2017/05/11
アート/Art

都内にある大型画材店・文具店まとめ

画材屋

あなたは普段どんな画材店・文具店を利用していますか?

都内には世界堂をはじめ多くの画材店・文房具店があります。
東急ハンズロフトitoyaなどにも豊富な文房具が揃っていますね。
制作活動をされている人の中には自分の通い慣れた店で購入される方も多いのではないでしょうか。

普段何気なく使い慣れた画材も、改めて見直してみると、新たな表現の可能性が広がったり、改めてその画材の良さや効果を実感したり、

画材
新たな画材との出会いは、新たな表現との出会いにもなります。

また、身近な文房具をこだわりのある物に変えたりすると、日々の仕事や生活がずっと豊かになる気がします。
誕生日のプレゼントや、特別な贈り物に文房具を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな、出会ったことのない画材にに出会えそうな東京都内の大型画材店・文房具店についてまとめました。
言わずと知れた有名店から、意外と知られていない画材店までを幅広くご紹介します。

ぜひ色んな画材店・文房具店に足を運んで、新しいインスピレーションを与えてくれる画材と出会ってみてくださいね。

東京都内の大型画材店

世界堂

出典:世界堂

出典:世界堂

言わずと知れた超大型画材店。
誰もが一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。
最近ではNHK総合で放送中の『ドキュメント72時間』でも特集されていました。

その品揃えには「モナリザもアッと驚く!」

世界堂 画材
モナリザの顔が印象的な会員(ST)カード、あなたはお持ちですか?

何と言っても画材の価格の低さが魅力的な、全国の画家・作家・クリエイターの味方。
商品価格は定価の20%OFF、会員(ST)カードの提示で購入価格の7%分の値引きチケットがもらえます。

全国に12店舗、東京都内には7店舗あり、
新宿本店では6フロアにも渡って画材・文房具・額縁等が販売されています。

各フロアのラインナップは↓

1F 文具・事務用品
2F コミック・デザイン・製図用品、コピーサービス
3F 洋画・日本画材、造形材料
4F 額縁(デッサン額・賞状額・和額・モールディング・プリント額)
5F 額縁(油彩額)
6F ギャラリーフォンテーヌ、アートカルチャー

オンラインショップも充実していて、価格も実店舗と変わらずこちらも定価の20%OFF

世界堂オンラインショップ 公式ホームページ
世界堂 画材

http://webshop.sekaido.co.jp/

大量に買ったり、持ち帰りが困難な場合は非常に便利ですね。

店舗によっても品揃えは異なりますが、無い物はないと言っても良いくらい、大抵の画材・文具がここで揃ってしまいます。

世界堂 公式ホームページ

画材 世界堂

http://www.sekaido.co.jp/

世界堂 各店舗の営業時間
 新宿本店  9:30~21:00
 新宿西口店 9:30~20:00
 池袋パルコ店 10:00~21:00
 立川北口店 10:00~21:00

世界堂 新宿本店へのアクセス
 丸の内線・新宿線「新宿3丁目駅」より徒歩1分、JR・小田急線・京王線「新宿駅」より徒歩7分

世界堂 新宿本店の地図

世界堂 店舗情報
・東京都
 新宿本店、新宿西口店、池袋パルコ店、立川北口店、武蔵野美術大学店、町田店、聖蹟桜ヶ丘アートマン店

・神奈川県
 相模大野店、ルミネ横浜店、ルミネ藤沢店

・埼玉県
 新所沢パルコ店

・愛知県
 名古屋パルコ店

月光荘画材店

出典:月光荘

出典:月光荘

月光荘画材店純国産油絵具を販売する画材店。
油絵を描く人なら一度はこのお店の名前を聞いたことがあるはず。
店の創始者橋本兵蔵は、それまでフランスからの輸入に頼っていた油絵の具の製造を日本で初めて成功した人物です。

絵の具だけでなく、絵筆・パレット・スケッチブックといった画材も販売。
全て月光荘オリジナルの商品です
どれも画家の目線に立った機能やデザインにこだわった物ばかり。
月光荘画材店のオリジナル商品で、絵画制作に必要な画材はほとんど揃えられます
多くの絵描きに定評のある月光荘画材店の絵の具をあなたもぜひ一度試してみてください。

地下1階にはギャラリー&カフェ「月のはなれ」も併設。

アーティストによる絵画作品の展示以外にも、毎晩20:00頃から様々な楽器の演奏家・ミュージシャンによる演奏もあり、生演奏を楽しみながらお酒やディナーを楽しむ事ができます。

月光荘サロン 月のはなれ  公式ホームページ
 http://tsuki-hanare.com/

営業時間
 平日 14:00~23:45 (23:00 L.O)
 土曜 12:30~23:30 (22:45 L.O)
 日・祝日は、貸し切り営業のみ

定休日
 日曜日・祝日

 

月光荘画材店 公式ホームページ
 http://gekkoso.jp/

住所
 〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-2永寿ビル1F・B1F

アクセス
 銀座駅から徒歩8分、新橋駅から徒歩3分

地図

営業時間
 11:00~19:00

定休日
 毎週水曜日

お問い合わせ
 03-3572-5605

 

レモン画翠

「建築にいちばん近い画材屋」を自負する画材屋として、御茶ノ水で多くの建築家、建築を学ぶ学生を支援してきたレモン画翠

1階が絵画材料・デザイン材料、文具、雑貨のフロア。2階〜4階は設計製図用具、建築関連書籍、建築模型材、パーツのフロア。B1階がコピー、出力、CADソフト、額装のフロアになっています。

大学・専門学校建築科の卒業設計や優秀作品を展示する「レモン展」(正式名:「学生建築設計優秀作品展」)を主催。

こちらは多くのプロ建築家が過去に出展した40年続く歴史ある展示です。

建築画材のプロの視点から開発したオリジナル商品も多数。デザイン科や建築科の学生には嬉しい出力サービスも行っています。

レモン画翠

http://lemongasui.co.jp/

所在地:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2−6−12

営業時間:平日10:00〜20:00,土11:00〜19:00

定休日:毎週日曜、祝日

お問い合わせ:03-3295-4681

 

Tools

出典:Tools

出典:Tools

 

Toolsはどちらかというと漫画・デザインに特化した画材・文具店。

新宿、御茶ノ水、横浜、大阪梅田の国内に4店舗。オンラインショップもあります。

美大・専門学校生をはじめ、漫画家・イラストレーターさんにもオススメの画材店です。

プリントペーパーマスキングテープ雑貨の取り扱いも充実しています。

オリジナル商品のスケッチブックやクロッキー帳はデザイン・色ともにとってもおしゃれなのでぜひチェックしてみてください。

Tools

https://www.tools-shop.jp/

店舗情報:

新宿店,お茶の水店,横浜ジョイナス店,大阪梅田店

 

ファーバーカステル 東京ミッドタウン

FCLogo

画材ブランドの老舗ファーバーカステルの直営販売店が東京ミッドタウンにあるのをご存知ですか?

おなじみの鉛筆をはじめとする画材からオフィス用のデザイン性の高い文具まで、全てがこのお店で購入できます。

自分へのご褒美としてお気に入りの万年筆を探したり、お子様に色鉛筆をプレセントしても良いですね。

今から絵を描こうか悩んでいる方で色鉛筆からはじめようと考えている方はぜひこのお店も検討リストに入れてみてください。

身の回りの文具にそろそろ飽きてきた、という方もぜひ足を運んでみてください。

お気に入りのアイテムに出会えるかもしれません。

ファーバーカステル 東京ミッドタウン

http://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000106/

所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9−7−1 六本木東京ミッドタウン

お問い合わせ:03-5413-0300

 

【文具店】

伊東屋

Itoya

国内に14店舗、海外(サンフランシスコボストン)に2店舗を構える、創業113年の文房具店の老舗。

オンラインショップも充実。オリジナル商品もデザイン・機能性の高いものを取り揃えています。

実は日本の文房具は海外へのお土産にもとても喜ばれます

羽田空港国際線ターミナル成田空港第2ターミナルにもConcept storeがあるので海外の友達へのお土産に日本の機能性の高い文房具を買って行っても喜ばれるのではないでしょうか。

伊東屋

http://www.ito-ya.co.jp/

店舗情報:

銀座本店 (ITO-YA1・ITO-YA2),渋谷店,玉川店,青葉台店,池袋店,新宿店,横浜店,マルイファミリー溝口店,グランフロント大阪店,羽田新国際ターミナル店(羽田空港新国際線ターミナル4F),成田空港第2ターミナル店(第2旅客ターミナルビル本館4F)

 

番外編:アートについてもっと知りたい。アートをもっと楽しみたい人に

「アートに興味がある」「アートについてもっと知りたい!」という人は、こちらの↓記事もCheckしてみてください。

現代アート マルセルデュシャン

>現代アートを楽しむために!知っておきたいアーティスト40人
「もっとアートについて知りたい…!」という人の為の現代アート入門編。

都内 アート 美術館

>一度は訪れたい!国内外の有名美術館40選
美術館に行くのが好きor絵を見るのが好きという人は必見!死ぬまでに一度は必ず訪れるべき美術館40選を公開中。

関連記事

“ちょうどいいアート”を紹介するギャラリー東京都目黒区「Picaresque(ピカレスク)」への訪問記

  アートギャラリー「Picaresque(ピカレスク)」   (著者撮影による、ギャラリー外観。ナイスな表情をしたオブジェたちがずらり)東京都目黒区にあるアートギャラリー「Picaresque(ピカレスク)」では、花瓶やポストカ

あなたは気をつけていますか?ネットでアートを売る際の「写真」の見せ方

アートをオンラインで販売する、そんな時代 Photo via Visual hunt 様々なものをオンラインで購入できるこの時代。多くの方はAmazonや楽天市場で商品を買った経験があるかと思います。そんな時皆さんが購入を決断する

世界一の現代美術館、岡山出身の現代アートコレクター石川康治が構想

世界一の現代美術館?? 聞いたことありますか?ないですよね。現代美術館といえば、日本だと東京国立近代美術館、埼玉県立近代美術館、神奈川県立近代美術館、金沢21世紀近代美術館あたりが有名ですね。 世界でいうと、やはりニュー

【書評】楽園のカンヴァス(原田マハ著)~画家の情熱が引き金となった絵画ミステリー~

原田マホ氏の代表作『楽園のカンヴァス』Photo via Amazon原田マハさんの代表傑作とも呼べるこちらの作品は、アンリ・ルソーと呼ばれる奇才の画家の作品「夢をみた」の鑑定を巡ってニューヨーク近代美術館のキュレーターであるティム・ブラウ

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ルネサンス美術~

今回0から学ぶ西洋美術史シリーズが扱うのは『ルネサンス美術』です。ルネサンス美術ルネサンス美術について説明する前に、まずは『ルネサンス』という言葉がどういう意味なのかを見てみましょう。ルネサンスは「再生」「復活」を意味するフランス語です。一