2017/05/02

intro-img6

intro-img6

関連記事

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】2017年4月18日(火)から東京都美術館で開催されているボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 あなたはもう行きましたか? 今回「バベルの塔」が来日するのは

心を惹きつけてやまない『アルフォンス・ミュシャ』のグラフィックデザインが素敵。

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家『アルフォンス・ミュシャ』 Image via Wikipedia アルフォンス・ミュシャという芸術家の名前を聞いたことはあるでしょうか?19世紀から20世紀にかけてミュシャは、アール・ヌーヴォーを

美術館の裏側をのぞいてみない?映画で見る芸術の裏側

美術館で「この作品がどのように選ばれて、どのように展示されているのか?」なんてことを考えたことはないでしょうか美しく、洗練された絵画や彫刻の数々・・・の裏側はそうはいかない!その裏にはハチャメチャで熱いドラマがあったのです。今回はその裏側を

印象派の巨匠!『ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影』が名古屋ボストン美術館で8月21日まで開催!

印象派の巨匠!『ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影』が名古屋ボストン美術館で開催!『ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影』image via 名古屋ボストン美術館19世紀近代ヨーロッパ、印象派絵画が生み出された時期と重なって、ルノ

日本絵画史に燦然と輝く圧巻の作品群。『開館50周年記念美の祝典Ⅰ―やまと絵の四季』が4/9より1ヶ月の開催!

日本絵画史に燦然と輝く圧巻の作品群!『開館50周年記念美の祝典Ⅰ―やまと絵の四季』image via 出光美術館四季の移り変わりに対する日本人の感度の高さは世界でも稀有のものですよね。それとともに花鳥風月を楽しみ、特に「もののあはれ」の言葉