2017/05/15
アート/Art

Twitterで話題の自動販売機はアート!?木彫りってホント!?

この画像、見たことありませんか?

 

山本麻璃絵

出典

この自動販売機….何か変ですよね?

実はこれ、木で作られた木彫作品なんです!!!

 

 

うっかり買おうとしてしまう人も!?

 

 

本物じゃないというのは分かるけど、風景に溶け込んで不思議な暖かみを醸し出していますよね。

 

どうしてこんなに溶け込んでいるんでしょうか…?

 

 

 

それは作り込み方が尋常じゃないからです!!

直線や曲線がこんなにもゆがんでいて機械的なところからは遠く離れているのに、こんなにも風景に溶け込んでいるのは、この自販機のストーリー性がとても強いからだと思います。

置く場所、ボタンなどのディティール、売り切れなど物語を感じさせる演出、隣のゴミ箱まで作っている完結性、全てにおいて作り込みがされています。

 

それによって思わずツイッターにあげたくなる作品となっているんです!!

 

 

誰が作ってるの?

この木の自販機、誰が作っているか気になりませんか?

ご紹介したいと思います。

 

山本麻璃絵

山本麻璃絵

出典

経歴

1988年東京に生まれ、高校卒業後、武蔵野美術大学造形学部彫刻学科に入学。

2012年、同大学院美術専攻彫刻コース修士課程を修了。

現在、武蔵野美術大学彫刻研究室の助手を務めています。

 

え・・・?1988年生まれって、とっても若くないですか?

 

そうなんです。

でも、大学在学中である2009年には「Tokyo Midtown Award 2009」で佳作・オーディエンス賞を受賞、2011年には「第14回岡本太郎現代芸術賞」で特別賞を受賞するなど、今若手彫刻作家の中では注目されている方なんです!

 

他にはどんな作品を作っているの?

自販機はこんな感じですが、他にはどんな作品を作っているか気になりますよね?

少しご紹介します。

 

スワンボート

山本麻璃絵

出典

こちらは公開制作で作った作品だそうです。羽の微妙な曲線や白鳥の表情もなんとも言えません。

 

仁王像#シャンプーリンス

26144543114_8ef51e8da6

26144555414_2efbb6b066

出典

シャンプーとリンスのボトルキャップで仁王像・・・。発想が面白いですよね。自分の家のボトルも確かに二つが対になるように並んでいるので、確かに!と共感してしまいます。

元のはとっても小さいものなのに、この存在感は間違いなく仁王像ですね。

でも、裏のこの作り込みを見ると、本当にすごいなぁ、と思います。

 

ものモノ#Mac Bock Pro

26750369965_9f7c57fe9f

出典

今、大体の人が持ってるマックブック。そんなマックブックも山本さんの手にかかれば、暖かい存在感を放ちます。

こんなにも機械らしくないマックブックは他にないかと思います。

このシリーズは何作品かシリーズがあって、デスクトップ型もあります。

 

他にも心をくすぐられる作品がたくさん

images

2011fan

2008syokaki

2010post

出典

山本さんは日常的に身近にあるものを木彫で表現しています。

作品に囲まれると、現実と非現実が混在した、夢の世界に迷い混んだような不思議な感覚を味わえます。

 

今どこで見られるの??

残念ながら、現在の所、彼女の作品を見ることができる場所はありません。

2015年2016年は全国各地で個展やグループ展を行っていたようなので、今年もまたどこかで個展を開催するかもしれません。

今話題のアーティストなので、これからが気になりますね!

ぜひチェックしてみてください。

関連記事

実は見逃している!? オフィス街永田町でめぐるアート

 皆さんはオフィス街に不思議なオブジェが設置してあるのを見たことはありませんか? 見慣れすぎて、そのまま前を通り過ぎていませんか? オフィスビルは景観の整備や活動の一環として美術作品を設置することが多いです。大

一度は訪れたい!デンマーク・ノルウェー・スウェーデン北欧有名美術館4選

一度は訪れたい!デンマーク・ノルウェー・スウェーデン北欧有名美術館4選北欧美術といわれる彼らの作品は、その広大な大地と気候によって独自に発達してきました。日本でも北欧デザインは人気ですよね。大自然とゆうごうした美術館など、作品だけでなく観光

休日は親子で美術館へ!子ども向けアートワークショップまとめ

休日は親子で美術館へ!子ども向けアートワークショップまとめ 「うちの子も大きくなってきたし、そろそろ美術館でも静かにできるかな、、?」「一緒に美術館に行きたい」「子どもにアートを教えたい」でも正直、「どの美術館に行くのが正解?」「

一度は訪れたい!南米・アジア有名美術館8選

一度は訪れたい!南米・アジア有名美術館8選アートの市場はアメリカやヨーロッパが主流でした。しかし、近年になり非欧米諸国の市場の動きが活発化してきています。その中でも、特に注目を集める5選を紹介しようと思います。欧米諸国にはない、大自然の中の

0から学ぶ西洋美術史~盛期イタリアルネサンス編~

0から学ぶ西洋美術史~盛期イタリアルネンス編~16世紀になると、西洋美術史三大巨匠レオナルド・ダビンチ、ラファエロ、ミケランジェロが活躍した時代が到達します。そう、盛期ルネサンス期と呼ばれる時代です。 スーパースターである彼らが芸術家とし