2016/04/05
展示会・展覧会レポート/Report

日本絵画史に燦然と輝く圧巻の作品群。『開館50周年記念美の祝典Ⅰ―やまと絵の四季』が4/9より1ヶ月の開催!

日本絵画史に燦然と輝く圧巻の作品群!

『開館50周年記念美の祝典Ⅰ―やまと絵の四季』

index_ph005
image via 出光美術館

四季の移り変わりに対する日本人の感度の高さは世界でも稀有のものですよね。それとともに花鳥風月を楽しみ、特に「もののあはれ」の言葉に象徴されるように身の回りの小さきものを愛でる風流も日本独自のものです。そんな日本人の感性を端的に表しているやまと絵の美術展が出光美術館で開催されます。展覧会の構成は「日本絵画の四季」、「浄土の祈り」、そして特別展示の「伴大納言絵巻」となっています。柔らかな筆使いと鮮やかな色彩で、四季のなかで移ろう風景や草花を描く典雅なやまと絵は日本の美意識を象徴するものです。

平安時代の「真言八祖行状図」、室町時代の「四季花木図屏風」などの貴重なコレクションが展示されます。極楽浄土を願う浄土信仰は絵画にも大きな影響を与えます。奈良時代の「絵因果経」、「十王地獄図」などでその荘厳さを感じ取れます。国宝の「伴大納言絵巻」は「源氏物語絵巻」、「信貴山縁起絵巻」、「鳥獣戯画」と並ぶ「日本四大絵巻」、10年ぶりの公開です。

展覧会情報

展示会名

『開館50周年記念美の祝典Ⅰ―やまと絵の四季』

開催場所

出光美術館

入場料

一般=1,000(800)円
高・大生=700(500)円
小中生=600(400)円
*( )内は前売り/団体料金
*団体は20名以上
*中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要)
*障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です

開催期間・開場時間

2016年4月9日(土)~5月8日(日)
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

休館日

毎週月曜日(ただし月曜日が祝日および振替休日の場合は開館)

展覧会公式ホームページ

開館50周年記念美の祝典Ⅰ―やまと絵の四季

関連記事

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】2017年4月18日(火)から東京都美術館で開催されているボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 あなたはもう行きましたか? 今回「バベルの塔」が来日するのは

女性の美しさを表現した画家ルノワール。『光紡ぐ肌のルノワール展』が京都市美術館で6月15日まで開催!

女性の美しさを表現した画家ルノワール『光紡ぐ肌のルノワール展』『光紡ぐ肌のルノワール展』image via MBS女性の美しさを表現した画家ルノワール 『光紡ぐ肌のルノワール展』 女性の美しさを、柔らかく明るいタッチで描きだしているルノワー

バイクと馬が融合!?3月26日から馬の博物館で『馬鑑 山口晃展』が開催!

『馬鑑 山口晃展』馬の博物館image via 公益財団法人馬事文化財団開催目前!山口晃『馬鑑(うまかがみ)』にフォーカス!山口晃先生の独特の世界観が見れる!イベント案内パンフレットimage via 公益財団法人馬事文化財団現在メディアな

日本初公開!『ピーターラビットのおはなし』(私家版)全原画がBunkamuraザ・ミュージアムで8月9日から一挙大公開!

日本初公開!『ピーターラビットのおはなし』(私家版)全原画一挙大公開‼︎『ピーターラビット』image via ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展2016年8月、原作者のビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念して原画

『ファイナルファンタジー』『ガッチャマン』で有名な天野喜孝展、見に行かないとぜっっったいに損です

圧巻!『ファイナルファンタジー』『ガッチャマン』の天野喜孝氏の作品展が有楽町で開催中ファイナルファンタジーシリーズやタイムボカンシリーズのキャラクターデザインで知られ、最近では24時間テレビのTシャツデザインも手がけた天野喜孝氏。多方面で活