2016/04/27
展示会・展覧会レポート/Report

ボストン美術館の歌川国芳・国貞の浮世絵作品が6/5まで無休で公開中!その名も「俺たちの国芳 わたしの国貞」

歌川国芳・国貞の浮世絵作品

mainvisualImage via bunkamura.co.jp

ボストン美術館所蔵の歌川国芳・国貞の浮世絵作品が、Bunkamuraザ・ミュージアムで公開されています。近年までほとんど一般公開されることのなかったために、大変よい保存状態を保っております。国芳の「物怪退治英雄譚」は見たことがある、という方もいらっしゃるかもしれませんが、鮮やかな色で表現されたそれは、今まで見てきたものとはまた違った味わいを見せてくれることでしょう。

しかし浮世絵は敷居が高い、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。でも大丈夫。国芳・国貞は現代に生きる私たちが見ても、その躍動感あふれる筆致に圧倒されること受けあいです。HPでは何作品か紹介がされているので、少しでも興味がわいたら、実際に見に行ってみましょう。緻密に描きこまれた浮世絵は、生で見る以上に楽しめる方法はありません。

5年に一度の公開?この機会を逃してはなりません

浮世絵は劣化が激しいため、ボストン美術館は貸し出しされたあと5年間は公開されることはありません。会期は6/5までですので、この機会にぜひ、足をお運びください。グッズは数量限定のものも多く、すでに売り切れのものも。「コップのフチ子」で有名な奇譚クラブが手がけた国芳根付は一見の価値ありです。こちらは販売を再開したようですが、またいつなくなるか分かりませんので、気になった方はお早めに。

また、本展では関連イベントも充実しており、パズドラとのコラボや、トークイベント、光村グラフィック・ギャラリーでの企画展、二子玉川 蔦屋家電での国芳・国貞関連の書籍販売などと様々です。詳しくは公式HPのピックアップをご覧ください。

展覧会情報

展覧会名

ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞

開催場所

Bunkamuraザ・ミュージアム

入場料

一般 1,500円
大学・高校生 1,000円
中学・小学生 700円

開催期間・開場時間

2016/3/19(土)~6/5(日)10:00~19:00(入館は18:00まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

休館日

会期中無休

展覧会公式ホームページ

関連記事

入館料が日本一高い美術館?「大塚国際美術館」の魅力とは…

全ての美術品が複製?でもとても人気なんです 徳島県鳴門市の鳴門公園内にある美術館が今とても人気なんです。まずその大塚国際美術館の外観がこちらです。 Photo credit: gtknj via Visualhunt / CC BY

芸術は、着れる。『PARIS オートクチュール_世界にひとつだけの服』が5月22日まで開催!

『PARIS オートクチュール_世界にひとつだけの服』三菱一号館美術館image via wikipediaフランスの伝統産業を身近に、『PARIS オートクチュール_世界にひとつだけの服』が三菱一号館美術館で5月22日まで開催されます。オ

【展覧会レビュー】豊田市美術館「東山魁夷 唐招堤寺御影堂障壁画」展

【展覧会レビュー】豊田市美術館「東山魁夷 唐招堤寺御影堂障壁画」展 誰もが一度は聞いたことのある日本画の巨匠、東山魁夷。4月2日まで茨城県立近代美術館で展示されていた東山魁夷 唐招堤寺御影堂障壁画 展が、4月22日から愛知県の豊田

この夏はアラーキーで決まり!天才・荒木経惟特集

この夏はアラーキーで決まり!天才荒木経惟特集天才、奇才と呼ばれる写真家・荒木経惟が77歳となる今年も15以上の個展を行っています。そして、この夏に東京各所で大規模な展示を展開しています。そんな、今もなお精力的な天才アラーキーを今回は取り上げ

俳優で、画家で、陶芸家。大河ドラマにも出演した国広富之氏が教える「アートの楽しみ方」

芸術家としての国広富之氏近年ではNHK大河ドラマ『平清盛』や『八重の桜』にも出演し、俳優として広く活躍中の国広富之氏。そんな国広氏には、実は陶芸家と画家という面もある。1976年、大学卒業と同時に松浦竹夫演劇研究所に入所。翌年、TBSドラマ