2016/03/20
アートコラム/Column

ラクガキが狂気の沙汰!? 美大流息抜きのススメ

美大流!普通だけど普通じゃない、息抜きのススメ

パソコン作業、肉体労働、デッサン、ディスカッションなどなど、自由なイメージのある美大生だって、意外とたくさんストレスの溜まる作業をするもの。そんな中、あなたはどんな息抜きをしていますか?美大生である筆者のエピソードとともに息抜きのパターンをご紹介します。

駄菓子でも可!「甘いモノ」

Photo credit: Aktagawa via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND

美大じゃなくても定番ですね。気晴らしに散歩のつもりが購買に行くとついついチョコや菓子パンを買ってしまう。個人的なおもいでとしては、だんだん暑くなってきた6月ごろ、作業の休憩中、つなぎを着たまま食べたアイスは格別でしたね〜。 

服にマステにコピックに紙…?「お買い物」

Photo credit: S.H.CHOW via Visual Hunt / CC BY-NC-ND

服や雑貨など、お金を使って発散するのもこれまた定番。しかし美大生のちょっと違うところは、仕事道具である画材すらもご褒美になるところ。絵の具やちょっとイイ紙、布やビーズなんかも買ってしまったり。世界堂やユザワヤは宝の山!でもお金に余裕がないのも美大生。なかなか満足いく買い物はできません。あれもこれも欲しい!(使うかは別。)

やっぱりこれにつき…る……グゥ。「睡眠」

これこそ一番の休息。寝ないことには何も回復しませんもの。課題に追われて睡眠不足なら電車だろうが彫塑の騒音の中だろうがどこでも寝れます。(居眠りも……ほ、ほら、夢で見た光景がアイデアにつながることもありますし、許してほしいです。ダメ?)

課題で絵を描くのとは訳が違う!「ラクガキ」

Photo credit: KE-TA via VisualHunt / CC BY-NC-ND

美大でパソコン作業が多くなってきたとはいえ、クロッキー帳と鉛筆は美大生必須。でもクロッキー帳をよく見てみるとそこには、前の席の子の後姿や、今はまっているキャラクターがうようよ…。気づくと1ページ全てラクガキで埋まってることもあります。課題でも絵を描き、息抜きでも絵を描く。美大生ってそういう生き物なんです。でもラクガキとスケッチってすごい違うと思うんだけどなあ。

あなた流、普通の中の特別な息抜きエピソード

どうでしょうか、自分にも当てはまるものはありましたでしょうか?あたりまえの息抜きも美大だとちょっと光景が変わってくるところがあります。でも、あなたがなんてことない息抜きと思っている中にも、意外とあなただけのエピソードが詰まっているかもしれません。息抜きも楽しみつつ、課題や仕事を頑張っていきましょう!

関連記事

日本のセンスはやっぱりダサい?日本版洋画ポスターとオリジナルの違いとは

感じたことない?フライヤーから滲み出るセンスPhoto credit: Froschmann : かえるおとこ via Visualhunt / CC BY-NC-NDサークルの新歓シーズンがはじまりましたね。新入生の皆さんも、どんなサーク

[コラム]アートに向き合うこと、アートを買うということ

『art』の捉え方 Photo credit: zbigphotography (1M+ views) via Visualhunt.com / CC BY-SA 皆さんにとって、artとはどういう存在ですか。格式ばって、敷居の高いもの?

ロシアが誇るエルミタージュ美術館が六本木にやってきた!

ロシアのエルミタージュ美術館はご存知ですか?知らない方が多いかと思います。しかし、ロシアを代表する美術館といっても過言ではありません。 このエルミタージュ美術館のコレクションが今、六本木森アーツギャラリーセンターに来ています。&n

インテリアにアートを取り入れたい!絶対失敗したくない人のためのアートの選び方

 自分の部屋をおしゃれにしたい!でもどうやったらおしゃれな雰囲気にできるのかわからない…. せっかく絵を買ったのに、いまいちおしゃれに飾れない! そもそもどんな絵がいいのかよく分からない!  

この夏、ついにバンクシー日本上陸!!グラフィティアートの先駆者 バンクシーをおさらいしよう

  今月の美術手帖のテーマにもなっているグラフィティ 1960年代末のニューヨークで生まれ、世界に広がったグラフィティ文化を代表するひとり、バンクシーがこの夏日本に上陸します 世界中に注目されるバンクシーを見る前に彼につ