2016/03/19
デザイン/Design

東大は建築家で楽しむ!キャンパスで有名建築家ツアー【第3回】

東大といえば…

東大といえば、皆さんはどんな建物を思い浮かべますか?赤門?安田講堂?古い建築がたくさんあるんだよね?そんな風に思っていませんか?

実は東大には、今、世界で活躍する有名建築家が設計した建築がたくさんあるんです!一緒にその見どころをめぐってみましょう。第3回で案内するのは、前回に引き続き2000年代に建てられた建物です。

本郷キャンパスの木々の間から現れた、おしゃれな木漏れ日空間の正体は…?

隈研吾『ダイワユビキタス学術研究館』(2014年)

S__25575437
(
筆者による撮影)

『ダイワユビキタス学術研究館』、通称“ユビキタス研究棟”は、2014年に竣工した、本郷キャンパスの中で一番新しい建物です。総合監修として、TRON(The Realtime Operating system Nucleus)プロジェクトのリーダーであり、ユビキタスコンピューティングの提唱者である情報学環の坂村健教授が中心となって、前回紹介した『福武ホール』と同じく、情報学環に所属する建物としてつくられました。設計は、東大建築学専攻の教授でもある隈研吾氏が手がけています。最近では新国立競技場のデザインでも大きく注目されましたね。

『ダイワユビキタス学術研究館』では、不燃処理を施した杉板がウロコ状に張り巡らされたファサードが周囲の環境に溶け込む効果を発揮しています。また、隣接する懐徳館庭園側の外壁には、左官職人・挟土秀平氏による土壁を配し、日本庭園と建築との融合を図る工夫が施されています。ちなみに2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』の題字も挟土秀平氏が手がけているんですよ。

グルメスポットも注目!「廚 菓子くろぎ」

S__25575436
(
筆者による撮影)

『ダイワユビキタス学術研究館』を訪れる理由は、建築を見ること以外にもう一つあります。それは、本郷キャンパス屈指のグルメスポットであるという点です。研究棟の1階には、和菓子屋「廚 菓子くろぎ」が店を構えています。これは湯島にある高級割烹「くろぎ」の姉妹店で、キャンパスにいながら季節に合わせたこだわりの和菓子をいただくことができます。

そして飲み物は恵比寿に本店を構える猿田彦珈琲のバリスタが入れる一杯を。とっても豪華なコラボレーションですね!和菓子とコーヒー、意外と合うんです。
休日にはお客さんでいっぱいになってしまう本郷地区の隠れたホットスポット!そのくつろぎ空間と絶品スイーツを求めて、ぜひ訪れてみてくださいね。

関連記事

世界的デザイナー、MIYAKE ISSEY氏の往年の作品が新国立美術館にて展示中!

世界的デザイナー「MIYAKE ISSEY」の諸作品Photo via MIYAKE ISSEY展新国立美術館で現在開催中のMIYAKE ISSEY展。三宅一生は、言わずと知れた、日本を代表する世界的なデザイナーですが、今回の展示では、三宅

映画『天空の城ラピュタ』をマインクラフトで再現した動画がすごすぎる

  「バルス」でも最近は有名な名作映画『天空の城ラピュタ』 『天空の城ラピュタ』、もう何回も観ている人も多いのでは......? Photo credit: Jen Son via Visualhunt / CC BY-NC

【第1回】東大は建築家で楽しむ!キャンパスで有名建築家ツアー

東大といえば… このに月には国立二次試験が行われ、合格発表も間近!そんな受験生たちが目指す大学の一つに東京大学がありますが、東大といえば、皆さんはどんな建物を思い浮かべますか?赤門?安田講堂?古い建築がたくさんあるんだよね?そんな風に思っ

美術館×新幹線!?現美新幹線まもなくデビュー!

超高速の芸術鑑賞 【ベール脱いだ“走る美術館"の「現美新幹線」】 座席もキッズスペースもすべてがアート : https://t.co/TXV7tUP4zs #東洋経済オンライン pic.twitter.com/Feo6kPC9sd

怒涛の540秒。日本の成り立ちから現代までを一気に振り返る歴史アニメーションが速すぎる。

540秒で日本の歴史を振り返る!圧倒的なスピード感が心地よい   みなさん「日本史」の授業はお好きでしたか? Photo credit: kengo via Visualhunt / CC BY-NC-ND 縄文土器、室町