2016/03/07
アート/Art

島そのものがアート?今世界が注目する「直島」の魅力にせまる

世界が注目する直島ってどんなとこ?

皆さんは瀬戸内海に浮かぶ香川県の直島という島をご存じでしょうか。周囲約16km、人口3,300人ほどの小さな島であるにも関わらず、「現代アートの島」として現在、国内外からの注目を集めているのです。その直島がこちらです。

Image via ベネッセアートサイト

何か『天空の城ラピュタ』にでてきそうの雰囲気がありますよね。この直島、実は今世界から注目を集めています。その証拠に世界的な旅行誌「Traveler」では、「次に行くべき世界の7カ所」の1つとして、「Paris(パリ)」や「Berlin(ベルリン)」、「Alexandria(アレクサンドリア)」、「Dubai(ドバイ)」などの世界の著名な都市と並び、なんと「Naoshima Island」と直島が紹介されているんです。ではそんな世界が注目する直島の魅力とはどこなのでしょう?

アートの楽園!直島の魅力に迫ります

直島の現代アートの一部を紹介します。

直島のシンボル「赤かぼちゃ」

Photo credit: Yohei Yamashita via Visual hunt / CC BY

アーティスト・草間彌生が作った巨大かぼちゃのオブジェです。中にも入れるオブジェで、港に着いたらすぐに見ることができるので要チェックですね。

直島のもう1つのシンボル「南瓜」

Photo credit: kirainet via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

こちらも先ほど紹介した草間彌生の「南瓜」です。海辺にポツンとありますが、後程紹介するベネッセハウスミュージアムの近くにあるので是非立ち寄ってみて下さい。

直島は瀬戸内の芸術文化の中心なのですね。島には芸術作品や建築が点在していますが、美術館も有名なんですよ。

「地中美術館」と「ベネッセハウスミュージアム」は魅力がいっぱい!

直島には多くの美術館や「家プロジェクト」なんかもあるんです。その中でも今回は「地中美術館」と「ベネッセハウスミュージアム」をご紹介します。

地中美術館

地中美術館は「自然と人間を考える場所」として、2004年に設立されました。クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日を通して、また四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わる魅力があるのです。

Photo credit: Telstar Logistics via VisualHunt / CC BY-NC

アーティスト ウォルター・デ・マリアの作品です。光と影が演出する芸術で、なんと天井からの自然光のみで生み出されている空間だそうです。直径2.2mの球体と27体の金箔を施した木彫を配置したアートスペースは、空間全体を作品と考えるデ・マリアの指示により設えられています。

 

Image via ベネッセアートサイト

クロード・モネが描いた『睡蓮』です。見飽きることのない、本当に美しい絵画ですね。

Image via ベネッセアートサイト

建築家安藤忠雄によってデザインされています。地中だけで構造体を構築したこの建物は、非モニュメンタルでいて、建築的という相反する意味を両立させているそうです。コンクリートと草木の調和がなんとも現代アートっぽいですよね。

 

ベネッセハウスミュージアム

ベネッセハウス ミュージアムは、「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに、美術館とホテルが一体となった施設として1992年に開館しました。絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどの収蔵作品の展示に加え、アーティストたちがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークが恒久設置されています。アーティストたちは自ら場所を選び、作品を制作しています。作品は展示スペースにとどまらず、館内のいたるところに設置され、施設をとりまく海岸線や林の中にも点在しているというなんとも珍しい美術館です。是非立ち寄ってください。

Image via ベネッセアートサイト

ベネッセハウスミュージアムの屋外です。こんなところにも作品は盛りだくさんなんです。

Photo credit: FullyFunctnlPhil via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

アーティスト ニキ・ド・サン・ファールの『腰掛』という作品です。可愛さがあり、空間に馴染んでいますよね。

 

Image via ベネッセアートサイト

ベネッセハウスミュージアムのB1で見られる作品です。絵や彫刻だけがアートではないと言わんばかりの作品ですよね。これこそ正に「自然・建築・アートの共生」でしょう。美術館とホテルが一体となってるなんてなんとも不思議な空間ですよね。本当におすすめです。

 

みなさんこの2つの美術館どうでしたか?この2つ以外にもまだまだ美術館やその他作品が直島には詰まっています。皆さんもアートの楽園「直島」へ一度足を運んでみて下さい。

関連記事

実は見逃している!? オフィス街永田町でめぐるアート

 皆さんはオフィス街に不思議なオブジェが設置してあるのを見たことはありませんか? 見慣れすぎて、そのまま前を通り過ぎていませんか? オフィスビルは景観の整備や活動の一環として美術作品を設置することが多いです。大

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ゴシック芸術~

ゴシック美術西洋美術史には様々なジャンルがあります。 例えば、比較的有名なギリシア美術から、マイナーなマニエスリム美術まで。 今回は、みなさんが『ゴシック調』という言葉でよく聞く、『ゴシック芸術』について簡単に学びましょう。ゴシックとはそも

前衛の女王 草間彌生について知りたい!

前衛の女王 草間彌生について知りたい!   草間彌生というアーティストをご存知ですか?名前は知らなくても彼女の作品を様々な場所で目にしているはずです。赤に白の水玉模様、黄色に黒の水玉に覆われたかぼちゃなど、この二つは特に様

【書評】楽園のカンヴァス(原田マハ著)~画家の情熱が引き金となった絵画ミステリー~

原田マホ氏の代表作『楽園のカンヴァス』Photo via Amazon原田マハさんの代表傑作とも呼べるこちらの作品は、アンリ・ルソーと呼ばれる奇才の画家の作品「夢をみた」の鑑定を巡ってニューヨーク近代美術館のキュレーターであるティム・ブラウ

この夏はアラーキーで決まり!天才・荒木経惟特集

この夏はアラーキーで決まり!天才荒木経惟特集天才、奇才と呼ばれる写真家・荒木経惟が77歳となる今年も15以上の個展を行っています。そして、この夏に東京各所で大規模な展示を展開しています。そんな、今もなお精力的な天才アラーキーを今回は取り上げ