訪れる外国人観光客も年々増加、国内外で再評価の熱が高まっています。日本の独自の文化は昔から世界的に評価されてお