2016/03/13
デザイン/Design

世界遺産『軍艦島』。その名前の由来と歴史とはいったい…?

軍艦島っていったいなに?

軍艦島


image via wikipedia

アイキャッチ画像ですが、みなさん何に見えましたか?皆さんのなかには何がなんだかわからない方もいるかもしれませんが、実はこれは島なんです。

島は島でも、軍艦に似ていることから軍艦島と呼ばれています。軍艦島の正式名称は『端島(はしま)』と言います。

端島

かつて世界一の人口密度を誇った『端島』

端島(はしま)は、長崎県長崎市(旧高島町)にある島のことです。この島には海底炭鉱があり、石炭が採れたので、明治時代から昭和時代にかけて栄え、東京以上の人口密度を有していました。人口が最盛期を迎えた1960年(昭和35年)には、5,267人の人口がおり、人口密度は83,600人/km²と世界一を誇り、東京特別区の9倍以上に達しました。

「こんな島にどうやって住むの?」と思われる方もいるかもしれませんが、端島には炭鉱施設や住宅のほか、小中学校、店舗、病院、寺院である泉福寺、映画館である昭和館、理髪店、美容院、パチンコ屋、雀荘、社交場である白水苑などがあり、島内においてほぼ完結した都市機能を有していました。ただし火葬場と墓地、十分な広さと設備のある公園は島内になく、これらは端島と高島の間にある中ノ島に建設されました。

端島の終焉

端島の北東側

image via wikipedia

1960年以降主要エネルギーの石炭から石油への移行であるエネルギー革命が起こり、1970年代以降のエネルギー政策の影響を受け、数百万トンの石炭を残したまま、1974年(昭和49年)1月15日に端島は閉山しました。閉山にともなって、島民が島を離れてからは、端島は無人島です。2015年、国際記念物遺跡会議(イコモス)により、軍艦島を構成遺産に含む『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』が世界文化遺産に登録されました。2009年4月22日から観光客が上陸・見学できるようになり、旅行会社や海運会社が上陸ツアーを行っています。

関連記事

オリンピックロゴに採用された、『市松模様』の古今東西

オリンピックのロゴが市松模様に決定長らくかかりましたが、東京五輪のエンブレムがついに決定【画像】東京オリンピック新エンブレム、 #A案 「組市松紋」に決まる https://t.co/sgxxW8NZBw pic.twitter.com/S

心を惹きつけてやまない『アルフォンス・ミュシャ』のグラフィックデザインが素敵。

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家『アルフォンス・ミュシャ』 Image via Wikipedia アルフォンス・ミュシャという芸術家の名前を聞いたことはあるでしょうか?19世紀から20世紀にかけてミュシャは、アール・ヌーヴォーを

20世紀最高の高層ビル『エンパイア・ステート・ビルディング』

エンパイア・ステート・ビルディングとはいったいなに?エンパイア・ステート・ビルディングimage via wikipedia『エンパイア・ステート・ビルディング(the Empire State Building)』は、アメリカ合衆国ニュー

【第1回】東大は建築家で楽しむ!キャンパスで有名建築家ツアー

東大といえば… このに月には国立二次試験が行われ、合格発表も間近!そんな受験生たちが目指す大学の一つに東京大学がありますが、東大といえば、皆さんはどんな建物を思い浮かべますか?赤門?安田講堂?古い建築がたくさんあるんだよね?そんな風に思っ

世界的デザイナー、MIYAKE ISSEY氏の往年の作品が新国立美術館にて展示中!

世界的デザイナー「MIYAKE ISSEY」の諸作品Photo via MIYAKE ISSEY展新国立美術館で現在開催中のMIYAKE ISSEY展。三宅一生は、言わずと知れた、日本を代表する世界的なデザイナーですが、今回の展示では、三宅