2016/03/29
展示会・展覧会レポート/Report

タイトルがまず不思議。『オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代』展が青森県立美術館で4月16日より開催!

郷土作家だからこそ実現できる大規模展示!『オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代』展が開催!

チラシ

チラシ
image via 青森県立美術館

青森県立美術館開館10周年の記念すべき展覧会として満を持して登場するのは、世界の版画家『棟方志功』です。青森市出身の棟方氏の作家人生を7つの時期に分け、テーマごとに展示をします。

作品の幅がおよそ13mにも及ぶ、最大にして超大作の板画『大世界の柵』をはじめとする棟方作品を約100点、また棟方氏が大賞を受賞した1956年のヴェネツィアビエンナーレを再現した空間も展示されます。そのほか、棟方氏が影響を受けたピカソの作品や、谷崎潤一郎氏との書簡等、初公開される資料もあり非常に貴重で濃厚な展示となるでしょう。

多くの棟方作品を所蔵している郷土の美術館だからこそ実現できる展覧会、青森の風土に大きな影響を受けて制作された棟方氏の作品の数々はどれも魅力的なものばかり。青森のやわらかな春の匂いを感じながら、作品を味わってみてはいかがでしょうか。

展覧会情報

展示会名

青森県立美術館開館10周年記念『オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代』展

開催場所

青森県立美術館

入場料

一般=1,300(1,100)円
高大生=800(600)円
*( )内は前売り/団体料金
*団体は20名以上
*小中学生以下無料
*心身に障がいのある方と付添者1名は無料

開催期間・開場時間

2016年4月16日(土)〜6月5日(日)
5月31日まで/9:30-17:00(入館は16:30まで)
6月1日以降/9:00-18:00(入館は17:30まで)

休館日

4月25日(月)、5月9日(月)、5月23日(月)

展覧会公式ホームページ

青森県立美術館開館10周年記念『オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代』展

関連記事

4/16より。「戦争×ポップアート」がテーマのグラフィックデザイナー横尾忠則の展覧会で、あなたは何を感じ取りますか?

グラフィックデザイナー『横尾忠則』の表現Image via 『横尾忠則展 わたしのポップと戦争』 数々の作品を生み出してきた美術家であり、グラフィックデザイナーである横尾忠則。過去の作品を再びよみがえらす手法や、死の世界を深く追及した彼の表

会期はわずか六日間。写真家山岸俊之氏の個展「四十九日の空」は3/28より!

写真家「山岸俊之」のたった六日間の個展Photo via なびす画廊写真家で造形作家でもある山岸俊之氏の個展が開催されます。銀座の『なびす画廊』にて20年に渡り、年1回のサイクルで作品を発表してきた山岸氏ですが、同ギャラリーでは最後となる展

印象派の巨匠!『ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影』が名古屋ボストン美術館で8月21日まで開催!

印象派の巨匠!『ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影』が名古屋ボストン美術館で開催!『ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影』image via 名古屋ボストン美術館19世紀近代ヨーロッパ、印象派絵画が生み出された時期と重なって、ルノ

アート初心者にもわかりやすい!「モネ展」紹介

印象派の始祖「モネ」 美術展…数多くありますがやはり 今 一番 熱い美術展は 「モネ展」ではないかな、と思われます! モネ といえば印象派を確立し近代美術の先駆けとなった画家。 有名な作品は「睡蓮」と「印象・日の出」なのですが、この二つを

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】2017年4月18日(火)から東京都美術館で開催されているボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 あなたはもう行きましたか? 今回「バベルの塔」が来日するのは