2017/07/13
ライフスタイル/Lifestyle

動物モチーフの絵画|アニマルアート【ゾウ・キリン・ライオン 編】

動物モチーフの絵画|アニマルアート 【ゾウ・キリン・ライオン 編】

707e7723f5f58ac7dd7f52eb1cfa1309_s

動物モチーフの絵画&アートをご紹介する本シリーズ<第三弾>

今回はゾウ、キリン、ライオン、といったサファリ系の動物がモチーフの作品をご紹介します。

どの動物も、動物園の人気ランキングの上位に上がる動物たちですね。

他の動物と比べても、そのスケール感から食べる、眠る、といった動作がとても絵になります。

「大きな動物を描く」という事は、遠景で描くか、近景で描くか、という事でも見え方が大きく変わってきます。

絵の中で動物のスケール感をどう扱うかという点に描き手の構図のセンスが問われるモチーフです。

用いる画材によってもその動物の見え方、印象が変わってくるので、そういった点についてもぜひ比較しながらご覧ください。

ライオンがモチーフの作品

79982

「LION(ライオン)」TOMOYA

このスケール感、まるで本物みたい!

迫力がありすぎて、子供はちょっと怖がりそう…?

画面いっぱいに描かれたライオンが今にもこちらに飛び出してきそうですね。

色彩もカラフルで、1日の元気をチャージできそうな作品。

迫力満点の作品ですが、ライオンのに注目して見ると、その眼差しはとっても優しいんですよね。

「百獣の王」と言われるライオンならではのスケール感と優しさが見事に表現された一枚です。

43059

「ちいさい動物園〜なかよしライオン〜」KARAGON

変わってこちらは穏やかな表情のライオンさん。

ダンボールの支持体に描かれていて、窓枠状のフレームと、画面上にストライプ状に構成されたダンボールはライオンの檻をイメージして作られています。

檻越しのライオンは二頭ともとても穏やかな表情で癒されます。檻の中に入ってみたくなるような作品ですね。

また、全体的にモノトーンで、どんな部屋にもマッチしそうです。

半立体の絵画なので、時間帯や照明の当て方によっても様々な表情が楽しめそうな一枚。

キリンがモチーフの作品

118969

「見上げる」

118959

「トンネル」

形態、色、どれをとっても絵になるキリンは、逆にセンスが問われるモチーフでもあります。

こちらの作品では、キリンという動物を絵の中で非常にユーモラスに構成し、現実よりもイメージとしてのキリンを大切に描かれています。

画家の、キリンから想像するイメージ像というものがとてもわかりやすい形で表現されていて、見る者に共感を呼ぶ作品です。

ただの幻想的な絵画ではなく、現実を元にしたフィクションを描く、という点がこの絵のポイントです。

ノスタルジーな世界観と、キリンの相性が抜群の一枚。

夢と現実の間を行き来するような作者の制作スタンスにとても魅力を感じます。

110232

「蒼」鈴木千晴

こちらも作者のキリンに対するイメージが大きく反映された作品。

夜の動物園、といった言葉、風景をつい想像してしまいますね。

キリンの哀愁感漂う眼差しにも心を掴まれます。

普段何を考えているか分からない動物ですが、時々見せるこういった表情にとても引き込まれますよね。

動物を通して自分を見ているような感覚になる一枚です。

118736

「キリンさんが笑った」ペインター和

「キリンさんが笑った」

タイトルから様々なイメージが生まれてきますね。

キリンのつぶらな瞳と、へらっと笑った表情がなんとも癒される作品。

水彩の滲みを意識的に使っていたり、下地の白を効果的に使って描かれている点に作者の制作意図を感じます。

キリンの体の模様が背景にも反映されている点も非常に面白いですね。

見れば見るほど引き込まれる要素がたくさん詰まった作品です。

ゾウがモチーフの作品

112837

「夢象(青)」Shizue

のコントラストが美しい、オリエンタルなテイストの作品です。

このまま壁紙や、雑貨として活用できそうな一枚。

お鼻尻尾でコミュニケーションする2匹のゾウがとても可愛らしく描かれており、パターンアートに止まらない、絵の物語性を生み出しています。

何気に背中に乗っている絨毯の模様が違ったり、細かい点に気づくと絵の面白さがもっとUPしますね。

2匹のゾウをあえてこのように配置する事によって、静止画なのに、まるでアニメーションのワンシーンのような動きのある作品に仕上がっています。

91631

「ゾウ。」TOMOYA

ゾウのスケール感と、ゆったりとした動きが見事に再現された一枚です。

ゾウがゆっくりこちらに歩いてくる足音が聞こえてきそうですね。

全体的にカラフルに描かれている一方で、唯一、白一色で描かれている牙が、一際存在感を放ち、画面に遠近感を効果的に生み出しています。

耳の部分の荒々しい、子供の落書きのような描き方が見ていて心地良いですね。

全体的なゾウのフォルムを楽しむと同時に、部分的な絵の具のテクスチャを楽しめる作品です。

http-::www.art-meter.com:works:?ID=AW114605

「むかしのさかな(1/10)」服部奈々子

こちらはもっとユーモアのある作品。

ゾウと魚、作者は一体この2つをどうして同じ画面に描こうと思ったのか非常に気になります。

絵を見てもゾウと魚がどういう関係にあるのか、全くヒントが無いんですよね。

「謎掛け」的な構図はまるで私たちを試しているようにも捉えられます。

樹木地面の描き方も特徴的で、自然と絵の中にヒントを求めてしまいますが、答えは私たちの頭の中にしかありません

ユーモアに溢れたアートならではの魅力を持った作品です。

まとめ

動物モチーフの絵画&アート特集、今回はサバンナの動物をpickupしました。

いかがでしたでしょうか?

普段動物園などで目にする姿とはまた違った魅力を発見できる作品ばかりでしたね。

なんとなく「こういうイメージ、分かる!」と共感できる作品が多かったのでは無いでしょうか。

カラフルな作品も多く、スケールの大きい作品には元気をもらえそうですね。

リビングや寝室に飾って、絵の動物から1日の元気をもらうという生活も素敵だな、と思います。

次回はどんな動物が登場するのか?乞うご期待。

 

動物モチーフの絵画&アート①【犬・猫 編】はこちらの記事をCheck!↓

動物モチーフの絵画&アート②【鳥・魚 編】はこちらの記事をCheck!↓

最新の作品情報については公式ホームページをCheck!

intro_topimg

インテリアに,プレゼントに,お祝いに絵を選ぼう | ART-Meter:絵画の測り売りサイト

関連記事

ネットでインテリアアートをオーダーメイドできる?thisisgallery

ネットでインテリアアートをオーダーメイドできる?thisisgallery「お部屋の雰囲気を変えるようなアートが欲しい」そう思って探していても、イメージ通りのアートが見つからなかったり、理想のサイズと違ったり、そういった理由で購入を諦めてし

生命の神秘!「アルビノ」の正体とは…

そもそもアルビノって何?アルビノって聞いたことあるけど、具体的にはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子

パティシエの本気。ウェディングケーキのクオリティがとんでもないことになっている件

ジューンブライドにはまだ早いですが...... 『パティシエ』の作るウェディングケーキ Photo credit: Froschmann : かえるおとこ via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND パティシエと

おしゃれすぎる!?スタバの「オファリングボード」を楽しもう!

スターバックスでおなじみ!オファリングボードの魅力 オファリングボード、その名前にはピンとこなくても、次のような看板を見たことある方は多いのではないでしょうか。 pic.twitter.com/nFnxnuEk — mito (@

10年間「紙ナプキン」に絵を描き続けたお母さん。そのクオリティが高すぎると話題に!

 Daily Napkinsとはいったい......?子供の喜ぶ顔、お母さんお父さんなら見たいですよねPhoto via Visualhuntお子さんがいらっしゃる方は、子供が喜ぶ顔を見たい、と思うのが当然。しかしどうやって喜ばすかは人それ