2016/03/29
展示会・展覧会レポート/Report

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家ガレ。『ガレの庭』が東京都庭園美術館にて4月10日まで開催!

アール・ヌーヴォーを代表するガレの『ガレの庭』が東京都庭園美術館にて開催中!

『ガレの庭』

160116_photo01
image via 東京都庭園美術館

19世紀末のヨーロッパから生まれた煌びやかな芸術である「アール・ヌーヴォー」において代表すべき芸術家ともいえるエミール・ガレ。ガレは、1900年に開催されたパリ万国博覧会でグランプリを受賞したほどの素晴らしい芸術家です。

ガレの作品の大きな魅力は美しく繊細な表現を施した花や昆虫といった自然をモチーフとした作品が有名です。作品は陶芸、ガラス、木工家具の三つのジャンルを展開しており、その美しさと精巧さは見た人を魅了し続ける素晴らしい作品ばかり。

この「ガレの庭」展の魅力として、邸宅美術館の空間に展示されているガレが強く思い入れていた「ラ・ガレンヌの自邸と庭」に似せた展示を楽しむことが出来るのです。多種多様な植物による彩り豊かなガレの庭を、ガレになった気分で楽しめる展示会にぜひ足を運んでみてください。

展覧会情報

展示会名

ガレの庭

入場料

一般=1,100(880)円
大学生(専修・各種専門学校含む)=880(700)円
中・高校生・65歳以上=550(440)円
*( )内は前売り/団体料金
*団体は20名以上
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。 
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
*教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
*第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。 

開催期間・開場時間

2016年1月16日(土)~4月10日(日)
10:00–18:00
ただし、3月25日(金)、26日(土) 、4月1日(金)、2日(土)、8日(金)、4月9日(土)は夜間開館のため20:00まで
(いずれも入館は閉館の30分前まで。)

休館日

第2・第4水曜日

展覧会公式ホームページ

ガレの庭

関連記事

歴史画の第一人者!『安田靫彦展』東京国立近代美術館で5月15日まで開催!

教科書で見たことある人もいるのでは?歴史画の第一人者『安田靫彦展』、ついに開催!『黄瀬川陣(きせがわのじん)』image via 安田靫彦展歴史の教科書や古典の教科書で一度は見かけたことのある古典画。これらの古典画を世に送り出したのが『安田

映画監督『園子温』初の美術館個展!『園子温 展 ひそひそ星』がワタリウム美術館にて4月3日から開催!

映画監督『園子温』の初の美術館個展『園子温 展 ひそひそ星』がワタリウム美術館にて開催!『園子温 展 ひそひそ星』image via ワタリウム美術館園子温って?日本のインディペンデント映画の監督としてデビューし、近年は「愛のむきだし」(0

水族館でのお花見!?春を楽しむインタラクティブアート 『桜といわし』が京都水族館で4月1日から開催!

春を楽しむインタラクティブアート 『桜といわし』京都水族館image via wikipedia海の底から見上げる桜 春を楽しむインタラクティブアート 『桜といわし』京都水族館にて4月1日から開催されます。いわしと桜のコラボレーション!『大

アート初心者にもわかりやすい!「モネ展」紹介

印象派の始祖「モネ」 美術展…数多くありますがやはり 今 一番 熱い美術展は 「モネ展」ではないかな、と思われます! モネ といえば印象派を確立し近代美術の先駆けとなった画家。 有名な作品は「睡蓮」と「印象・日の出」なのですが、この二つを

日本初公開!『ピーターラビットのおはなし』(私家版)全原画がBunkamuraザ・ミュージアムで8月9日から一挙大公開!

日本初公開!『ピーターラビットのおはなし』(私家版)全原画一挙大公開‼︎『ピーターラビット』image via ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展2016年8月、原作者のビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念して原画