2017/09/13
アートコラム/Column

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【多摩美編】

美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【多摩美編】

絵画 通販 サイト-若手アーティストが毎日多くの作品を公開しているthisisgallery、今注目のアーティストとは…?
今回は多摩美術大学のアーティストをご紹介!

絵画販売サイトthisisgallery
ここにはたくさんの美大生・藝大生や、そのOB・OGが所属しています。
今回は、そんな未来の金の卵たちの中から、
特に今注目のアーティストをご紹介。

絵画 インテリア 飾る

今回は【多摩美編】という事で、多摩美術大学出身のアーティストを紹介します。

彼らの新作をいち早くチェックできるのはthisisgalleryだけ!
未来ある若手アーティスト
の作品をいち早く手に入れて、彼らを応援しませんか?

mimimi

絵の具の滲みやぼかしの表現を使ったドローイングを主に発表しているアーティスト、mimimi
墨を用いて偶然性を生かしたこれらのドローイングからは、昔の水墨画を見ているような感覚だけでなく、モダンな雰囲気すら感じます。

多摩美術大学 美大生 絵
珊瑚」/mimimi

image-1839
見つめる」/mimimi

作家のメッセージ

描きたい衝動、を大切に。ひとつの絵柄にこだわらず、いろんな自分を見つけていきたい。楽しい時も泣きたい時も自分を見失っていても絵は描ける。一瞬の自分の感情をダイレクトに、ストレートにだす。過去の自分には戻れないから。そして見てくれる人を大切に、いつまでも眺めていたくなるような作品を描きたい。

>mimimi さんの作品をもっと見る 作品ページはこちら

黒川真知子

をモチーフにした重層的なモノクロ調のコラージュ作品を発表している黒川真知子 さん。
一見ポップでありながら、人の表情や、古い新聞を連想させるような色調からは、シックな印象も感じます。
多方向から人の形を探るような背景の多様なテクスチャーが面白い作品です。

多摩美術大学 美大生 絵
I say “no”」/黒川真知子

image-11461
angst」/黒川真知子

経歴

1989年 栃木県生まれ
2013年 多摩美術大学美術学部絵画専攻 版画専攻卒業
2015年 ”good-bye quarter”(個展)

 作家のメッセージ

幼い頃から絵を描く事が好きでしたが、作品にメッセージ性を込め出したのは中学3年生頃からでした。大学生の頃は純粋に絵を描くこと、素材を研究することを楽しんでおりましたが、卒業し、人生経験を人並みに詰んだ現在、メッセージを作品に込めることをまた楽しく思っています。ことばや音がなくても、誰かを励ましたり感動させたりすることができる。展示やSNSで作品をご覧になってくださった皆さんの感想からそのようなことを感じています。アーティスト活動をする際、決して美術知識のある人だけではなく、ただ絵が好き、という方たちにも楽しんでいただける場をつくっていきたいと思っております。

 

加藤美穂

匿名性や、そこに現れる人間の本性をテーマに制作しているアーティスト、加藤美穂さん。
暗い色調でホラーな印象もありますが、彼女の制作テーマに対するストレートな表現として、人の奥深さや不透明さを感じる作品です。

多摩美術大学 美大生 絵
其処に身体性は必要か」/加藤 美穂

07041539_55977f90ac82e
匿名」/加藤 美穂

経歴

1994年 静岡県三島市生まれ
2013年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 入学

主な展示

2015年 アート名店街HANDS展「影」 
静岡県 「こだわりの人物」展 ゆう画廊 
東京都 「DAPPI」展 沼津信用金庫本店ぬましんストリートギャラリー 
静岡県 「ポートフォリオ」展 世田谷美術館区民ギャラリー 
東京都 2014年 「何でもなかった日」展 
多摩美術大学  「YARIBI」展 
多摩美術大学  「COLORS」スーパーアルプスたまびば 
東京都   二人展 個展bar art 
多摩美術大学 「無色のラブレター」展
東京都 HANDS展vol.14「顔」 

受賞歴

2013年 芸術祭賞 沼津市芸術祭
2014年 マツダ油絵具賞 五美大交流展
2014 教育長賞 沼津市芸術祭

>加藤 美穂 さんの作品をもっと見る 作品ページはこちら

西村卓

伝統技法の寄木といわれる手法を用いながら現代美術的なアプローチを続けるアーティスト、西村  卓さん。
多摩美を卒業後も勢力的に作家活動を行なっています。
木のブロックを組み合わせるスタイルの作品を多く発表してきましたが、近年では楕円といった球体も作品の一部に取り入れられるようになりました。
今後の作品にも大注目の作家さんです。

多摩美術大学 美大生 絵
Here」/西村 卓

image-1269
DREAMS-時空旅行-」/西村 卓

経歴

1990年 岐阜県に生まれる
2010年 多摩美術大学入学
2014年 多摩美術大学大学院入学
2016年 多摩美術大学修了

主な展示

2010年 
温度展(グループ展、多摩美彫刻棟ギャラリー)

2011年 
20 展(グループ展、ギャラリーカフェアルル、多摩境)

2012年 
てんてんはんそく展(グループ展、多摩美彫刻棟ギャラリー)

2013年 
二科展入選(新国立美術館)
木彫シンポジウム「彫刻村 IN GUJOU」参加
西村 卓 個展「Fighting Dreamer」(個展、ギャラリー 木の萌 、岐阜県可児市)

2014年 
Gyeongnam International Art Fair 2014(韓国)
美術文化展 新人努力賞(東京都美術館、愛知県美術館)
木彫シンポジウム「彫刻村 IN GUJOU」参加
個展 DREAMS 西村 卓 展 (ギャラリィ K 京橋)

2015年 
brilliant wimg 18 展 ( アートコンプレックスセンター 四谷 )
個展 西村 卓 展(ギャラリーはじめ 狛江)
美術文化展 努力賞(東京都美術館)
ひと・ヒト・人・ひとりというグループ展(ギャラリィ K)
西村卓×宮下怜「natural high」(ギャラリー檜BC)

2016年
西村卓 石原由唯「Now Loading…」(ギャラリー檜BC)
三人展「コモンセンス」(ギャラリィK)
個展(ギャラリーカフェアルル。)

2017年
日本コラージュ展(ギャラリィK)
新世代への視点2017 西村卓展-ここ-(ギャラリィK)
西村卓×須佐美彩「いるかいないかわかんないけどたぶんいるとおもう」(飯島商店)

>西村 卓さんの作品をもっと見る 作品ページはこちら

ポップでカラフルなイラスト作品を発表するアーティスト、 さん。
作品の部分部分がどこも魅力的な、見ていて飽きない作品です。
CGデザインやアニメーションの仕事に関わっていた事もあってか、どこか音楽、映像的な要素も感じます。

多摩美術大学 美大生 絵
さんにんぐみ」/先

経歴

1983年 東京生まれ
2006年 多摩美術大学絵画学科卒
2011年 株式会社NHKアートに入社。 以降VFX、CGデザイン、MV、アニメーション制作等の仕事の傍ら、LIVEPAINT、壁画制作等の活動や東京江東区でシェアアトリエ業を始める。
2014年 埼玉県所沢市に住居を移し、2015年現在百貨店の装飾物のデザイナーとして企業に勤務しながら個人名義の作品制作を続ける。

受賞歴

2004年 トーキョーワンダーウォール公募

主な展示

2007年 NHKデジタルアートフェスティバル東京
2008年 KITA!! ~Japanese artist meets Indonesia~@Jogja National Museum
2010年 コンパンチタ@artschiyoda3331 など

>先 さんの作品をもっと見る 作品ページはこちら

番外編①
美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【武蔵美編】

thisisgalleryなら美大生の絵がいち早くGETできる!??
武蔵野美術大学出身の注目アーティストをご紹介中!!今すぐチェック!!

MusashinoArtUniversity (1)

>美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【武蔵美編】

番外編②
美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティスト【藝大生編】

thisisgalleryなら美大生の絵がいち早くGETできる!??
東京芸大出身の注目アーティストをご紹介中!!今すぐチェック!!

東京芸大 藝大生 絵

>美大生の絵が買える!5美大で今注目のアーティストを紹介【藝大生編】

関連記事

【必見】この夏、遠出して見て欲しい!地方で開催される展覧会まとめ

【必見】この夏、遠出して見て欲しい!地方で開催される展覧会まとめこれからやってくる夏、そして夏休み、皆さんの予定はもう決まっていますか?家で趣味に没頭するのも良し。また、普段の生活を離れて海外に行くのも良し。そんな中、たまには美術館に行こう

何故アートはビジネスとして難しいのか

「父さんな、今日からアート一本で食べていこうと思うんだ」 もし家族にこのように言われたらあなたはどのような反応をしますか? 驚きと同時に生活できるか不安ということも感じるのではないでしょうか。 そもそも論だけど、「絵が上手い=たく

この夏、ついにバンクシー日本上陸!!グラフィティアートの先駆者 バンクシーをおさらいしよう

  今月の美術手帖のテーマにもなっているグラフィティ 1960年代末のニューヨークで生まれ、世界に広がったグラフィティ文化を代表するひとり、バンクシーがこの夏日本に上陸します 世界中に注目されるバンクシーを見る前に彼につ

金沢芸術工芸大学出身の有名アーティスト

金沢芸術工芸大学出身の有名アーティスト「金沢美大」、「金美(かなび)」といった愛称で親しまれている金沢美術工芸大学。国公立芸術大学とは異なり、1専攻1学年あたりの学生数が15〜25人、全学生数も600〜700人程度と人数の規模は非常に少ない

[コラム]美大を目指す上で必要なモノ

今回は美大の話 Photo via VisualHunt.com 今回は趣向を変えて、僕が現在通っている美術系大学の事についてのお話をしたいと思います。美術大学はその名の通り美術を学ぶ学校なわけですから、日本全国からアーティスト、デ