2016/02/22
アート/Art

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ローマ美術~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズで扱う内容は『ローマ美術』です。

ローマ美術

ローマ美術とは、古代ローマ帝国の美術であり、時間的には共和制末期とコンスタンティヌス1世以前の帝政期の美術を指します。空間的には地中海地域(アフリカ北岸も含む)とライン以西の欧州、ユーフラテス以西の近東地域での美術です。
ローマ帝国の主流となった美術は、作者が主としてギリシャ人であったので、ヘレニズム美術の延長となりました。彫刻と絵画の領域では、古典期~ヘレニズム期のギリシャ美術を古典・典範とする見方が主流であり、模倣的な傾向が強いです。ルネサンスに大きな影響を与えました。

ローマ建築

『ポルトゥヌス神殿』 ローマ

image via wikipedia

ローマ美術が最も偉大な革新を行ったのは建築の分野です。ローマ帝国は広大な領域に拡がり、多くの都市をその支配下に置いたこともあり、コンクリートの使用を含めた大規模な都市建設の方法を発展させました。パンテオンやコロッセウムのような巨大な建築物は従来の素材や方法では決して建設することができませんでした。コンクリートは約千年前に近東で発明されており、ローマ人はコンクリートの強度と経済性を生かして、城塞建設だけでなく、彼等の最も偉大な建物やモニュメントの建設にコンクリートを活用しました。

『インスラ(多層型共同住宅)』 オスティア

image via wikipedia

ローマ帝国の領土が最大となり、ローマの美術がその栄光の絶頂にあったのはトラヤヌス帝(在位:98-117年)からハドリアヌス帝(在位:117-138年)の治世にかけてでした。その栄光はモニュメント、集会場、庭園、水道橋、浴場、宮殿、パビリオン、サルコファガス、神殿などの大規模な建築プログラムによるもので、アーチ、コンクリート、ドームなどの建築技術の使用によりヴォールト天井の建築が可能となり、そのことが宮殿や公共浴場、バシリカを含む帝国の黄金時代を飾る公共建築を可能としました。

 

 

関連記事

0から学ぶ西洋美術史 ~盛期イタリア・ルネサンス編~

0から学ぶ西洋美術史~盛期イタリアルネンス編~16世紀になると、西洋美術史三大巨匠レオナルド・ダビンチ、ラファエロ、ミケランジェロが活躍した時代が到達します。そう、盛期ルネサンス期と呼ばれる時代です。 スーパースターである彼らが芸術家とし

0から学ぶ西洋美術史 〜ロココ美術編〜

イアサント・リゴー作「ルイ14世の肖像」 ルイ14世が支配する17世紀のフランスは西欧の中心的国家でした。しかし、1715年に彼が他界すると絶対王政にも陰りが見え、フランスでは貴族の勢力が台頭するようになります。貴族の台頭と共に発

ファンが選んだ!草間彌生のアート作品20選

フォトジェニックな草間彌生のアート作品を見に行こう このかぼちゃ、誰の作品かご存知ですか? 既に知っている方も多いはず、作品の作者は日本の現代アートを代表するアーティスト、草間彌生です。 草間彌生のアートはとにかく

穴場スポット♡あの有名ファッションブランドの最上階でアートに触れよう!

皆さんは、ファッションブランドが展開するアートギャラリーの存在をご存じでしょうか。ファッションブランドとアートの関係は深く、PVやシーズンごとのビジュアルに最先端の技術が使われていたり、有名なアーティストが携わっていたり...。商品のコンセ

あなたは気をつけていますか?ネットでアートを売る際の「写真」の見せ方

アートをオンラインで販売する、そんな時代 Photo via Visual hunt 様々なものをオンラインで購入できるこの時代。多くの方はAmazonや楽天市場で商品を買った経験があるかと思います。そんな時皆さんが購入を決断する