2016/02/24
アート/Art

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ルネサンス美術~

今回0から学ぶ西洋美術史シリーズが扱うのは『ルネサンス美術』です。

ルネサンス美術

ルネサンス美術について説明する前に、まずは『ルネサンス』という言葉がどういう意味なのかを見てみましょう。ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語です。一義的には、ルネサンス古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動で、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まりました。

また、時代区分として、これらの時代(14世紀 – 16世紀)を指すこともあります。ルネサンス美術は、美術の分野におけるルネサンスの現れであり、文化運動であるルネサンスのうち、最も目に付きやすく、日本人にも親しまれている分野です。ルネサンス期には、日本時にもなじみの深い、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年 – 1519年)、ミケランジェロ(1475年-1564年)、ラファエロ(1483年 – 1520年)といった3人の巨匠が誕生しました。
レオナルドの「モナ・リザ」、ラファエロの一連の聖母子像、ミケランジェロの「ダビデ像」(彫刻)やシスティーナ礼拝堂天井画「天地創造」などがこの時期を代表します。その後長らく西洋美術の理想の時代とみなされました。

『聖アンナと聖母子』  レオナルド・ダ・ヴィンチ作

image via wikipedia

『サン・ピエトロのピエタ』  ミケランジェロ作

image via wikipedia

『アテネの学堂』  ラファエロ・サンティオ作

 

ルネサンス建築

ルネサンス建築は、一義的にイタリアのフィレンツェで1420年代に始まり、17世紀初頭まで続いた建築様式のことです。古典古代を理想とするルネサンスの建築における表現といえます。 人体比例と音楽調和を宇宙の基本原理とし、ローマ建築の構成を古典主義建築として理論づけました。ルネサンス建築は、本質的な意味では15-16世紀のイタリアの一部の都市にのみ成立したといえますが、フランス、イギリス、ドイツなど、西欧諸国の建築活動にも影響を与えました。

『サン・ピエトロ・イン・モントリオ教会』のテンピエット

image via wikipedia

 

関連記事

3回目となる「瀬戸内国際芸術祭」、今年は春・夏・秋の開催。春シーズンは3/20より!

瀬戸内国際芸術祭2016、今年は春・夏・秋の3シーズン開催!Image via 瀬戸内国際芸術祭20162010年に初めて開催された瀬戸内国際芸術祭。3回目となる今年は春、夏、秋の3シーズンで開催されます。アートの舞台は瀬戸内海に浮かぶ島々

世界三大瀑布の一つ『ナイアガラの滝 』

ナイアガラの滝 とはいったい?ナイアガラの滝image via wikipedia『ナイアガラの滝( Niagara Falls)』は、エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分

シュルレアリスムの説明できない魅力...ジョルジョ・デ・キリコの不思議な世界

シュルレアリスムの代表的なアーティスト Photo credit: Larry He's So Fine via VisualHunt / CC BY-NC 彼を紹介する前に、シュルレアリスムという言葉を先に紹介させていただこうと思

美大生御用達!人気webサービス5選

美大生は一体どういったサービス・ツールを活用してるの? 普段はアナログなイメージのある美大生は、ネットではどういう所を見ているのか。割と気になる方も多いかと思います。 Photo credit: Tetsuo HARADA

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ロココ芸術~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズで扱うのは『ロココ芸術』です。ロココ芸術ロココ芸術とはバロックに続く時代の美術様式のことです。18世紀、ルイ15世のフランス宮廷から始まり、ヨーロッパの他国にも伝えられ、流行しました。ロココは『ロカイユ』に