2016/03/17
展示会・展覧会レポート/Report

バイクと馬が融合!?3月26日から馬の博物館で『馬鑑 山口晃展』が開催!

『馬鑑 山口晃展』

馬の博物館


image via 公益財団法人馬事文化財団

開催目前!山口晃『馬鑑(うまかがみ)』にフォーカス!

山口晃先生の独特の世界観が見れる!

イベント案内パンフレット

image via 公益財団法人馬事文化財団

現在メディアなどでも取り上げられることの多い山口晃先生の展覧会「馬鑑 山口晃展」が2016年3月26日から神奈川県の馬の博物館で開催されます。山口先生といえば、伝統的な日本画の構図の中に現代のポップな要素を織り交ぜるユーモア溢れる作風で有名です。幅広い年代から支持されており、女優の杏さんも先生の大ファンだそうです。そんな山口先生と馬の博物館とのコラボレーション、ありそうでなかった組み合わせにファンの方は開催前から興奮気味ではないでしょうか。というのも、山口先生にとって馬は大得意のモチーフです。山口先生の馬は脚ではなく車輪とエンジンで走る、バイクと馬が融合したようなデザインで描かれます。山口先生の独特の世界観を語る上では外せない対象といえるでしょう。

今回の展覧会は馬の博物館主催ということで、山口先生の作品と馬の博物館の所蔵品がどのような形でコラボレーションし展示・構成されるのかも気になるところです。今回の『馬鑑』では人気の「厩圖(うまやず)」シリーズの待望の新作もお披露目予定、また会期中には山口先生のトークショーなども企画されています。馬の博物館を運営する馬事文化財団の創立40周年を迎える年にふさわしい展覧会になりそうです。ファンの方もそうでない方も、新春にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

展覧会情報

展示会名

馬鑑 山口晃展

入場料

大人=200(100)円
小中高生=30(15)円
*( )内は20人以上の団体料金
*毎週土曜日は小中高生無料
*障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料

開催期間・開場時間

平成28年3月26日(土)~5月29日(日)
10時~16時30分(入館は16時まで)

休館日

月曜日 (ただし、3月28日(月)、4月4日(月)、5月2日(月)は開館)

展覧会公式ホームページ

馬鑑 山口晃展

関連記事

北斎のDNAは継承されたのか!?『北斎館開館四十周年記念特別展北斎とその弟子たち』が北斎館にて6月28日まで開催!

北斎のDNAは継承されたのか!?『北斎館開館四十周年記念特別展北斎とその弟子たち』image via 北斎館富嶽三十六景などが有名な日本を代表する浮世絵師の一人である葛飾北斎、この北斎のためにその名も画狂人葛飾北斎の肉筆画美術館として「北斎

日本画の最高峰!狩野永徳の『大徳寺 聚光院』が大徳寺聚光院で1年間特別公開!

室町時代の巨匠狩野永徳の国宝障壁画修復後初公開!『大徳寺 聚光院』 京都春秋桃山時代を代表する日本画家狩野永徳による障壁画が一年間にわたり特別公開されます。こちらの作品は永徳の父・松栄の障壁画と共に京都国立博物館に寄託され、修復されていまし

名前をつけられない きらみさ個展 手仕事から作り出される愛らしく不気味な人形たち

不気味でありながら、どこか愛らしい。Photo via きらみさ彼女の名前はきらみさ、どこか私たちの何かを見透かされる様な瞳を持った女の子。彼女の手から作り出される作品たちは魂を持った人間のようで、でもそういう簡単な事ではないのです。一度見

水族館でのお花見!?春を楽しむインタラクティブアート 『桜といわし』が京都水族館で4月1日から開催!

春を楽しむインタラクティブアート 『桜といわし』京都水族館image via wikipedia海の底から見上げる桜 春を楽しむインタラクティブアート 『桜といわし』京都水族館にて4月1日から開催されます。いわしと桜のコラボレーション!『大

江戸時代にタイムスリップ!日本の文化を学べる博物館まとめ

江戸時代にタイムスリップ!日本の文化を学べる博物館まとめ2020年の東京オリンピック、その宣伝映像が昨年話題になりましたが、日本に訪れる外国人観光客も年々増加、国内外で再評価の熱が高まっています。日本の独自の文化は昔から世界的に評価されてお