今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう! | thisismedia

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!

FacebookやtwitterよりもInstagramを利用している人が多い昨今。

テレビでもフォトジェニックな写真の撮り方などが紹介されていますが、

 

あなたは普段どんな写真をインスタに上げていますか?

 

今日行った場所、食べた物、ペットの写真や自撮り写真など、多くの人が楽しかった思い出、大切な人との思い出などを記録する、特別な1日を演出してくれるツールとして利用しているのではないでしょうか。

美しい写真を撮影する事、非日常感のある生活を演出することが現代人の一つの趣味になりつつあります。

 

そんな中、非日常感のある写真が撮れるスポットとして、美術館に足を運ぶ女子が増えています。

美術が好き!もしくはサブカルが好き!といった女の子じゃなくても、みんな美術館に行く時代になりつつあるんです。

白で統一された空間や、美しいもの、珍しいものに出会えますし、ミュージアムカフェで過ごす時間も特別なひと時ではないでしょうか。

そういう点では、美術館は非日常感満載のスポットと言えます。

休日はおしゃれして美術館に行く。そんな習慣が昔で言う「文化系女子」だけでなく一般女子の間で増えてるんです。

 

今回はそんな非日常を演出してくれる美術館。アートがもっと好きになるフォトジェニックな撮影スポットと作品をご紹介します!

今年の夏どこに行こうか悩んでいる方は是非参考にしてみてください!

 

島ごとアート?非日常感満載の島アートを楽しもう

今や「現代アートの島」として有名な直島

瀬戸内海に浮かぶ直島を中心とした犬島、豊島といった島々には現代アート作品が点在しています。

このかぼちゃ、皆さん一度は見たことありますよね。

こういう屋外に展示している作品って、見る時間によっても表情を変えますし、遠くから見るのと、近くで見るのとでは全く違うんですよね。

横浜トリエンナーレ、越後妻有トリエンナーレといった、各地の芸術祭でもその土地の風景や特色を活かした屋外展示の作品を見ることができますが、

自然の表情と作品、島の風景ごと一つの作品として鑑賞できる場所として作品を恒久展示している場所って実は日本国内でもあんまり無いんです。

この島でオススメの作品は数え切れないほどあります。

でも作品だけではなくて島ならではの風景や、島の人との交流も是非体験していただきたいです。

海外から訪れる観光客も多いので、思いがけず海外の友達ができたりも。

美術館には無い魅力がいっぱい詰まった場所です。

 

日本の伝統美と現代アートを両方楽しむ

 

今、京都と並んで外国人観光客からの人気が高い金沢。

古い日本の街並みが残る金沢は、武家屋敷、日本庭園、漆工芸など、日本の伝統的魅力が多い都市です。

そんな金沢の中心地にある金沢21世紀美術館も、連日多くの観光客で賑わっています。

所蔵作品、屋内外の恒久展示作品などの多くは現代アート。

いつもは「よくわからない」と懸念されがちな現代アートがどうしてそこまで人気なのでしょう?

それはこの写真を見れば理解いただけるのでは無いでしょうか。

 

Photo via kanazawa21.jp

Photo via kanazawa21.jp

 

このプールも実は作品。

なんと展示室が丸ごとプールの下にあるんです。

水を透過して揺らめく光が部屋に入った私たちを包み込みます。

プールに入ってないのに水の中にいるような気分になれるんです。

 

他にもこんな展示室があります。

Photo credit: na0905 via VisualHunt.com /  CC BY

Photo credit: na0905 via VisualHunt.com / CC BY

こちらは部屋の天井を大きなスクエア型の吹抜けにして、空の色を切り取った作品。

天気の良い日に実際に入ってみると「こんなに綺麗な青、見たことない」と思えるくらい澄んだ青空を見ることができます。

近代の都市化が進む一方で、空を眺めることって普段そんなにないのではないでしょうか。

どこまでも続く広い青空を見たくても、実際はビルや住宅の屋根が立ち並んでいたり、私たちの普段見る空というものはどんどん狭くなっています。

この作品は空を切り取っただけとも言えるかもしれません。ですがこの巨大なブルーのキャンバスを目にすると、つい長い間立ち止まって見てしまう、不思議な魅力があります。

 

二つの作品を見て頂いてもわかるように、難しい勉強や知識が必要だった、いわゆる「西洋美術」や「古典美術」とは違い、「体感するアート」としての魅力が現代アートにはあるんです。

もちろん撮影はOK。

実際に見て、感じることも大事ですが、撮って楽しむことができるのも最大の魅力です。

 

モザイクタイルミュージアム

 

 

おやまさん #モザイクタイルミュージアム #photo #cute

SKさん(@will_sk54)がシェアした投稿 –

こちらは岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアム

この外観、もはや「絵本の世界」そのものですよね。

 

今密かにフォトジェニックなスポットとして注目されています。

 

展示作品はみ〜んなタイル!!

 

美しい「絵タイル」から、超細かい「モザイクタイル」まで。今まで知らなかったタイルの魅力を発見できます。

中でも最上階にの吹抜けスペースにあるタイルをちりばめたオブジェが本当に綺麗。

自分で好きなタイルを貼って作品を作れる体験工房も併設。

珍しいタイルや、タイルを使った雑貨などもミュージアムショップで購入できます。

まだ行ったことのない人は是非足を運んでみてくださいね。

 

豊田市美術館

 

美術館の中でもすきな美術館だ #豊田市美術館 #VSCOcam

bohさん(@boh0923)がシェアした投稿 –

この風景、雑誌等で見た人も多いのでは?

ここは愛知県にある豊田市美術館。

その屋外に、こんなカッコ良い、モダンなフォトスポットがあるんです。

 

#豊田市 #豊田市美術館 #美術館 #art #一眼レフ #japan #camera #eos70d #japan_of_insta #tokyocameraclub

Naohito Sakanoさん(@banps4513)がシェアした投稿 –

赤、青、黄の三原色と、全面鏡張りのオブジェが立ち並ぶこの空間は、まるでモンドリアンのような抽象絵画の作品の中に迷い込んだような感覚に陥ります。

また、美術館の目の前には大きな人口池が。

本館と別館をつなぐルートにもなっているこのスペースは、フォトスポットとしても魅力的ですが、美術館を訪れる人々の憩いの場にもなっています。

 

 

美術館は非日常的な作品とともに開放的な空間を与えてくれる場所です。

レストランからはこの池を一望しながら食事ができます。

また、屋外にも作品がちらほら、茶室も併設しています。自然も豊かで屋外を散策するのも楽しいです。

写真を撮りながらゆっくり休日を過ごしたい人にオススメの美術館です。

 

市原湖畔美術館

IMG_2722

IMG_2723

こちらはまだ比較的新しい美術館。

千葉にこんな素敵な美術館があるってみなさんご存知でしたか?

湖畔美術館と名乗るだけあって、すぐ横が大きなになっているんです。

緑の芝生に囲まれた円形の白い建物が特徴的。

建物自体はそこまで大きくはないですが、内部の構造も変わっていて展示を見ながら探検してるような気分になれる美術館です。

屋上からは、のどかな田舎の風景を一望できます。

ショップも魅力的で、地元の商品も取り扱っているので観光にはぴったり。

IMG_2686

美術館の帰りには芝生の広場にあるカフェでお茶しても良いですし、湖にはボートもあるので子供連れの方には特にオススメの美術館です。

 

まとめ

 

今回は特別な1日を演出してくれる。フォトジェニックな写真が撮影できる美術館、アートスポットをご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

直島、金沢21世紀美術館、豊田市美術館は行ったことがある人は多いと思いますが、

モザイクタイルミュージアム、市原湖畔美術館はまだ行ったことのない人も多いのではないでしょうか?

都会でも現代アートには出会えますが、地方には地方にしかない自然や、特別な風景があります。

今年の夏は是非どこか遠くの美術館にも足を運んで見てください。

まだまだあなたの知らないアートの魅力や、その土地土地での出会い思い出がきっとできるはずです。

今後もそういった地方の美術館の魅力をお伝えしていきたいと思いますので、楽しみにしていてください!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
thisismediaの最新情報をお届けします
関連するまとめ
オススメのまとめ

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

出典

絶対見逃せない!「バベルの塔」展【24年ぶり来日】

takeda

Tama_Art_University_Tokyo_Hachioji_Campus_2012

個性的なあの人は多摩美術大学出身!?有名人・アーティストまとめ

kaede

highlight_img_04

ロシアが誇るエルミタージュ美術館が六本木にやってきた!

kaede

出典

岡本太郎の作品に出会える!!東京都内のパブリックアートまとめ

takeda

出典

絵を描くゾウさん「ゆめ花」が描く絵がとにかく可愛い!!

takeda

デイリーアクセスランキング

いま人気のある記事ランキング

話題のカテゴリー

いまthisismediaで話題になっているキーワード

 

thisismedia | thisismediaはthisisgalleryのメディアです。