美大生になりたい「のん(能年玲奈)」は本当に美大に進学するのか!? | thisismedia

美大生になりたい「のん(能年玲奈)」は本当に美大に進学するのか!?

ファンを驚かせた「美大生になりたい!」発言の背景にあるものとは…?

NHK放送の朝ドラ『あまちゃん』で全国的に有名となった女優のん(本名:能年玲奈)

2015年の事務所独立騒動から公には活動中止の様な時期もありましたが、個人事務所を設立後、芸名を「のん」に改称。

最近では再び頻繁にメディアに出る様になりましたね。

特技は絵を描くこと、趣味はギター演奏、読書、アニメ鑑賞。

公式ブログではプロフィールに「女優、創作あーちすと!」と記載されています。

「のん オフィシャルブログ」

http://lineblog.me/non_official/

 

デビュー当時から変わらない人見知りな性格や、あどけない表情、喋り方が可愛い彼女。

2016年公開の映画『この世界の片隅に』では主人公すずの声優を務め、第11回声優アワード特別賞を受賞しました。

 

 

そんなのん(能年玲奈)が今月9日、都内のZeroBase表参道でスペインのファッションブランド「Jocomomola de Sybilla」(ホココモラ デ シビラ)とのコラボプロジェクト『ホコとのん Jocomomola x non』のポップアップストアのメディア向けイベントに参加。 

 

 

ショップの1階にはのんリアルマネキンが大勢お出迎え、3階の壁面いっぱいに得意のイラストを公開、ライブペイントも行いました。

メディアからの「今後やりたいことは?」の質問に、

「美大生になりたい!」

と答えたのん。その場にいた関係者もこの発言にはびっくり。

 

「昔から美大進学に行きたかった」と語るのん。高校3年生の時には既に検討していたんだとか。

 

同インタビューで彼女は

「美大生になりたいとずっと夢見ていた」

「美大に行ってる人はとても忙しそうだから、お仕事ができなくなると思って当時は諦めていた」

「当時の夢を今も大事に持っている」

 

と発言。かなり本気で「美大に行きたい」気持ちが伝わってきます。

今後は「デッサンの勉強もちゃんとしていきたい」とのこと。

 

来年は本当に美大受験をする可能性も…(?)

 

 

既に「オープンキャンパス」に参加していた..!!?

同インタビューで

「美大のオープンキャンパスにもこっそり行きました…!!」

「全然バレなかったですよ!!」

と自慢げに語ったのん。

 

彼女は一体どこの美大のオープンキャンパスに行ったのでしょうか!!?

都内の美大・芸大は大体以下の通り。

武蔵野美術大学

MusashinoArtUniversity

武蔵野美術大学(むさしのびじゅつだいがく、英語: Musashino Art University)は、東京都小平市小川町1-736に本部を置く日本私立大学である。1962年に設置された。大学の略称武蔵美(むさび)。

引用:Wikipedia

 

多摩美術大学

640px-Tama_bijutsu_daigaku

多摩美術大学(たまびじゅつだいがく、英語: Tama Art University)は、東京都世田谷区上野毛三丁目15番34号に本部を置く日本私立大学である。1953年に設置された。大学の略称多摩美(たまび)。

引用:Wikipedia

東京美術大学

640px-Tokyo_University_of_the_Arts

東京芸術大学(とうきょうげいじゅつだいがく、英語: Tokyo University of the Arts)は、東京都台東区上野公園12番8号に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は芸大、東京芸大、藝大、東京藝大、TUA。

引用:Wikipedia

東京造形大学

640px-Tokyo_zokei

東京造形大学(とうきょうぞうけいだいがく、英語: Tokyo Zokei University、公用語表記: 東京造形大学)は、東京都八王子市宇津貫町1556に本部を置く日本私立大学である。1966年に設置された。 美術大学で、日本で初めて「造形」という名称を冠した大学である。

引用:Wikipedia

女子美術大学

640px-Joshibi_UNIV_01

女子美術大学(じょしびじゅつだいがく、英語: Joshibi University of Art and Design)は、東京都杉並区和田一丁目49番8号に本部を置く日本私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は「女子美(じょしび)」。

引用:Wikipedia

 

2014年放送「嵐にしやがれ」に出演した際には武蔵野美術大学、通称「ムサビ」に体験入学したのん

嵐と一緒に美大の中を見学し、オリジナルTシャツを製作しました!

のんの美大進学に大学の教授も注目

彼女の「美大進学」発言に、美大・芸大の教授有名アーティスト達も注目しています。

彼女が今後、美大に入るとしたら一体どの学科、専攻に進むのかも気になるところですね。

 


会田 誠(あいだ まこと、1965年10月4日 – )は、日本現代美術家である。奈良美智村上隆らとともに『新ジャポニズム』の代表的な作家とされる[1]

引用:Wikipedia

 

袴田 京太朗(はかまた きょうたろう、1963年5月29日[1] – )は、日本彫刻家静岡県出身。1987年武蔵野美術大学彫刻学科卒。武蔵野美術大学油絵学科教授。

引用:Wikipedia

 


奈良 美智(なら よしとも、1959年12月5日 – )は、日本画家彫刻家。世界的に評価されている美術作家で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロサンゼルス現代美術館に作品が所蔵されるなど日本の現代美術の第二世代を代表するひとり。 特徴的なこちらを見返す人物をモチーフにしたドローイングアクリル絵具による絵画で知られる[2][3][4]

引用:Wikipedia

 

今年の1月16日に発売された『美術手帖<2月号>アウトサーダー・アート特集』では奈良美智と対談したのん

これからも色んなアーティストの影響を受けて成長していって欲しいですね。

 

有名人の中に以外と多い美大出身者

有名人の中には意外と美大出身者が多いんです。

芸能人、俳優、ミュージシャン、小説家、漫画家、お笑い芸人、落語家…etc.とそのジャンルは多岐に渡ります。

以下に挙げる方々も実は美大生

「神は二物を与えず」とは言いますが、世の中複数の才能を持った人って意外と大勢いるんですよね。

松任谷由実

多摩美術大学 美術学部 絵画学科 日本画専攻

松任谷 由実(まつとうや ゆみ、戸籍名:同じ、1954年昭和29年1月19日 – )は、日本シンガーソングライター旧姓名および旧芸名荒井 由実(あらい ゆみ)。1972年にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。以降、ユーミンの愛称で呼ばれる。紫綬褒章受章者(2013年)。公式ファンクラブは「Yuming Fan Club」。

引用:Wikipedia

リリー・フランキー

武蔵野美術大学 造形学部 芸能デザイン学科(*現在の空間デザイン学科)

リリー・フランキー(Lily Franky、1963年11月4日 – )は、日本マルチタレントで、イラストレーター、ライター、エッセイスト小説家絵本作家アートディレクターデザイナーミュージシャン作詞家作曲家構成作家演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー俳優など、非常に多種多才な顔を持つ。

引用:Wikipedia

みうらじゅん

武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科

みうら じゅん1958年2月1日[1] – )は、日本漫画家イラストレーター。本名、三浦 純[2]京都府京都市生まれ[1]。血液型:AB型[1]169cm(自身で公表)[要出典]。妻はシンガーソングライターのbird

引用:Wikipedia

草野マサムネ

武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科

草野 マサムネ(くさの まさむね、本名:草野 正宗(読みは同じ)、1967年12月21日[1] – )は、日本のミュージシャンシンガーソングライターロックバンドスピッツボーカリストおよびギタリストである。福岡県福岡市早良区出身。

引用:Wikipedia

村上龍

武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン科入学

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 – )は、日本小説家映画監督脚本家長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。

引用:Wikipedia

林家たい平

武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科

林家 たい平(はやしや たいへい、1964年12月6日 – )は、埼玉県秩父市出身の落語家。本名は田鹿 明(たじか あきら)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業[1]。武蔵野美術大学客員教授。言霊群団「夢吽空」団員。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバーのひとり。

引用:Wikipedia

伊勢谷友介

320px-Toyota_MARK_X_ZiO_発表会_-_伊勢谷友介

東京藝術大学 美術学部 デザイン学科

伊勢谷 友介(いせや ゆうすけ、1976年5月29日 – )は、日本俳優映画監督美術家実業家である。リバースプロジェクト所属・同代表。

引用:Wikipedia

やくしまるえつこ

やくしまる えつこは、日本女性歌手作詞家作曲家音楽プロデューサー。ミュージシャンとして相対性理論、TUTU HELVETICA[1]、やくしまるえつことd.v.d、熱海のピンチョン、ひらくし°などのユニットで活動するほか、イラスト、朗読、ナレーション、CM音楽などの幅広い芸術活動を行っている。作詞・作曲を行う際の別名義はティカ・α[2]

引用:Wikipedia

美大出身じゃない。けど芸術活動を行っている芸能人

美大出身じゃないけど絵が上手い、もしくは芸術活動を精力的に行なっている芸能人はたくさんいます。

例えば香取慎吾、大野智、木梨憲武、忌野清志郎、片岡鶴太郎といった方々は本業と同じくらい、もしくは本業以上に芸術活動に熱心で、精力的に個展を開催されています。

出典:amazon

出典:amazon

 

お笑い芸人の中にも、絵本の出版で話題になったキングコングの西野鉄拳南海キャンディーズのしずちゃん、オリエンタルラジオの中田敦彦ジミー大西「世界のKITANO」こと北野武…!!!!!などなど。

多くの芸人が芸術の分野で才能を開花させているんです。「お笑い」と「美術」の間には何か深い繋がりがあるのでは…!?

のんは本当に美大へ進学するのか…??

「23歳で飛び込んで行ったら恥ずかしいですかね。でも楽しみ」と美大入学に夢を膨らませるのん

合格すればすぐにでも入学するという噂は果たして本当なのでしょうか、、?

美大を卒業してから芸能人になる人、芸能活動と同時に芸術活動をする人はいますが、芸能人になってから美大生になる人はもしかしたら彼女が初めての例になるのでは…?

 

今から美大に合格すれば、のんと同級生になる可能性も…?

美大に行くか、行かないかは別としても、モデル、女優業の他に、声優、ファッションデザインなど、既にマルチな活動が注目されているのん。

今後ものんの芸術活動に注目していきたいですね!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
thisismediaの最新情報をお届けします
関連するまとめ
オススメのまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

出典

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】

takeda

Tama_Art_University_Tokyo_Hachioji_Campus_2012

個性的なあの人は多摩美術大学出身!?有名人・アーティストまとめ

kaede

highlight_img_04

ロシアが誇るエルミタージュ美術館が六本木にやってきた!

kaede

出典

岡本太郎の作品に出会える!!東京都内のパブリックアートまとめ

takeda

出典

絵を描くゾウさん「ゆめ花」が描く絵がとにかく可愛い!!

takeda

デイリーアクセスランキング

いま人気のある記事ランキング

話題のカテゴリー

いまthisismediaで話題になっているキーワード

 

thisismedia | thisismediaはthisisgalleryのメディアです。