2016/03/19
アート/Art

破天荒なイタリアの天才画家『カラヴァッジョ』。その作品が国立西洋美術館にて展示中!

イタリアが誇る大画家、カラヴァッジョ展開催中!

4391

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは1,600年頃に活躍したイタリアの画家コントラストの強い明暗法が特徴的でスポットライトを浴びたように劇的に表現される人物像はバロックと呼ばれる新しい美術の幕開けと言えますまたカラヴァッジョの生涯はあまりにもショッキングで暴力や殺人などの犯罪歴もあったことについてはご存知でない方も多いことでしょう

本展ではそのようなカラヴァッジョの事件を記録した資料や彼の作品に影響を受けた画家たちの作品を共に展示しています最も注目したいのは2014年に発見された『法悦のマグダラのマリア』ですこちらは長年行方不明になっていた作品で科学調査を経てカラヴァッジョの作品であると認定されました本展覧会で世界で初めて公開されますのでこちらは必ず見ておきたい作品の一つといえますね

展覧会情報

展覧会名

日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展

会場

国立西洋美術館

入場料

*当日
一般1,600円/大学生1,200円/高校生800円 
*前売団体
一般1,400円/大学生1,000円/高校生600円

開催期間開場時間

2016年3月1日)~2016年6月12日
午前9時30分午後5時30分 
毎週金曜日のみ午前9時30分午後8時 
入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日
※3月21日3月28日5月2日は開館

展覧会公式ホームページ

日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展

関連記事

中学生がつくるカオス?長野発アート・プロジェクト「とがび」がすごい

大人も顔負け、中学生のアートプロジェクト中学生主体で開催、長野のアートプロジェクト先日3月19日、アサヒ・アートスクエアにて『AAF Café vol.15「中平さんが問いかけ続けてきたこと、そして未来へ!」』が開催されました。 長野県の公

天才?サイコパス? デヴィッド・ボウイも影響を受けたエゴン・シーレとは?!

 今年の1月の映画で知った人も多いと思いますが、第一次世界大戦前にクリムトと並んで活躍した、象徴派や表現主義を代表する画家・エゴン・シーレまだタブー化されていたヌードを大胆な構図で描き、常にスキャンダラスが絶えなかったシーレは、幼児性愛者で

はらぺこあおむしと絵本の魔術師エリックカール

はらぺこあおむしという絵本をご存知ですか?   原題は『The Very Hungry Caterpillar』で、アメリカの絵本作家エリックカールが1969年に出版した絵本です。 あらすじ 日曜日の朝、卵からかえった

アートホテル『bna koenji』を東京高円寺に!このクラウドファンディング、絶対成功してほしい。

サブカルの街、高円寺 Photo credit: Graffiti Land via VisualHunt.com / CC BY-NC 『高円寺』と聞くと、ちょっと個性的なサブカル好きの方が闊歩する......そんなイメージを持つ方も

意外!あの人も!?武蔵野美術大学出身 有名人・アーティストまとめ

 実はあの人もムサビ卒!?芸能人や有名アーティストの中には意外と美術大学出身の人がいます。今回は武蔵野美術大学に絞って、有名人・アーティストをまとめてみました。意外と芸能人や知っている作家も多いかと思います。ムサビを受験しようかなーと考えて