2016/03/15
展示会・展覧会レポート/Report

究極のモネ展!モネのプライベート・コレクションを5月8日まで京都市美術館で見ることができます!

『マルモッタン・モネ美術館所蔵モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで』

『マルモッタン・モネ美術館内観』 
 

image via モネ展

印象派の代表である画家クロード・モネ(1840-1926)をテーマとして、「マルモッタン・モネ美術館」所蔵の選りすぐりの作品が大集結『モネ展』が京都市美術館で絶賛開催中です。

門外不出の至宝!?モネのプライベートコレクション!

『印象、日の出』 クロード・モネ作

image via モネ展

ルノワールと並ぶ大人気の印象派の画家クロード・モネの展覧会です。東京、福岡と開催され、とうとう京都市美術館にやってきました。今回のモネ展では、「マルモッタン・モネ美術館」所蔵の選りすぐりの約90点が展示されています。中でも注目が、印象派という言葉が誕生する由来となった歴史的大作である「印象、日の出」を始め、この京都展のみで展示されることになった「テュイルリー公園」、もちろん代表作の誰もが知っている「睡蓮」まで、絵画好きの方もそうでない方も、誰でも一度は見てみたいと思うような魅力的な作品がずらりと並んでいます。また、モネのプライベートコレクションであった貴重な作品も多数展示されているので、是非多くの方に見てもらいたい展示会です。

展覧会情報

展覧会名

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで

入場料

一般=1,600(1,400)円
高大生=1,100(900)円
小中生=600(400)円
*( )内は20人以上の団体料金
*京都市内の小中学生は土・日曜日、祝休日無料
*障がい者手帳をお持ちの方と、その方が観覧するにあたり介助が必要な場合は、介助者1名無料

開催期間・開場時間

2016年3月1日(火)~5月8日(日) 61日間
9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(注)3月18日(金)~20日(日)、5月3日(火・祝)~8日(日)は19:00まで開館。

休館日

毎週月曜休館 (ただし、3月21日は開館)

展覧会公式ホームページ

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで

 

 

関連記事

バイクと馬が融合!?3月26日から馬の博物館で『馬鑑 山口晃展』が開催!

『馬鑑 山口晃展』馬の博物館image via 公益財団法人馬事文化財団開催目前!山口晃『馬鑑(うまかがみ)』にフォーカス!山口晃先生の独特の世界観が見れる!イベント案内パンフレットimage via 公益財団法人馬事文化財団現在メディアな

島そのものがアート?今世界が注目する「直島」の魅力にせまる

世界が注目する直島ってどんなとこ? 皆さんは瀬戸内海に浮かぶ香川県の直島という島をご存じでしょうか。周囲約16km、人口3,300人ほどの小さな島であるにも関わらず、「現代アートの島」として現在、国内外からの注目を集めているのです。その直

この夏はアラーキーで決まり!天才・荒木経惟特集

この夏はアラーキーで決まり!天才荒木経惟特集天才、奇才と呼ばれる写真家・荒木経惟が77歳となる今年も15以上の個展を行っています。そして、この夏に東京各所で大規模な展示を展開しています。そんな、今もなお精力的な天才アラーキーを今回は取り上げ

入館料が日本一高い美術館?「大塚国際美術館」の魅力とは…

全ての美術品が複製?でもとても人気なんです 徳島県鳴門市の鳴門公園内にある美術館が今とても人気なんです。まずその大塚国際美術館の外観がこちらです。 Photo credit: gtknj via Visualhunt / CC BY

詩心は絵心に通ずる...?『国宝燕子花図屏風歌をまとう絵の系譜』が根津美術館で4月13日から開催!

詩心は絵心に通ずることを実感! 『国宝 燕子花図屏風 歌をまとう絵の系譜』 image via 根津美術館 江戸中期の尾形光琳は琳派の祖にして最大の画家です。室町時代から日本画壇をリードしてきた狩野派が優雅で繊細なやまと絵の伝統に