2016/04/16
デザイン/Design

世界的デザイナー、MIYAKE ISSEY氏の往年の作品が新国立美術館にて展示中!

世界的デザイナー「MIYAKE ISSEY」の諸作品

section_a
Photo via MIYAKE ISSEY展

新国立美術館で現在開催中のMIYAKE ISSEY展。三宅一生は、言わずと知れた、日本を代表する世界的なデザイナーですが、今回の展示では、三宅氏のデビュー当時から最近までの作品達を一堂に展示しています。常に時代を先取りし、新しさを模索してきた三宅氏の生きざま、作品を一気に見ることができます。

また、刺青、タトゥなど一見、タブーとされがちな作品もデザインとして展示しており、三宅氏の作品としての、デザインとしての懐の深さを感じます。三宅氏の作品お特徴とも言える、プリーツプリーズなども多く展示されており、往年のファンにも見逃せ無い内容となっています。人間の体や動きに注目した作品などもまた彼の特徴、どの作品も見所たっぷりで彼のファンならずとも楽しめるのではないでしょうか?

「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」予告映像

展覧会情報

展覧会名

Miyake Issey展 三宅一生の仕事

開催場所

新国立美術館

入場料

一般 1300円、大学生 800円、高校生以下 無料

開催期間・開場時間

2016年03月16日 ~ 2016年06月13日金曜日は20:00まで開館

休館日

火曜日

参加アーティスト

三宅一生

展覧会公式ホームページ

 

関連記事

オリンピックロゴに採用された、『市松模様』の古今東西

オリンピックのロゴが市松模様に決定長らくかかりましたが、東京五輪のエンブレムがついに決定【画像】東京オリンピック新エンブレム、 #A案 「組市松紋」に決まる https://t.co/sgxxW8NZBw pic.twitter.com/S

鉄工所がオープンアクセス型のアートファクトリーに 目標金額突破済みのクラウドファンディングプロジェクト『BUCKLE KOBO』

2016年4月現在、コレクター募集中 国内向けクラウドファンディングサービス「Motion Gallery」にて、既に58人のコレクターによって目標金額200万円を突破したプロジェクトがある。『BUCKLE KOBO』と名付けられたそのプ

怒涛の540秒。日本の成り立ちから現代までを一気に振り返る歴史アニメーションが速すぎる。

540秒で日本の歴史を振り返る!圧倒的なスピード感が心地よい   みなさん「日本史」の授業はお好きでしたか? Photo credit: kengo via Visualhunt / CC BY-NC-ND 縄文土器、室町

本のように開くLEDランプ『ORILAMP』が話題!

Origami LampことORILAMPカナダ生まれのオシャレアイテムORILAMP(オリランプ)自分の部屋の模様替え、もう半年していない......でも実際めんどくさい。そんな方にオススメのアイテムが今登場しているということをご存知だろ

東大は建築家で楽しむ!キャンパスで有名建築家ツアー【第3回】

東大といえば…東大といえば、皆さんはどんな建物を思い浮かべますか?赤門?安田講堂?古い建築がたくさんあるんだよね?そんな風に思っていませんか?実は東大には、今、世界で活躍する有名建築家が設計した建築がたくさんあるんです!一緒にその見どころを