2017/09/06
カルチャー/Culture

一点物のアートを選ぶべき理由!|インテリアに絵を飾る

一点物のアートを選ぶべき理由!|インテリアに絵を飾る

インテリア 絵 飾る
普段、あなたはどんな基準で絵を選びますか?

部屋のインテリア、もしくはお店の内装として絵を飾る、
といった場合、あなたはどんな基準で絵を選びますか?

第一に価格の事を考えてしまいますが、安さを重視してしまうと、
どうしてもポスターや複製画、といったコピー商品を選んでしまいがち。
もちろんプリント作品でも、オリジナルの良さを最大限再現できるよう、高度な印刷技術が使われている物もあります。

絵画 インテリア 飾る
出典

手軽にインテリアを楽しむなら
IKEAのポスターで十分。

その意見にも頷ける点はあります。
しかし、せっかく絵を買うならやはり

一点物を
作家から直に

買いたいもの。
美術館で絵を見るとわかると思うのですが
絵の良さってやっぱり、

絵画 インテリア 飾る
出典

本物を前にしないとわからない

んですよね。
奈良美智の絵を、図録やスマホの画面で見て、
いくら「良いなー」と思っていても、

オリジナルを前にした時の感動とは、比べ物にならないわけです。

今、奈良美智の絵を買おうとすると、とんでもない額の大金が必要です。
それこそ手の届かない存在
しかし、現在有名になっている作家にも、不遇の時代、下積み時代というものが必ずあります。
その当時から彼の絵を気に入って、買い集めていた人がいます。
その作品が、今何十倍、何百倍もの価値で売れるんです。
そんな事、一体誰が想像したでしょうか。

一点物の絵画を、有名になる前に、作家から直に手に入れられるなら、その方がすごくないですか?

絵画 インテリア 飾る

インターネットの普及によって個々の作家、クリエイターとの交流はより簡単になりつつあります。
SNSを通して自分の好きな作家さん、画家さんを探すのも容易な時代になりました。
しかし、絵を見る人が増えている一方で、絵を買う人は依然として増えていません。
絵を部屋に飾る事の敷居がまだまだ高いようにも思えます。

こんなに情報が豊富な時代なのに、それを活用しない手はないのではないでしょうか。
昔ならギャラリーを一個一個歩いて探さなければならなかった絵画が、今、ネットで簡単に手に入る時代が来ています。

生涯絵が一枚しか売れなかったゴッホのような画家も、あなたの手で発掘する事ができるのです。

そんな訳で、今回はコピー・複製ではなく、
一点物の絵画を買うメリットや、探し方をご紹介します。
美術投資や、アーティスト支援を考えている方も参考になさってみてくださいね。

目次
一点物の絵画・アートを選ぶメリット
(1)コピーにはない、オリジナルとしての価値
(2)<美術投資>資産としての価値
(3)作家から直接買う。アーティスト支援
一点物の絵画・アートを探す方法
(1)ネットやSNSを最大限に活用する
(2)<重要>本物を見る、触れる

一点物の絵画・アートを選ぶメリット

(1)コピーにはない、オリジナルとしての価値

絵画 インテリア 飾る

よく、美術館の展覧会の会場を出た後で、複製画の販売ブーを見かけます。
本物を見たあとはやはり
複製画でも良いから欲しい…!
という気持ちが少なからず芽生えるものです。

でも、複製画だからと言って、安い訳ではないんですよね。
ミュシャのリトグラフでも安くて1万円前後、

インテリア 絵画 飾る
出典

絵画 インテリア 飾る
出典

ゴッホのちゃんとした複製画を買おうと思うと5万円は下りません。
もちろん元の絵が素晴らしいのは確かですが、
買うかと言われれば…
ポストカードやグッズを買って帰るのが関の山。といったパターンの方も多いのではないでしょうか。

もちろん同じ値段なら、オリジナルでも良い物が買えます。
複製画を買う時の目的、メリットって、大体以下のような物ではないでしょうか。

・画家の絶対的な知名度
・作品の認知度、安定した社会評価
・原寸大の名画を自宅で楽しめる

自宅で飾ってても、

「あ、これモネの睡蓮ですね。美しいですね」

って確実に人から褒められる、言わば安定コースなんですよね。
これ、どことなく、バブル期のラッセンブームと似たものを感じませんか?

社会的に評価されていて、すでに「優良商品」の札がかかっているものに価値があるのは当然です。
だから高いんです。

インテリア 絵画 飾る
出典

同じ複製画を飾るなら、
アンディー・ウォーホルのキャンベル缶を飾った方がまだ、美術知ってる人って感じがしませんか?

家に本物の絵を飾りたいなら、その作家が本当に若い時から買わなければ、安く買うチャンスはないんです。
その作品の画家が有名になれば、
それこそ一生物の価値です。

そうでなくても、絵はやはり本物に触れてこそ意味があるもの。
大量生産、大量消費が当たり前の現代、画家が有名になるかならないかに関係なく、
一点物にしかない価値が再評価される時代が来ています。

(2)<美術投資>資産としての価値

出典

前の項でも少し触れましたが、オリジナルの絵画作品には当然、資産としての価値が生まれます。
わかりやすく評価額を知りたい場合は、以下のような物を参考にしてみましょう。

『美術年鑑』-美術年鑑社

毎年刊行される『美術年鑑』には、日本画・洋画・彫刻・工芸・書などの分野ごとに、作家の住所・所属・受賞歴とその作品の評価額(日本画・洋画なら一号あたり)が記載されています。
評価額は、経験・展覧会回数・公募展出品経験、回数の他、実際に美術年鑑社の方が作品を見た評価により決められます。
しかし、アマチュアでも一口2万円〜掲載が可能な美術年鑑。
適正な評価額か、と言われれば難しいところです。
あくまで参考程度に読むのをおすすめします。

アメリカのクリスティーズや、サザビーズといったオークションでは一作品何億円というありえない額で作品が売買されていますが、
日本でも近年徐々にアートオークションへの注目が高まっています。
村上隆、草間彌生、奈良美智といった、海外でも注目される日本の現代アーティストも増えている現在、

絵を買う=その作家の未来への投資

という視点を持って作品を選ぶ事も重要だと思います。

(3)作家から直接買う。アーティスト支援

複製画には絶対できない事。それは

作家から直接買う

という事です。その作品を

絵画 投資 美術

どんな人が描いているのか、どんな思いで描いているのか。

考えた事はありますか?
美術館で絵を見るとき、絶対考えますよね。
本人の口から聞けたら、もっと良くないですか?

絵を売る画商、キュレーターといった専門家に聞くのも正しいですが、
絵を作家から直接買う、という事は、そういったチャンスももちろんある訳です。
既に画家が死んでしまっている絵にそれはできません。

絵を買う事で、それが

「一生絵を描いて生きていきたい」

と考えている若者の支援になるなら、その絵を買う意味もより深くなるのではないでしょうか。

一点物の絵画・アートを探す方法

(1)ネットやSNSを最大限に活用する

ネットが当たり前の現代、プロ・アマ問わず登録できる絵画販売サイトや、ハンドメイド雑貨の販売サイトに出品したり、独自の販売サイト立ち上げている作家が多くいます。

twitter、facebook、InstagramといったSNSから探す事も可能です。
その作家の作品だけでなく、思想や生活スタイルが知れるのは、
今後、絵を選ぶ上で、新しいポイントになるのではないでしょうか。

ライフスタイルや趣味志向が多様化する社会で、自分の評価軸で絵を選ぶには、
あらゆる方面からアートのトレンドや、若手作家をチェックしておくのも重要です。
一点物の絵画がネットで買えるサイトには以下のようなものがあります。

↓一点物の絵が買える絵画通販サイトはこちら↓

@TAGBOAT (タグボート)

絵画 インテリア 買う

WALLS TOKYO(ウォールズトーキョー)

screenshot-www.walls-tokyo.com-2017-09-06-00-03-08

thisisgallery (ディスイズギャラリー)

絵画 通販 サイト

ART-Meter(アートメーター)

絵画 通販 サイト

(2)<重要>本物を見る、触れる

ネットやスマホから気になる作品が見つかったら、その作家の絵が見れる場所をチェックして、
必ず本物を見に行きましょう。
作品の詳細なディテールや、画家の才能は、本物を目にしないと当然わかりません。
ネットでしか販売していない作家なら、作品を一つ買ってみる、というのも一つの手です。

オリジナルの作品を見て、より良さを感じる作品なら、それがあなたにとって特別な一枚、特別な作家であることに変わりはありません。
SNS等で個展の開催情報や、受賞歴などもチェックしてみてください。
努力が実っている作家も、そうでない作家も、今後の新作や展開を待つのもコレクターの楽しみの一つ。

インテリアに絵を、と考えている人も、
せっかく買うなら作家に投資するつもりで、
コレクター的な観点から絵を選ぶ、という選択肢を視野に入れてみてくださいね。

番外編:アートをもっと知りたい!なら

アートをもっと知りたい人のために、
現代アート<入門編>のおすすめ記事をご紹介します。

現代アート マルセルデュシャン

>現代アートを楽しむために!知っておきたいアーティスト40人

現代アートを見るなら知っておきたいアーティストを徹底解説!
なんですごいの?どんな作品なの?といった素朴な疑問も解消します。

都内 アート 美術館

>一度は訪れたい!国内外の有名美術館40選

観光スポットとしても注目が集まる美術館。
まだ行ったことがない美術館、一度は必ず訪れたい美術館をご紹介!

関連記事

損害は3000万円超! バーチャル戦争『B-R5RBの大虐殺』

(現実では)犠牲者は0人 Photo via VisualHunt 耳触りのよくないものになってしまうが、『戦争』という単語について、”人が死ぬ”イメージは恐らくひろく一般の人々が連想しうる事柄であろう。しかし、過去に人類は死人を出

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!

今年の夏はフォトジェニックな現代アートを楽しもう!FacebookやtwitterよりもInstagramを利用している人が多い昨今。テレビでもフォトジェニックな写真の撮り方などが紹介されていますが、 あなたは普段どんな写真をイン

『ファイナルファンタジー』『ガッチャマン』で有名な天野喜孝展、見に行かないとぜっっったいに損です

圧巻!『ファイナルファンタジー』『ガッチャマン』の天野喜孝氏の作品展が有楽町で開催中ファイナルファンタジーシリーズやタイムボカンシリーズのキャラクターデザインで知られ、最近では24時間テレビのTシャツデザインも手がけた天野喜孝氏。多方面で活

あの聖徳太子が建てた?世界文化遺産「法隆寺地域の仏教建造物」

日本が誇る世界文化遺産!法隆寺 皆さんも観光や修学旅行で奈良の法隆寺を訪れたことがあるのではないでしょうか? Photo credit: CTG/SF via Visual hunt / CC BY-NC 世界文化遺産としては正式には

鉄工所がオープンアクセス型のアートファクトリーに 目標金額突破済みのクラウドファンディングプロジェクト『BUCKLE KOBO』

2016年4月現在、コレクター募集中 国内向けクラウドファンディングサービス「Motion Gallery」にて、既に58人のコレクターによって目標金額200万円を突破したプロジェクトがある。『BUCKLE KOBO』と名付けられたそのプ