2016/04/30
デザイン/Design

オリンピックロゴに採用された、『市松模様』の古今東西

オリンピックのロゴが市松模様に決定

長らくかかりましたが、東京五輪のエンブレムがついに決定

4月25日、長らくゴタゴタが絶えなかった東京オリンピックのロゴが決定した。『組市松紋』をモチーフにしたA案に決定したとのことだ。しかし、そもそも『市松模様』とはなんだろうか?その歴史をたどる。

市松模様(いちまつもよう)とは、格子模様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配した模様。英語、またこれを借りた外来語のチェック(チェッカー)に相当する。

Wikipediaより引用

 

日本において、市松模様の歴史は古い。古くは古墳時代の埴輪に始まり、正倉院の宝物や家紋など、様々な場面で、この模様は使われてきた。元々はこの模様は『石畳』と呼ばれていたが、江戸時代に歌舞伎役者初代佐野川市松がこの柄の袴を愛用したことによりその名がついたとされる。この模様は江戸中にブームを巻き起こしたようで、当時の様子を描き表した浮世絵には、市松模様の和服を着ている男性の絵が少なくない。今ではチノパンとあわせて『オタク』のファッションなどと言われることもある柄だが、伝統ある模様であるといえよう。

そしてこの模様を世界で最も情熱的に愛する民族といえば、スコットランド人であろう。日本において、『市松模様』はシンプルで洗練されたイメージをもつよう、二色の単純な組み合わせで彩りを表現するよう、発展してきた。しかしスコットランドにおいて、『チェック』は非常に複雑な模様・色の組み合わせによってなる。『タータンチェック』ともいわれる、スコットランドの民族衣装に使用されるこの柄は、作る人によって必ず異なるデザインをもつのだ。それは日本における家紋のように、家固有の柄をもつことで自分の出自を示すという意味があるからだ。ブリテン島においては、チェック模様は自らの誇りをも表す重要な役割を果たしているのだ。東京オリンピックのロゴも、誇り高きシンボルとして語り継がれるようになればよいのだが…

関連記事

ヤマハ発動機のLINEスタンプ『エンジン』が意味不明すぎる件

皆さんはお気に入りのLINEスタンプありますか? 家族や友達と連絡を取る時、今では多くの方が『LINE』を使ってコミュニーケションしますよね。そんな時に活躍するのがLINEスタンプ。ThisisgalleryでもLINEスタンプを発売してい

風の谷のナウシカに登場する乗り物「メーヴェ」。再現プロジェクトが進行中ってほんと?

日本人なら1度は乗ってみたいアニメの乗り物!皆さんはスタジオジブリの映画『風の谷のナウシカ』は1度は見たことがありますよね。Image via Amazon『風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、トップクラフト制作の日本のアニメーシ

え、下書きしないの?金政基(キムジョンギ)氏のドローイングが圧倒的。

下書きなしで超絶技巧のドローイング Photo credit: atacamaki via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND みなさんは何か絵を描くとき、どういう風に描いていますか?まずは失敗してもいいように

【第1回】東大は建築家で楽しむ!キャンパスで有名建築家ツアー

東大といえば… このに月には国立二次試験が行われ、合格発表も間近!そんな受験生たちが目指す大学の一つに東京大学がありますが、東大といえば、皆さんはどんな建物を思い浮かべますか?赤門?安田講堂?古い建築がたくさんあるんだよね?そんな風に思っ

レトロかわいい!夢に突き進む『日本エレクトライク』の電気三輪自動車

自動車業界に新たな波 Photo credit: halfrain via Visualhunt / CC BY-SA 若者のクルマ離れが叫ばれる昨今ですが、フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題がニュースになるなど自動車業界も