2016/03/07
カルチャー/Culture

【書評】虐殺器官(伊藤計劃) 〜近未来の世界観を描き切った傑作SF〜

伝説となった作家『伊藤計劃』


Image via Amazon

『伊藤計劃』、その作家の名前は多くのファンの間では尊敬とともに、今や一つの悲しみをもってして語られます。この記事でご紹介するSF小説『虐殺器官』で衝撃デビューを果たし、そのサイバーパンク的世界観で多くのファンを虜にしました。しかし2009年3月、肺癌のため死去。2度と彼の作品を見ることは叶わないのです。

2007年に、『虐殺器官』で作家デビューしてからわずか2年ほどで早逝したが、その処女作はゼロ年代日本SFのベストに挙げられている。

Wikipediaより引用

 

ちなみに武蔵野美術大学美術学部映像科卒であり、映画・SF評論ブログも運営していたとのこと。彼の作品からビジュアルイメージが想起しやすいのはそういった経歴が関係しているのかもしれませんね。

余談はさておき、今回ご紹介するのは彼の処女作『虐殺器官』。そのタイトルからは内容がなかなか想像しにくいですが、そこに描かれた世界観は深く、示唆に富んでいます。

『虐殺器官』、そこに感じる退廃的世界観

Photo via Visual Hunt

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう…彼の目的とはいったいなにか?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?

-Amazonより引用

 

上記のあらすじを見ても分かるかと思いますが、この作品で描かれている世界観は現在の延長線上にあるかのようです。現在の中東情勢、テロのニュース……ここ日本でも感じるその恐怖、現実が肥大化した世界がここには描かれています。

テクノロジー社会を描いた、サイバーパンク的世界観

一方で注目したいのがこの世界におけるテクノロジー。主人公クラヴィス・シェパードの一人称で進むために最初は気づきにくいかもしれませんが、そこに描かれたテクノロジーはなかなかに近未来的。人口筋肉や感情制御技術、様々な場面で聞きなれない言葉が登場します。一方で遺伝・進化生物学、宗教といったテーマに対して登場人物が言葉をかわす場面なども目立ちます。

サイバーパンク小説の特徴の一つとも言えるかもしれませんが、同様にこの『虐殺器官』も「テクノロジーが発達して」「社会が様変わりした」そんな世界において、人は何を思うのか、何を信じるのか。そしてどう生きるのかという、人間自身の真に迫る小説であり、読者自身にもそのテーマへの思案を促す小説なのではないでしょうか。『虐殺をうながす器官』とは果たして何なのか、それも合わせて考えていくと夜を明かすほどに熱中してしまうこと請け負いです。

新装版や映画も登場。今なお衰えないその話題性

スクリーンショット 2016-03-07 22.38.14Image via Project-Itoh

本作はノイタミナムービーの企画『Project-Itoh』の名の下、他2作(ハーモニー、屍者の帝国)と合わせてアニメーション映画化企画も進行中(制作会社の都合で公開予定が少し不透明なところもありますが……)。新装版の小説も出ているので、ぜひ実際に手にとってみてはいかがでしょうか。

関連サイトはこちら

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) Amazon作品ページ

『Project Itoh』公式ページ

映画の制作進行告知動画

関連記事

『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』が連載再開!その「休載ボケ」をネタにした漫画が話題に

『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』が連載再開!次はどれくらい続くのでしょうか 週刊少年ジャンプ2014年37・38合併号への掲載を最後に長期休載中の漫画、『HUNTER×HUNTER』。冨樫義博先生のこの作品、連載当初から

花のインテリア絵画 おすすめの作家さんをご紹介!

花のインテリア絵画 おすすめの作家さんをご紹介!インテリアには欠かせない 花今回は花の絵を描くおすすめの作家さんを紹介します!インテリアには欠かせない 花バラやチューリップ、といった季節の花を飾って楽しんだり、観葉植物やブリザーブドフラワー

ついに復活!世界的カードゲーム『遊☆戯☆王』の最新映画

世界に普及するTCG『遊☆戯☆王』 150RT: 【特集】『#遊戯王』遊戯デッキの再現にはいくら必要なのか https://t.co/SzS0gyYuxv pic.twitter.com/fSD6ZCS6Ha — インサイド@ダクソ

ローマの剣闘士の戦場『コロッセオ』の歴史と美しさ

コロッセオとはいったいなに? コロッセオ内部 image via wikipedia コロッセオとはローマ帝政期に造られた円形闘技場で、建設当時の正式名称はフラウィウス円形闘技場です。 「剣闘士とは何?」という方のために、剣闘士

世界各国の神殿に迫ってみた。

神殿とはいったいなに?『神殿』とは一言でいえば、神を祀る建造物のことです。寺院が宗教者による修行の場、教会が民衆に対する布教の場であることを強調した言葉であるのに対して、神殿は神に対する祭祀の場であることを強調した言葉のことです。日本の神社