2016/03/20
展示会・展覧会レポート/Report

17年ぶりの日本での個展!『ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏』が4月10日まで開催!

キリコと並びそしてキリコを駆け抜けたイタリア画家ジョルジョ・モランディ

『静物』1948年 モランディ美術館


image via TOKYO STATION GALLERY

ジョルジュ・デ・キリコの影響を受け、「形而上絵画」とともにキリコを通りすぎていった画家ジョルジョ・モランディの個展が開催されています。ジョルジョ・モランディは、20世紀に最も活動した画家の一人といっても過言ではないイタリアの画家です。キリコに出会い同じ形而上絵画の一任者となるも、そこから絵画の方向を覆し独特の感性から静止画のタッチや印象的な絵を描きはじめました。

しかし彼の意思とは裏腹に彼の絵画の持つ存在感や雰囲気はキリコの、それと全く異なるようで似ている作品となっています。彼の絵画は陶器や瓶等の素朴な色合いや質感を彼自身の新しい表現の仕方で見る人に安心と不思議な感じを抱かせます。動きの全くないはずの彼の作品は何故か不思議と陶器の持つ温かみや瓶の冷たさが伝わってくるので自然と静かな動きを感じるのではないでしょうか……一見全て同じような色合いと構図なのですが、よく見るとそれそれが同じ物であったり違っていたりと見つける楽しさもあります。

日本での個展は17年ぶりとあってかなりの期待を胸にしているファンも多くこの機会を是非逃したくないものです。

展覧会情報

展示会名

ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏

入場料

一般=1,100円
高校・大学生=900円
*20名以上の団体は300円引き
*中学生以下無料
*障がい者手帳等持参の方は100円引き、その介添者1名は無料

開催期間・開場時間

2016(平成28)年2月20日(土)―4月10日(日)
10:00 - 18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日、3月22日(火) (ただし、3月21日は開館)

展覧会公式ホームページ

ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏

関連記事

魔女の秘密が今明かされる!?福岡市博物館にて『魔女の秘密展 "魔女"とは誰だったのか?』が4月8日から開催!

魔女の秘密が今明かされる?福岡市博物館にて近日開催!『魔女の秘密展 "魔女"とは誰だったのか?』『魔女の秘密展 "魔女"とは誰だったのか?』image via 福岡市美術館福岡市博物館の特別展は、いつも新しいコンセプトで、私たちの知的好奇心

誰もが大好きなのでは?世界中で長年愛される『クマのプーさん展』が水野美術館で4月23日から開催!

世界中で愛されるクマといえばやはり...?『クマのプーさん展』image via クマのプーさん展今や世界一有名なクマのキャラクターといっても過言ではないでしょう「クマのプーさん展」が長野市水野美術館の企画展として開催されます。大人から子供

光と影の芸術家!『藤城清治 光のメルヘン展』が古都奈良の奈良県立美術館で4月2日から開催!

光と影の芸術家の『藤城清治 光のメルヘン展』が古都奈良で4月から開幕!『藤城清治 光のメルヘン展』image via まいぷれ光と影の芸術である影絵作家である藤城清治氏の作り出す作品は、光と闇のコントラスがなんとも幻想的なイメージの豊かさと

ボストン美術館の歌川国芳・国貞の浮世絵作品が6/5まで無休で公開中!その名も「俺たちの国芳 わたしの国貞」

歌川国芳・国貞の浮世絵作品Image via bunkamura.co.jpボストン美術館所蔵の歌川国芳・国貞の浮世絵作品が、Bunkamuraザ・ミュージアムで公開されています。近年までほとんど一般公開されることのなかったために、大変よい

武器の範疇をはるかに超えた、世界に誇る芸術品・日本刀を鑑賞しよう!『ザ★刀剣 ─ 千年の匠の技と美』が7月3日まで東京富士美術館で開催!

武器の範疇をはるかに超えた、世界に誇る芸術品・日本刀を鑑賞しよう!『ザ★刀剣 ─ 千年の匠の技と美』image via 東京富士美術館西洋はもとより中国などアジア諸国の刀剣とも大きく異なる造形の日本刀。緩やかな反りと細身の日本刀が完成したの