2016/04/14
文芸/Book

子どもに語る グリムの昔話(佐々木梨代子・野村ひろし訳)~人間関係に行き詰まったら読みたい一冊~

「グリム童話」に皆さんはどんなイメージを持っていますか?

61d7-g5VKKL
Image via Amazon

グリム童話。子どものころに読んだでしょうか、白雪姫やカエルの王様、シンデレラ、ブレーメンの音楽隊もグリム童話です。皆さんはグリム童話にどんなイメージをお持ちでしょうか?子どもが楽しむ昔話?今更そんなもの読んでどうなるの、とお思いでしょうか?それとも本当は怖いグリム童話、大人にも読み応えのある話なのかしら?そんなコワイ話、どろどろしたものはちょっと・・・、と考える人も多いハズ。

子どものころから一度は聞いたことがあるでしょうから、それぞれいろいろなイメージをお持ちでしょう。けれどもじっくりグリム童話をお読みになったことがあるでしょうか?皆さんには、そんな先入観を一切振り払って、この本を手に取って読ん出頂きたいと思います。そこには想像もしていなかった、たくさんのキャラクターが生き生きと暮らしています。
どんなに過酷な運命に会おうとも、またどんなに追い込まれても希望を捨てず、生きることを選択し、生き抜いていこうとする彼らに、きっと励まされることでしょう。

現代社会に通ずる考え

Photo credit: Alpha 2008 via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

沢山の情報にあふれている現代社会。昔話の時代とは異なって、ゆったり過ごす時間も持てない毎日ですね。あふれている情報に振り回され、なおかつ日常生活でも仕事上でも対人関係には気を遣いまくって疲弊している毎日。グリム童話の世界に浸って、人間の感情もじつはとてもシンプルで、今も昔も変わらないことに気づかされることでしょう。なんとなく行き詰っている人たちにも、トラブルを真正面からとらえるのではなく、とんちをきかせて、さらっと生き抜いていける知恵をどうかこの本から受け取ってもらいたいと思います。

書籍情報

子どもに語る グリムの昔話

ジャンル: 童話

著者: ヤーコプ グリム (著), ヴィルヘルム グリム (著), 佐々 梨代子 (翻訳), 野村 ヒロシ (翻訳)

発行日: 1990/11

発行元: こぐま社

関連記事

ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作として有名。『床下の小人たち (メアリー・ノートン )』

ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作 Image via Amazon ジブリの映画の「借りぐらしのアリエッティ」原作とし有名な、イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家を描いた小説のシリーズ一作目にあたります。ユニークなの

砂の女〜ノーベル文学賞に最も近かった安部公房の作品〜

"奇才"安倍公房の描く『砂の女』ノーベル文学賞に最も近かった男Image via Amazon急死しなければ、ノーベル文学賞を受賞していただろうとされる安部公房の名作「砂の女」。1962年に発売された、半世紀以上前の作品ですが、世界30カ国

名前は知ってる、でも読んだことはない...そんな方も多いのでは?「銀河鉄道の夜(宮沢賢治著)」

教科書でもよく登場しますよね、『銀河鉄道の夜』 Image via Amazon この本は宮沢賢治の本の中で一番名前が知られているものの一つだと思います。宮沢賢治の小説は作者の特徴と言えるかもしれませんが、意味がわかりづらかったり

GOTH(乙一)〜殺人に魅せられた少年と少女の暗い世界〜

乙一氏の描く、仄暗きミステリーの傑作Image via Amazon暗黒系というジャンルに位置し、その魅力的な陰惨で暗くどこか懐かしさの覚える世界観と、だがシンプルで無駄が無い文章構成、そして徹底的なまでの描写。それらがまるで蜘蛛の糸のよう

青春はジェットコースターのごとし!森見富美彦の描く「夜は短し歩けよ乙女」

疾走感に満ち溢れた京都青春小説 Image via Amazon疾走感と小気味の良さに溢れた森見富美彦氏の作品である。歴史と文化の街京都が舞台。主人公で大学生男子の「私」と、彼が恋焦がれる可憐なヒロイン「彼女」の二人を軸に物語は進んでくのだ