2016/03/04

インテリア絵画グッズ展示有名画家   
   News    

日本と海外の美術教育の違いとは…?

Photo via Visualhunt

日本と海外における美術教育はどういった違いがあるのでしょうか。よく耳にすることはあっても、なかなか実際に何がどう違うのかわからない方も多いかと思います、今回はその違いに迫ります。

 

石膏の描き方から分かる学校の考え方

Photo credit: Crystalline Radical via Visual Hunt / CC BY

石膏像をモチーフにする事は美術を教える場ではよくあることですが日本と海外では描く際に意識が違うとされています。

日本では1枚のものをしっかり仕上げ、作品とする事を講師などに勧められます。それが授業においての評価になるわけですから勧められるのも当たり前といえます。
石膏像にしても全体像が把握できるような構図や書き込みが求められます。

一方で、海外では1枚に複数の石膏像を描いたりある部分だけを描いたりするなど
日本ではほぼありえない事が多くあります。これはあくまで練習の場としての学校という意識がしっかりと生徒やそれを見る講師に根付いているからなのです。
日本のように作品を仕上げるかどうかはあくまでも生徒の自由であり講師も理解しようとする場が海外では出来ているのです。そういった方針は注目され生徒の自主性や成長性を高めると言われています。

カリキュラムがない?

そもそも海外の美術教育ではカリキュラムが決まってないことがあったり、先生は見に来るだけ、といったこともあります。しかし先ほど述べた自主性が日頃から鍛えられているので何も言わなくても生徒達は自ら学ぶべき作業を行えるわけです。

 

才能秘めた若いアーティストを、あなたが見つけだす

まだ世に知られていない若いアーティストに目をつけ、後にアーティストが有名になった時に感じる喜びは大きいもの。

芸大生や若い才能秘めたアーティストが活躍するプラットフォーム、

それが日本最大級のアートのオンラインギャラリー「This is gallery

一万人以上の作家が登録しており、作品数も充実。

前衛的な作品から日本画まで、様々なジャンルの芸術作品が掲載されています。

最低1,000円から、ご自宅のインテリアに、オフィスに最適な作品が手軽に手に入ります。

\ PICK UP WORKS /

 

日本と海外、美術の専門学校で学べることの違い

Photo credit: kenjisekine via Visual hunt / CC BY-NC-ND

美術大学といったアーティストになるために学ぶべき場所でもその教育方法は違います。まず日本ではデッサン、着色といった描く技術を順番に学ぶことで4年間使う大学が多いです。1年目は静物を描き、2年目に人物を描くといった段階を踏むのが定番となりつつあります、もちろんこれ自体は悪いことではありません。技術を学ぶために時間を掛けるのは正しいことだと思います。
近年では多数の分野から選択して学べるといった自由な人材育成を
掲げる学校もあります、そのため語学といったものはあくまで最低限であり
入試内容でも専門的な学校ほど絵に関する実技が多くなっています。

では海外ではどんな授業があるのでしょうか。
海外では、描く技術と同じくらいに自分の作品を説明するための授業を重視しています。どんな意図でどういった作品を作るのか、どのような人たちに見せたいのか
そういったアピールの仕方までも学んでいるのです。そのため語学といった一般的な勉強もあります。

美術家、芸術家という職業は本人がメディアに露出する事が多く
自分の作品について語る場面が多いですのでそういった意味で
海外の教育は実践的であるように感じられます。

歴史に起因する日本と海外の美術観の差

Photo credit: kenjisekine via Visual hunt / CC BY-NC-ND

海外ではアーティストは立派な職業であるのに対し日本では道楽や趣味の一部と認識されることもあります。これは海外での美術という存在が古くから生活の中にあり考え方が研鑽される一方で日本では戦前・戦後で方針の変化が大きく変わってきた影響とする説があります。

戦後では海外での自由さを学び、生徒が好みでテーマや画材を選んで描くような自由教育を取りましたがそれまでは決められたものを淡々と描くといったものが多くありました。結果、変化する方針と絵で生活するという文化が日本であまり定着して間もないため今の日本ではアートまたは教育において日本人的な恥じらいや
海外と比べてしまうような環境が生まれてしまったのです。特に洋画などにおいては海外の作家を多数参考しているのに対しあまり日本人作家を題材として扱わないのがそれを表す例だと思います。

以上から、やはり海外は美術など優れた評価がされるだけの理由があるというように筆者は感じました。皆さんはいかがだったでしょうか?
これからのアーティスト達のためにも、日本でも更なる美術教育の発展に期待したいですね。

 

 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

 

関連記事

ARchitecT K2 さんインタビュー|鬱病を乗り越えて「自分の内面と向き合う」ための絵画

こんにちは!thisismedia編集部です。 今回は、抽象絵画をメインに制作活動をされている ARchitecT K2 さんにお話を伺いました。 自身の鬱病をきっかけに制作活動をスタートしたARchitecT K2 さん。 鬱病

油絵の道具と選び方を徹底解説【油絵入門】

初心者のための油絵入門 油絵の道具と選び方を解説 「中学・高校時代に美術の授業で絵を描くのが好きだった」という人も、大人になってから絵を描く機会は案外少ないものです。 中でも油絵や日本画といった専門的な絵画は、絵画教室に通わずに独

東京都内のデッサン教室 おすすめ9選

初心者から始められる! 東京のおすすめデッサン教室 絵画だけでなくイラスト、漫画など、様々な絵を描く上で大事になる「デッサン力」。 独学で身につけば良いのですが、基礎的な絵の描き方を自力でマスターするのはなかなか難しい

子ども向けアートワークショップ おすすめ9選

「うちの子も大きくなってきたし、そろそろ美術館でも静かにできるかな、、?」 「一緒に美術館に行きたい」 「子どもにアートを教えたい」 でも正直、「どの美術館に行くのが正解?」「どんな展示に行けば良いの?」「自分自身、アートについて

イタリアのおすすめ美術館8選

”芸術の都”イタリアで必ず見たい美術館 芸術の都、イタリア。 世界遺産はなんと54箇所で世界一です。 ミケランジェロやダヴィンチ、ラファエロ、カラヴァッジオといった数々の巨匠作品がこの国には残っています。 昔の建物がそのまま

 

TOP