2017/07/31
ライフスタイル/Lifestyle

お部屋でリゾート気分を味わうインテリア絵画|風景画特集

お部屋でリゾート気分を味わうインテリア絵画|風景画特集

12ab2a1ac2ba368ff78aff944af65303_s

季節は夏真っ盛り。

皆さんこの夏はどんな予定を立てていますか?

もうバカンス中の方も多いかも知れません。

夏といえば花火、海水浴、お祭り、夏フェス、など、イベント盛りだくさんの季節ですね。

この夏のスケジュールは予定でいっぱい!という方も、仕事で夏休みがほとんどない、、というあなたも。

今回はお家でバカンス気分が味わえるような、ビーチ、海外バカンス、リゾートホテル、渓流といった、夏ならではの風景を描いた風景画作品をご紹介します。

ひとえに夏、バカンス、と言っても、その世界観は様々。

様々な画家が描き出す、夏の風景画をご堪能ください。

ビーチ、パラソル、ネオンサイン…ハワイでリゾート気分を味わう風景画

111901 (1)

「Moku & Moku(2/10)」Ka-Zu

116037

「Camel2/10」Ka-Zu

CDのジャケットにありそうなこちらの2枚。

1枚目はラニカイビーチの風景を描いた風景画。

2枚目はお店のネオンサインを描いた作品。

夜空に浮かぶ星々と、ネオンサインの幻想的な光が対照的に描かれています。

大自然と現代的な文化がマッチした、ハワイならではの風景ではないでしょうか。

どちらも夏のバカンス気分を味わえる、お洒落な大人の雰囲気の作品です。

リゾートホテルの一風景を描いた風景画

107039

「PALACE HOTEL(1/50)」chizuru

リゾートホテルのテラスから、全体を眺める構図で描かれた作品。

テラスの高級感漂う柱越しに望む、開放的な空間とバカンスを楽しむ人々がユーモアを交えて描かれています。

思い思いに夏のひと時を過ごす人々の姿に癒されますね。

全体的にクリーム、アイボリーの色調で描かれている点にも、リゾートらしさを感じます。

まるで自分がリゾートホテルのテラスにいるような、そんな感覚に陥る作品です。

ヴェネツィアでバカンス気分を味わう風景画

115276

「ヴェネツィア・ブラーノ島」syoumei

119855 (1)

「ゴンドラ5」syoumei

115021

「ヴェネツィアの夕日」syoumei

水の都、ヴェネツィアの風景を描いたこちらの3作品

強い日差しの照りつける街路路。水面に漂うゴンドラ。一日の終わりを告げる夕日

どれも海外旅行で忘れられない印象的な風景を切り取った作品です。

異国の地ならではの、日本とは違った風景、空気感の魅力が透明水彩によって軽快に描かれていて、暑い夏の盛りから、一夏の終わりを告げるような、そんな作品たちですね。

ヴェネツィアに行った事のある方にも、ご納得頂ける作品ではないでしょうか。

「夏らしい」風景を描いた印象派絵画

112517

「海と山と空と」lotus

106511

「渓流」lotus

モネを彷彿とさせるような印象派絵画

筆の筆致を生かした大胆な描き方、絵の具の荒々しいタッチ、豪快さに夏らしさを感じます。

一見大胆なようで、細部に目をやると、描き方にところどころ緩急があるのがお分り頂けると思います。

海岸の手前にある白い花や、渓流の波の描き方にもぜひ注目して欲しい作品です。

納涼感のある湖、海を描いた風景画

120601

「緑と青の眺め」清水 恵

117053

「朝焼けの海」清水 恵

静かな湖畔と、朝焼けの海を描いた風景画。

どちらも静かに水の音が聞こえてきそうな、静寂の雰囲気を湛えた作品です。

夏を精一杯楽しんだ後は、心を鎮めて水面を眺める。そんな時間も過ごしたいですね。

夏の終わりを告げるとともに、納涼感を感じられる2作品

初夏の風を感じるリラックス絵画

58525

「遊覧ボーイズの休息」sommeil

120264

「初夏の森」sommeil

こちらも夏ならではの風を感じつつ、心が落ち着くような風景画2作品

仕事が空いたのか、手持ち無沙汰な様子の遊覧船のボーイたち。

静かに湖畔を見つめる対岸の人物。

登場人物の心境に自然とイメージが膨らみます。

一見、普通の写真を模写して描かれた写実絵画のようにも見えますが、時が一瞬止まったような、画家ならではの風景の切り取り方、構図にアイロニーを感じる、センスある作品です。

まとめ

夏のバカンス気分を楽しむ。そんなイメージから今回は12作品ご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

リゾート、バカンス、と言うとホテルに飾られているような絵画を想像される方も多いかも知れませんが、調べてみると意外と違和感なく自宅に飾れる作品も多く、絵でバカンス気分を演出することで、短い休日、休憩の時間にも、一瞬だけ現実を忘れて絵の中の世界に思いを馳せることができ、効果的に気分をリセットできます。

この夏、みなさんはどんな時間を過ごしたいですか?

理想の夏のイメージに合った作品を、みなさんもぜひ探してみてくださいね。

関連記事

新入生必見?美大生のカバン事情とはいかに

これさえあれば大丈夫かもしれない。美大生の持ち物。 https://twitter.com/oka_gin0409/status/650839403850436608 そろそろ4月。この春から美大生!という方も多いのではないでしょうか。

自然が生んだ奇跡!ウユニ塩湖の絶景

ウユニ塩湖ってどんな場所??そもそもウユニ塩湖とはボリビア中央西部のアルティプラーノにある最大の塩湖です。面積は1万2千平方kmもあり、なんと秋田県と同じくらいの広さです。その中でも特に12月~3月の雨季の時期に訪れる『鏡張り』は、世界の絶

“ちょうどいいアート”を紹介するギャラリー東京都目黒区「Picaresque(ピカレスク)」への訪問記

  アートギャラリー「Picaresque(ピカレスク)」   (著者撮影による、ギャラリー外観。ナイスな表情をしたオブジェたちがずらり)東京都目黒区にあるアートギャラリー「Picaresque(ピカレスク)」では、花瓶やポストカ

ムサビ生がみんなに言いたい、武蔵野美術大学のイイトコロ

武蔵美生になってわかる武蔵美の魅力 日本を代表する美術大学のひとつである武蔵野美術大学。そんな武蔵美に通って2年の筆者(わたし)が、通ってわかった「武蔵美サイコー」って思えるところをいくつかご紹介いたします。   空きコマは

『朝倉宝石珊瑚店』を要チェック!珊瑚のアクセサリーを大切な人へのプレゼントに

皆さんは『珊瑚』と聞くとどういったイメージを持たれますか? Photo credit: toshi.panda via Visual hunt / CC BY-NC-SA 珊瑚、そう聞くと夏の海を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか