2016/03/03
展示会・展覧会レポート/Report

ハイクオリティ間違いなし!東京藝大院映像研究科アニメーション専攻の修了制作展が開催間近!

東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻

Image via 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 第七期生修了制作展 GEIDAI ANIMATION 07 YELL

日本の美術大学の頂点とも言われる東京藝術大学、その中でももちろん学科は様々です。例えば油絵科、例えば彫刻科……など。その中でひときわ長い名前の専攻があります。その名も東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻。2008年に誕生したとのことなので、比較的最近に始まったもののようですね。

以前の記事でも紹介したように、この映像研究科の修了制作作品はかなりレベルが高く、各所で話題になることも度々。

2012年に発表された作品『就活狂想曲』に関する記事はこちら

東京藝大生のアニメーション作品『就活狂想曲』を見ると、就職活動がめちゃくちゃ怖くなる件 | thisismedia東京藝大生のアニメーション作品『就活狂想曲』を見ると、就職活動がめちゃくちゃ怖くなる件 | thisismedia

 

そんなハイレベルな学生たちの修了制作展が今回横浜と東京で開催されるとのこと。一体どんな作品が発表されるのでしょうか?


第七期生修了制作展 GEIDAI ANIMATION 07 YELL

まずは公開されている予告編をごらんください。

予告編を見るだけでも、レベルの高い作品が並んでいることが伝わってきますね。彼らの渾身の一作であることはまちがいないでしょう。

開催にあたってのメッセージ

私達は叫んでいます。地面の下の暗闇で。その理由も内容も皆それぞれ異なります。ばらばらの叫びの狂乱がこの暗がりを揺り動かして、地上へ繋がる風穴が今にも口を開きそうです。《YELL(=大声で叫ぶ・わめく)》をタイトルに掲げ、2016年3月、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻第七期生修了制作展を開催致します。さあ、私達ひとりひとりのアニメーションが、この声達が、皆様のもとへ辿り着いたとき、どのような響きを見せるでしょうか。その瞬間を待ちながら、私達は叫び続けます。

東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 第七期生修了制作展 GEIDAI ANIMATION 07 YELL 公式ページより引用

 

この修了制作展で作品を発表するのは13名。それぞれの想いがアニメーション作品として表現される様をぜひ直接に見てみたいと思いませんか?お時間ある方はぜひ会場に訪れてみてはいかがでしょう。院生の作品の発表以外にも、イラストレーターの上杉忠弘氏や漫画家の松本大洋氏のトークイベントなども開催予定だそうです。

イベント概要

《会期》
*横浜会場 2016年3月5日(土)— 7日(月)
 5日(土)11:30-21:30
 6日(日)10:00-21:10
 7日(月)11:30-19:00

*東京会場 2016年3月12日(土)— 18日(金)
 各日19:00より上映

-開催概要より

公式ホームページはこちら

 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 第七期生修了制作展 GEIDAI ANIMATION 07 YELL 公式ページ

関連記事

日本初!ルノワールの最高傑作『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』が4月27日から『ルノワール展』で展示されます!

『ルノワール展』『新国立美術館』image via wikipedia印象派の巨匠「ルノワール展」4月27日から8月22日まで国立新美術館で開催されます。世界でも有数のルノワール・コレクションを誇る、『オルセー美術館』と『オランジュリー美術

入館料が日本一高い美術館?「大塚国際美術館」の魅力とは…

全ての美術品が複製?でもとても人気なんです 徳島県鳴門市の鳴門公園内にある美術館が今とても人気なんです。まずその大塚国際美術館の外観がこちらです。 Photo credit: gtknj via Visualhunt / CC BY

『ファイナルファンタジー』『ガッチャマン』で有名な天野喜孝展、見に行かないとぜっっったいに損です

圧巻!『ファイナルファンタジー』『ガッチャマン』の天野喜孝氏の作品展が有楽町で開催中ファイナルファンタジーシリーズやタイムボカンシリーズのキャラクターデザインで知られ、最近では24時間テレビのTシャツデザインも手がけた天野喜孝氏。多方面で活

3回目となる「瀬戸内国際芸術祭」、今年は春・夏・秋の開催。春シーズンは3/20より!

瀬戸内国際芸術祭2016、今年は春・夏・秋の3シーズン開催!Image via 瀬戸内国際芸術祭20162010年に初めて開催された瀬戸内国際芸術祭。3回目となる今年は春、夏、秋の3シーズンで開催されます。アートの舞台は瀬戸内海に浮かぶ島々

サムスン美術館Leeumの魅力

ふりかえれば、いまを支えるものがある。 現在わたしたちの身の回りにある様々なものはすべて、過去に支えられている。身につける衣服も、その流行も、生活を支える電化製品の発明も、膨大な過去の業績の果てに生みだされたはずだ。人の思考や感性も、その