2017/06/19
アートコラム/Column

【これは見たい!】尾形光琳と同世代、明誉古磵の没後300年を記念した展覧会が奈良で開催中

【これは見たい!】尾形光琳と同世代、明誉古磵の没後300年を記念した展覧会が奈良で開催中

 

明誉古磵(めいよ・こかん)という画僧の名前を聞いた事はありますか?

知らない人も多いと思います。

明誉古磵(めいよ・こかん)浄土宗の僧侶。

32歳の頃、修行の一環として敬神の意を表し1000体の大黒天を描く事を目標として以来、1680年代後半から約20年間京都で画僧として活動。

海北友松の子、海北友雪狩野益信に師事しました。

 

尾形光琳と同じ時代を生きた、画僧、明誉古磵の没後300年を記念した展覧会が、奈良の大和文華館で先月520日から開催中です。

 

軽妙な筆致で描かれた大黒天図が有名な明誉古磵ですが、

今回はそれだけでなく、本格的な著色仏画社寺縁起絵巻仏教説話版本の挿図など、非常に幅広い画風の作品を展示しています。

没後300年で初めての回顧展という事で、古磵の作品を一同に返した形で見られるのは今回が

隠れた「ゆる絵」画僧がここにも。

白隠慧鶴

仙厓義凡

白隠慧鶴仙厓義凡などは既に、「ゆる絵」や「ポップな日本画」として再評価熱が高まった後ですが、

今回の展示によって、「明誉古磵」再考の熱が高まりそう。

今月、ちょっと足を伸ばしても見たい展示の1つです。

 

まだまだ謎の多い画僧。明誉古磵

明誉 古礀(めいよ こかん、承応2年(1653年) – 享保2年5月23日1717年7月1日))は、日本江戸時代前期から中期にかけて活動した浄土宗僧侶画僧。京都の報恩寺第15代住職。僧名は、澄蓮社明誉虚舟古磵[1]

出典:wikipedia

 

出自出生地についてはまだまだ不明点の多い古磵。

薬師寺の古文書には、古磵が2000点を超える大黒天図を寄進したという事が記されているとか。

奈良との縁が多く、奈良や大和郡山を中心とした社寺に作品が多く残っています。

現在確認できている作品は約300点ほど。

展示の見どころ

展示の見どころはずばり、縦4メートルを超える「薬師浄土曼荼羅図」(1716,薬師寺蔵)

大きすぎて展示ケースに入らなかったとか。

 

大黒天図で一般には知られている事の多い古磵ですが、今回の展示では曼荼羅図涅槃図が充実。

水墨画の軽妙な筆致からは伺い知る事の出来ない、精密な描写力に圧倒されます。

 

もちろん大黒天画を始めとする、ゆるい画風の水墨画や挿絵も充実しています。

「山水図屏風」「七福神図」といった名品もお見逃しなく。

 

この細かな描写、そして色使い。技術にも目を見張りますが、どこか現代に通じるセンス、魅力を持った画僧、古礀

その作品の魅力をぜひ直接見に行ってみてください。

展覧会基本情報

開催地:大和文華館

HP:http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/

開催期間:2017年5月20日(土)~7月2日(日)

休館日:毎週月曜日休館

入館料:一般 930円 高校・大学生 720円 小学・中学生 無料

アクセス:近鉄奈良線「学園前」駅下車徒歩約7分

 

関連記事

Twitterで話題の自動販売機はアート!?木彫りってホント!?

この画像、見たことありませんか? 出典この自動販売機....何か変ですよね?実はこれ、木で作られた木彫作品なんです!!! 自販機で飲み物買おうとしたんだけど… なんか違う pic.twitter.com/nIsFSZe

[コラム]鑑賞者の「アートはよく分からない」旨の感想は、ビジュアル的な要素に魅力を感じないことから発せられた可能性も…

はじめまして、写真家の田尻健二と申します。 この度、縁あってライターを務めさせていただくことになりました。 最初の記事が業界批判のような内容になってしまいましたが、これも生業としておりますカウンセリングという仕事柄、ここに書かれている

【必見】この夏、遠出して見て欲しい!地方で開催される展覧会まとめ

【必見】この夏、遠出して見て欲しい!地方で開催される展覧会まとめこれからやってくる夏、そして夏休み、皆さんの予定はもう決まっていますか?家で趣味に没頭するのも良し。また、普段の生活を離れて海外に行くのも良し。そんな中、たまには美術館に行こう

[コラム]ファインアート?デザインアート?一括りにはできないアートの世界

”アート”はひとくくりにはできない 普通科の高校で運動部、選択授業も音楽、大学もセンター対策と赤本で。そのまま就職…なんて生活を送ってきたら美術大学とは無縁の生活かもしれません。美大の知り合いはいるけど、どんなことを学んでいるのかわからな

ロシアが誇るエルミタージュ美術館が六本木にやってきた!

ロシアのエルミタージュ美術館はご存知ですか?知らない方が多いかと思います。しかし、ロシアを代表する美術館といっても過言ではありません。 このエルミタージュ美術館のコレクションが今、六本木森アーツギャラリーセンターに来ています。&n