2016/04/06
文芸/Book

星新一の描く『ボッコちゃん』 〜独創的なアイデアとユーモアが詰まった短編小説の宝石箱〜

星新一ワールドのはじまりはじまり

71NqAckGO9L
Photo via Amazon

 一見すると完璧なヴィジュアルを持つ美女だが、実は人型のアンドロイドであるボッコちゃんを主人公にした表題作の「ボッコちゃん」はじめ、「おーい でてこーい」・「殺し屋ですのよ」など星新一の代表作を集めた短編集です。

 星新一の作品の魅力は、何と言っても独創的なアイデアと起承転結がハッキリした読みやすいストーリー展開にあります。特に、タイトルになっている「ボッコちゃん」や「おーい でてこーい」はなんかは娯楽作品に見えて実は社会に対する風刺小説としても一級品で、読み終わると考えさられる要素もあって、優れたエンタメは同時に優れた社会性も持つということを実感させられるのもこの作品集の素晴らしさです。

手軽にふらっと、星新一

また、基本的にすぐに読める短編がメインなので電車の中や仕事の昼休みのような短い時間で読めて、カバンの中に持ち歩いて手軽に読書を楽しめるのも星新一の作品の良さだと言えます。広い世代に愛される星新一ワールドに、今一度飛び込んではみませんか?

内容紹介

スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編。

                   -Amazon作品ページより引用

書籍情報

ジャンル: SF

著者: 星新一

発行日:  1971/5/25

発行元: 新潮社

 

関連記事

ホーンテッド・キャンパス(櫛木理宇)〜日常ホラーと青春ラブの融合〜

大人気青春ホラー、実写映画化も決定! Image via Amazon2016年、 中山優馬さん主演で映画化も決定しているこの本の見所はなんといっても、ラスト。ただ怖いだけではなくて最後には必ず救いがあります。恐怖にみまわれるタイプのホラー

【書評】楽園のカンヴァス(原田マハ著)~画家の情熱が引き金となった絵画ミステリー~

原田マホ氏の代表作『楽園のカンヴァス』Photo via Amazon原田マハさんの代表傑作とも呼べるこちらの作品は、アンリ・ルソーと呼ばれる奇才の画家の作品「夢をみた」の鑑定を巡ってニューヨーク近代美術館のキュレーターであるティム・ブラウ

ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作として有名。『床下の小人たち (メアリー・ノートン )』

ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作 Image via Amazon ジブリの映画の「借りぐらしのアリエッティ」原作とし有名な、イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家を描いた小説のシリーズ一作目にあたります。ユニークなの

青春はジェットコースターのごとし!森見富美彦の描く「夜は短し歩けよ乙女」

疾走感に満ち溢れた京都青春小説 Image via Amazon疾走感と小気味の良さに溢れた森見富美彦氏の作品である。歴史と文化の街京都が舞台。主人公で大学生男子の「私」と、彼が恋焦がれる可憐なヒロイン「彼女」の二人を軸に物語は進んでくのだ

砂の女〜ノーベル文学賞に最も近かった安部公房の作品〜

"奇才"安倍公房の描く『砂の女』ノーベル文学賞に最も近かった男Image via Amazon急死しなければ、ノーベル文学賞を受賞していただろうとされる安部公房の名作「砂の女」。1962年に発売された、半世紀以上前の作品ですが、世界30カ国