2016/03/20
カルチャー/Culture

初台駅近くにて3/27まで開催!本好きによる、本好きのためのブックイベント『Book Lovers』にお邪魔しました

3/27まで開催中!本がテーマのイベント『Book Lovers』

東京都初台駅から徒歩十数分、住宅街の中に突然現れるブックカフェ・ブックアートギャラリーMOTOYAにて、3月27日まで本をテーマにしたイベント『Book Lovers』が開催中である。筆者自身はイベント告知のポストカードを見て興味を持ち、開催初日であったこともありお邪魔させていただいた。尚、記事中で使用する写真は筆者撮影によるものであるが、その腕前については目をつぶっていただきたい。

入場は無料であるが、カフェを兼ねたギャラリーが会場であるために1ドリンクが必要である。また、展示物がデリケートなものであるために、手に取る際に濡らすなど汚してしまうことにだけは特に注意が必要である。

また、店の外観については、一階展示スペースの「ネタバレ防止のために」として写真の使用はできないそうだ。幻想的とも言える店の外観を伝えられないのは残念だが、筆者が解くことのできなかったそのネタのついては、実際に足を運んで目にしてもらいたい。

『本』をテーマに制作された『本』たち

4003805120967

壁面展示されている数々の作品。40名以上の出展者による。

「本」ってなんだっけ?

出展者数が40名以上に及ぶため、作品数自体はもちろんのことその形態まで多種多様である。写真集や物語冊子、イラスト集やオブジェ等、様々なジャンルの製作者たちが各々の発想や挑戦をまとめた「本」が並んでいた。

しかし、このイベントはあくまでも“本をテーマにした本”が展示されているということを忘れてはいけない。展示されている作品が、必ずしも我々の(少なくとも筆者の)イメージする本であるとは限らなかったのである。

黒い紙に黒インクで印刷された本、蝶たちが捉えられた籠、めくるのではなく開いていく写真集、物語性のある文の一節が記されたカードたち…。本という先入観をことごとく覆される気持ちの良さを体感できた。

“本とは何か”を綴じた本たち

個人的な感想を言わせてもらえば、このイベントは「本」をテーマにして、且つその枠組みを大きく押し広げているように感じられた。前述したように製作者ごとの表現は幅広く、一般的な本として文章やピクチャを綴ったもののほか、本自体の役割や存在価値を何らかの形に表現しているように思われるものも数多く展示されていた。本としての在り方を、再び本として綴じている作品とでも言おうか。

本とはなんなのか?

この問いに対する答えは人それぞれであろうが、その答えを見つけられるイベントかもしれない。

イベント情報

会場

MOTOYA Book・Cafe・Gallery
東京都渋谷区初台2-24-7

会期

2016 / 3 / 9 wed. ~ 3 / 27 sun. 
13:00~20:00 最終日は17時まで  
3/12(土)13(日)は17時から 
※入場は閉館の30分前まで

休館日

月曜・火曜 

開催テーマ

本好きの人が、本好きの人のために作るブックイベント。
「本」をテーマに、さまざまなジャンルの人たちが、それぞれの表現で作った「本」たち。

出展者 

ホームページ

MOTOYA Book・Cafe・Gallery

関連記事

ついに復活!世界的カードゲーム『遊☆戯☆王』の最新映画

世界に普及するTCG『遊☆戯☆王』 150RT: 【特集】『#遊戯王』遊戯デッキの再現にはいくら必要なのか https://t.co/SzS0gyYuxv pic.twitter.com/fSD6ZCS6Ha — インサイド@ダクソ

ここまで来たら芸術シリーズ~トヨタ2000GT~

ここまで来たら芸術シリーズが今回扱うのは幻のスポーツカー『トヨタ2000GT』です。トヨタ2000GT(MF10型)image via wikipediaトヨタ2000GTとはいったいなに?『トヨタ2000GT』は、トヨタ自動車とヤマハ発動

“ちょうどいいアート”を紹介するギャラリー東京都目黒区「Picaresque(ピカレスク)」への訪問記

  アートギャラリー「Picaresque(ピカレスク)」   (著者撮影による、ギャラリー外観。ナイスな表情をしたオブジェたちがずらり)東京都目黒区にあるアートギャラリー「Picaresque(ピカレスク)」では、花瓶やポストカ

休日は親子で美術館へ!子ども向けアートワークショップまとめ

休日は親子で美術館へ!子ども向けアートワークショップまとめ 「うちの子も大きくなってきたし、そろそろ美術館でも静かにできるかな、、?」「一緒に美術館に行きたい」「子どもにアートを教えたい」でも正直、「どの美術館に行くのが正解?」「

[コラム]美大に行ってミュージシャン!?音楽と美術、その密接な関係

美大に行っていたミュージシャンはこんなにいる みなさん一度は聞いたことがあるはずでしょう、ザ・名曲の「ロビンソン」。ところでこの「ロビンソン」を歌う、スピッツの草野マサムネさんがどこの大学に通っていたかご存知ですか? じつは武蔵野美