2017/06/19
アートコラム/Column

【これは見たい!】尾形光琳と同世代、明誉古磵の没後300年を記念した展覧会が奈良で開催中

【これは見たい!】尾形光琳と同世代、明誉古磵の没後300年を記念した展覧会が奈良で開催中

 

明誉古磵(めいよ・こかん)という画僧の名前を聞いた事はありますか?

知らない人も多いと思います。

明誉古磵(めいよ・こかん)浄土宗の僧侶。

32歳の頃、修行の一環として敬神の意を表し1000体の大黒天を描く事を目標として以来、1680年代後半から約20年間京都で画僧として活動。

海北友松の子、海北友雪狩野益信に師事しました。

 

尾形光琳と同じ時代を生きた、画僧、明誉古磵の没後300年を記念した展覧会が、奈良の大和文華館で先月520日から開催中です。

 

軽妙な筆致で描かれた大黒天図が有名な明誉古磵ですが、

今回はそれだけでなく、本格的な著色仏画社寺縁起絵巻仏教説話版本の挿図など、非常に幅広い画風の作品を展示しています。

没後300年で初めての回顧展という事で、古磵の作品を一同に返した形で見られるのは今回が

隠れた「ゆる絵」画僧がここにも。

白隠慧鶴

仙厓義凡

白隠慧鶴仙厓義凡などは既に、「ゆる絵」や「ポップな日本画」として再評価熱が高まった後ですが、

今回の展示によって、「明誉古磵」再考の熱が高まりそう。

今月、ちょっと足を伸ばしても見たい展示の1つです。

 

まだまだ謎の多い画僧。明誉古磵

明誉 古礀(めいよ こかん、承応2年(1653年) – 享保2年5月23日1717年7月1日))は、日本江戸時代前期から中期にかけて活動した浄土宗僧侶画僧。京都の報恩寺第15代住職。僧名は、澄蓮社明誉虚舟古磵[1]

出典:wikipedia

 

出自出生地についてはまだまだ不明点の多い古磵。

薬師寺の古文書には、古磵が2000点を超える大黒天図を寄進したという事が記されているとか。

奈良との縁が多く、奈良や大和郡山を中心とした社寺に作品が多く残っています。

現在確認できている作品は約300点ほど。

展示の見どころ

展示の見どころはずばり、縦4メートルを超える「薬師浄土曼荼羅図」(1716,薬師寺蔵)

大きすぎて展示ケースに入らなかったとか。

 

大黒天図で一般には知られている事の多い古磵ですが、今回の展示では曼荼羅図涅槃図が充実。

水墨画の軽妙な筆致からは伺い知る事の出来ない、精密な描写力に圧倒されます。

 

もちろん大黒天画を始めとする、ゆるい画風の水墨画や挿絵も充実しています。

「山水図屏風」「七福神図」といった名品もお見逃しなく。

 

この細かな描写、そして色使い。技術にも目を見張りますが、どこか現代に通じるセンス、魅力を持った画僧、古礀

その作品の魅力をぜひ直接見に行ってみてください。

展覧会基本情報

開催地:大和文華館

HP:http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/

開催期間:2017年5月20日(土)~7月2日(日)

休館日:毎週月曜日休館

入館料:一般 930円 高校・大学生 720円 小学・中学生 無料

アクセス:近鉄奈良線「学園前」駅下車徒歩約7分

 

関連記事

[コラム]絵を描いている変人ばかりじゃない!"美大生"の日常に迫る

美大生へのイメージみなさんは、「美大生」と聞いてどういったイメージを持たれますか?絵ばっかり描いている、変な人しかいない...そういった風に思われる方は多いでしょうし、美大に通う筆者自身もそう言われたことが多々あります。 では、実

この夏、ついにバンクシー日本上陸!!グラフィティアートの先駆者 バンクシーをおさらいしよう

  今月の美術手帖のテーマにもなっているグラフィティ 1960年代末のニューヨークで生まれ、世界に広がったグラフィティ文化を代表するひとり、バンクシーがこの夏日本に上陸します 世界中に注目されるバンクシーを見る前に彼につ

何故アートはビジネスとして難しいのか

「父さんな、今日からアート一本で食べていこうと思うんだ」 もし家族にこのように言われたらあなたはどのような反応をしますか? 驚きと同時に生活できるか不安ということも感じるのではないでしょうか。 そもそも論だけど、「絵が上手い=たく

関西4美大!『京都精華大学、京都造形芸術大学、大阪芸術大学、成安造形大学』出身の有名アーティスト

関西4美大!『京都精華大学、京都造形芸術大学、大阪芸術大学、成安造形大学』出身の有名アーティスト “五美大”と聞くと、武蔵野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、女子美術大学、日本大学芸術学部の美術大学5校を思いつくやもしれません

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【武蔵美編】

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【武蔵美編】-若手アーティストが毎日多くの作品を公開しているthisisgallery、今注目のアーティストとは…?今回は武蔵野美術大学のアーティストをご紹介!絵画販売サイトthisis