2016/05/14
アートコラム/Column

日本のセンスはやっぱりダサい?日本版洋画ポスターとオリジナルの違いとは

感じたことない?フライヤーから滲み出るセンス

Photo credit: Froschmann : かえるおとこ via Visualhunt / CC BY-NC-ND

サークルの新歓シーズンがはじまりましたね。新入生の皆さんも、どんなサークルに入ろうか悩んでいるはず。その選ぶ判断材料としてまず最初のきっかけになるのはビラやポスターのはずです。でも、そのビラやポスターも、広告代理店に作らせたのではないかと思うようなものから、Wordアートを多用した正直ダサい…と思ってしまうものまでピンキリです。

そんな中、「日本が作るポスターはもはや全体的にダサい」と話題になっているのをご存知ですか?

 

何かが違う、日本版洋画ポスター

ツイッターでの皆さんの反応はこちら。

 


 

確かに、日本と海外版でどちらがお洒落かと言われたら海外版の方がスッキリしてお洒落な気がするような。でも、その違いの原因はなんでしょうか?

とりあえず出演者は必須

日本のポスターで誰が主役か分からないものは実際少ないですね。でも、キャスティングで映画の印象は大きく変わるっちゃ変わります。そこは日本とアメリカの映画製作に対する考え方そのものの違いも関わっているのかもしれません。

とにかく、文字、文字、文字

文字が入っただけでダサいと言われてしまうのはちょっと日本語自体がダサいと言われているようでなんとも複雑ですが、実際日本のポスターは説明的すぎる気もします。

でも、作品のイメージを伝えたい気持ちは同じ

日本版のポスターより海外版のポスターの方が、一つの作品として作られているという印象はもちろんあります。ただ、日本の国民性として、「デザイン」に対する理解が浅く、視覚的要素から意図を読み取らせるのは難しいという話も、事実として大きくあります。そうした時に、映画のイメージを伝えるのにはどうしたら良いかとなると、現在の日本版ポスターは正しい形なのでしょう。みなさんは海外版と日本版、どちらのポスターを見た時にその映画を見たいと思うのでしょうか…?そこにこの問題のカギはあるはずです。

関連記事

何故アートはビジネスとして難しいのか

「父さんな、今日からアート一本で食べていこうと思うんだ」 もし家族にこのように言われたらあなたはどのような反応をしますか? 驚きと同時に生活できるか不安ということも感じるのではないでしょうか。 そもそも論だけど、「絵が上手い=たく

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【藝大生編】

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介-若手アーティストが毎日多くの作品を公開しているthisisgallery、今注目のアーティストとは...?絵画販売サイトthisisgalleryここにはたくさんの美大生・藝大生や、そ

【五美大】東京造形大学出身の有名アーティスト

【五美大】東京造形大学出身の有名アーティスト「五美大」美大受験を考えた事のある方なら一度は聞いたことがあると思います。五美大とは、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、女子美術大学、日本大学芸術学部の美術系大学5校を指します。なぜこの

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【関西の美大編】

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【関西の美大編】-若手アーティストが毎日多くの作品を公開しているthisisgallery、今注目のアーティストとは…?今回は関西の美大で活躍するアーティストをご紹介!絵画販売サイトth

[コラム]ファインアート?デザインアート?一括りにはできないアートの世界

”アート”はひとくくりにはできない 普通科の高校で運動部、選択授業も音楽、大学もセンター対策と赤本で。そのまま就職…なんて生活を送ってきたら美術大学とは無縁の生活かもしれません。美大の知り合いはいるけど、どんなことを学んでいるのかわからな