2016/03/07
アート/Art

島そのものがアート?今世界が注目する「直島」の魅力にせまる

世界が注目する直島ってどんなとこ?

皆さんは瀬戸内海に浮かぶ香川県の直島という島をご存じでしょうか。周囲約16km、人口3,300人ほどの小さな島であるにも関わらず、「現代アートの島」として現在、国内外からの注目を集めているのです。その直島がこちらです。

Image via ベネッセアートサイト

何か『天空の城ラピュタ』にでてきそうの雰囲気がありますよね。この直島、実は今世界から注目を集めています。その証拠に世界的な旅行誌「Traveler」では、「次に行くべき世界の7カ所」の1つとして、「Paris(パリ)」や「Berlin(ベルリン)」、「Alexandria(アレクサンドリア)」、「Dubai(ドバイ)」などの世界の著名な都市と並び、なんと「Naoshima Island」と直島が紹介されているんです。ではそんな世界が注目する直島の魅力とはどこなのでしょう?

アートの楽園!直島の魅力に迫ります

直島の現代アートの一部を紹介します。

直島のシンボル「赤かぼちゃ」

Photo credit: Yohei Yamashita via Visual hunt / CC BY

アーティスト・草間彌生が作った巨大かぼちゃのオブジェです。中にも入れるオブジェで、港に着いたらすぐに見ることができるので要チェックですね。

直島のもう1つのシンボル「南瓜」

Photo credit: kirainet via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

こちらも先ほど紹介した草間彌生の「南瓜」です。海辺にポツンとありますが、後程紹介するベネッセハウスミュージアムの近くにあるので是非立ち寄ってみて下さい。

直島は瀬戸内の芸術文化の中心なのですね。島には芸術作品や建築が点在していますが、美術館も有名なんですよ。

「地中美術館」と「ベネッセハウスミュージアム」は魅力がいっぱい!

直島には多くの美術館や「家プロジェクト」なんかもあるんです。その中でも今回は「地中美術館」と「ベネッセハウスミュージアム」をご紹介します。

地中美術館

地中美術館は「自然と人間を考える場所」として、2004年に設立されました。クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を通して、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わる魅力があるのです。

Photo credit: Telstar Logistics via VisualHunt / CC BY-NC

アーティスト ウォルター・デ・マリアの作品です。光と影が演出する芸術で、なんと天井からの自然光のみで生み出されている空間だそうです。直径2.2mの球体と27体の金箔を施した木彫を配置したアートスペースは、空間全体を作品と考えるデ・マリアの指示により設えられています。

 

Image via ベネッセアートサイト

クロード・モネが描いた『睡蓮』です。見飽きることのない、本当に美しい絵画ですね。

Image via ベネッセアートサイト

建築家安藤忠雄によってデザインされています。地中だけで構造体を構築したこの建物は、非モニュメンタルでいて、建築的という相反する意味を両立させているそうです。コンクリートと草木の調和がなんとも現代アートっぽいですよね。

 

ベネッセハウスミュージアム

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどの収蔵作品の展示に加え、アーティストたちがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。アーティストたちは自ら場所を選び、作品を制作しています。作品は展示スペースにとどまらず、館内のいたるところに設置され、施設をとりまく海岸線や林の中にも点在しているというなんとも珍しい美術館です。是非立ち寄ってください。

Image via ベネッセアートサイト

ベネッセハウスミュージアムの屋外です。こんなところにも作品は盛りだくさんなんです。

Photo credit: FullyFunctnlPhil via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

アーティスト ニキ・ド・サン・ファールの『腰掛』という作品です。可愛さがあり、空間に馴染んでいますよね。

 

Image via ベネッセアートサイト

ベネッセハウスミュージアムのB1で見られる作品です。絵や彫刻だけがアートではないと言わんばかりの作品ですよね。これこそ正に「自然・建築・アートの共生」でしょう。美術館とホテルが一体となってるなんてなんとも不思議な空間ですよね。本当におすすめです。

 

みなさんこの2つの美術館どうでしたか?この2つ以外にもまだまだ美術館やその他作品が直島には詰まっています。皆さんもアートの楽園「直島」へ一度足を運んでみて下さい。

関連記事

稲で作る芸術!?各所で話題の「田んぼアート」とは?

そもそも田んぼアートとは? 出典 Wikipedia 田んぼアート(たんぼアート)は、田んぼをキャンバスに見立て色の異なる稲を使って、巨大な絵や文字を作り出すプロジェクト、またその作品。 出典 Wikipedia   田んぼアー

破天荒なイタリアの天才画家『カラヴァッジョ』。その作品が国立西洋美術館にて展示中!

イタリアが誇る大画家、カラヴァッジョ展開催中! ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは1,600年頃に活躍したイタリアの画家。コントラストの強い明暗法が特徴的で、スポットライトを浴びたように劇的に表現される人物像はバロックと呼

個性的なあの人は多摩美術大学出身!?有名人・アーティストまとめ

アーティストや有名人がどんな大学を出ているか、気になりますよね? 中には美術大学出身の有名人もたくさんいます。今回は多摩美術大学出身の有名人・アーティストに焦点を当てて紹介したいと思います。 どんな大学を出ているか知ると

意外!あの人も!?武蔵野美術大学出身 有名人・アーティストまとめ

 実はあの人もムサビ卒!?芸能人や有名アーティストの中には意外と美術大学出身の人がいます。今回は武蔵野美術大学に絞って、有名人・アーティストをまとめてみました。意外と芸能人や知っている作家も多いかと思います。ムサビを受験しようかなーと考えて

美大生御用達『世界堂』の魅力に迫ります

美大生の聖地『世界堂』とは一体......? Photo credit: l e o j via Visual Hunt / CC BY-NC 世界堂は新宿を始め主に都内にある画材店です。その品揃え、安さから多くの人に親しまれていま