2017/05/15
アート/Art

穴場スポット♡あの有名ファッションブランドの最上階でアートに触れよう!

出典http://twinavi.jp/

出典http://twinavi.jp/

皆さんは、ファッションブランドが展開するアートギャラリーの存在をご存じでしょうか。

ファッションブランドとアートの関係は深く、PVシーズンごとのビジュアルに最先端の技術が使われていたり、有名なアーティストが携わっていたり...。

商品のコンセプトや、ブランドの世界観の確立に深くアートが関わっているのですね。

今回は、「ファッションブランドが運営するアートスペース」を紹介します!

現在開催中の展示も紹介するので、ショッピングの帰りにでもぜひ立ち寄ってみてください。いつもとは違う、アートの視点からファッションを見てみよう。

 

【ルイ・ヴィトン】 ESPACE LOIS VUITTON(エスパス ルイ ヴィトン) 表参道

 

老若男女に愛されるブランド、ルイ・ヴィトン

昨今は、村上隆草間彌生とコラボして注目を集めていますが、先月は現代アートの巨匠ジェフ・クーンズとタッグを組んだ新作が話題を集めています。

 

そんなルイ・ヴィトンは、表参道店7階にアートギャラリーESPACE LOUIS VUITTON(エスパスルイ・ヴィトン)を構えています。

著名な建築家、青木淳氏がデザインした天井高8.45メートル面積193平方メートルのガラス張りの部屋からは、都内の景色を一望でき、まるで東京の上空に浮いているような気分が味わえます。特に、コンテンポラリーアートを積極的に展示しているギャラリーでもあります。

 

現在開催中の展示「Dan Flavin展」/Louis Vuitton

今回の展示は、生涯をかけて、蛍光灯や「光」に焦点を当ててきたアメリカの美術家Dan Flavin(ダン・フレイヴィン)。彼はミニマリスト運動の先駆者であり、初めて芸術媒体に蛍光灯を使用した人物でもありました。

 

61年頃の作品「イコン(Icons)」シリーズは、淡色に塗られた木製の正方形パネルに蛍光灯を取り付けたものでした。

その後、作品の境界は空間の隅々まで拡張し、床から壁へ、そして天井まで伸びていきました。

同時に垂直方向、水平方向、あるいは斜め方向に配した蛍光灯の長さや本数、並べ方に応じて、色合いや明るさを調節するなど、室内を瞑想的な光の効果で演出する空間的な作品を展開していきます。

同展では、そんなフレイヴィンの作品から7つの作品が展示されています。

 

【イベント情報】

「DAN FLAVIN」展

開館日:2月1日~9月3日

開館時間:12:00~20:00

休館日: 会期中無休

入場料:無料

会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京

(東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル7階)

HP:http://www.espacelouisvuittontokyo.com/ja/

 

【エルメス メゾンエルメス 銀座

 

品質の高さ、上品さを兼ね備えたエルメス

代表的なアイテムとなっているバーキン海外セレブ御用達ですね

 

そんなエルメスは、銀座のエルメスジャポン株式会社の本社ビル8階にアートギャラリーである「フォーラム」と、なんと10階には予約制のミニシアター「ル・ステュディオ」を構えているのです!

ギャラリーでは国内外問わず、様々なアーティストの作品を毎度異なる手法で展示しています。

 

現在開催中の展示「水の三部作 2」/アブラハム・クルズヴィエイガス展

 

 

アブラハム・クルズヴィエイガスは、メキシコシティを拠点に活動するアーティストです。

訪れた土地のローカルな素材を作品に取り入れるクルズヴィエイガスは、段ボールバケツプラスチックケース廃材鉄屑、また動物の排泄物植物など、あらゆる素材を用いて、単体のオブジェから大規模な建築的インスタレーションまで多岐にわたる制作を行います。

幼少期を過ごしたメキシコシティ郊外アフスコにおける「セルフ・ビルディング」運動や、密集したマーケットなどにみる「美的な乱雑さ(混沌)」をルーツとする彼は、自身の制作や作品のあり方を「Autoconstrucción(自己構築)」という言葉で表し、シリーズ化してきました。

各地の歴史、政治、社会、経済の姿を内包する素材を用いながらも、それらの象徴性を取り払い、即興的な手作業や介入によって全く新しい彫刻を再構築していきます。

 

2017年にパリロッテルダム、そして東京という3都市を回る本個展は、 “その土地のローカルな素材を取り入れる”という彼の手法により、それぞれの都市で作品が完成します。

エルメスでは、日本語の新聞紙雑誌の切り抜きブルーシート廃材など作品の大きさに関わらず、あらゆる素材が使われています。

その多くが日常でただのごみとして処理されるものばかりです。また、その中に3.11の本がひっそりと置いてある…

ワステカ地方の伝統音楽チナンパ農法ウーパールーパーなどの水辺の生物といった、豊かなメキシコの風土や文化が交じり合い、ピンク・ブルーなどの色彩豊かに彩られ、見た目はとても楽しい。しかし、細部をよく見ていくと、ついつい足が止まってしまう作品です。

日本人である私たちのアイデンティティを揺さぶられる展示となっています。

 

【イベント情報】

「The Water Trilogy(水の三部作)」

開館日: 2017 年4月21 日(金)~7月2日(日)

開館時間:

月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)

日   11:00~19:00(最終入場は18:30まで)

休館日: 会期中無休

入場料: 無料

会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム (中央区銀座 5-4-1 8 階 TEL: 03-3569-3300)

HP: http://www.maisonhermes.jp/ginza/le-forum/archives/352957/

 

 

Shiseido】資生堂ギャラリー

 

銀座にある資生堂のお菓子等を取り扱っているビルの地下1階にあります。

かなり広めのいいスペースで、日本で最も古いギャラリーと言われています。

現代美術中心に紹介しています。

出典https://www.fashion-press.net/news/27625

出典https://www.fashion-press.net/news/27625

現在開催中の「椿会展2017 - 初心 -」

2013年から資生堂ギャラリーで、毎年春に展覧会を開催してきた「第七次椿会」メンバーによる5回目で最後となる展覧会です。「椿会」は、赤瀬川原平畠山直哉内藤礼伊藤存青木陵子で結成され、2015年には前年の赤瀬川原平の逝去にともない、新たなメンバーとして島地保武(ダンサー・振付家)が加わりました。

3.11から復興していく過程で、「もう一度初心を問い直そう」と話し合われ、今回の展示のサブタイトルになったそうです。

 

【イベント情報】

「椿会展2017 - 初心 -」

開館日:2017年4月4日(火)~5月28日(日)

開館期間:平日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00

休館日:毎週月曜休(月曜日が祝日にあたる場合も休館)

入場料: 無料

会場:資生堂ギャラリー

(東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階)

HP: http://www.shiseidogroup.jp/gallery/

 

 

CHANEL】 CHANEL NEXUS HALL

 

CHANEL銀座のビルの中にあるギャラリーです。1階から3階がブティックになっており、10階にはランチやディナーを楽しめるカフェも併設しています。

そして4階がギャラリーになっており、ここでは主にコレクション新作発表会写真展などが行われています。

芸術を愛したココ・シャネルの精神に基づいた文化的なイベントが行われています。

2017 Spring/Summerコレクションで「Intimate Technology」のテーマの下、ロボットモデルを登場させたり、LEDライトが埋め込まれたアイテムを発表するなど、デジタルを利用した取り組みが目立つシャネル。

名前のNEXUSは「結びつき」を表しており、「アートや音楽を通してたくさんの出会いがあるように」という願いが込められています!

 

営業時間:12:00〜20:00(年中無休) ※展示の会期中によって異なる

入場料:無料

住所: 東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング

HP:http://www.chanel-ginza.com/top.html

 

 


以上、ハイブランドが運営するアートスペースでした。

美術館とは違い、ほとんどが無料で入ることができます。割と遅い時間までやっているのもポイント。

会社帰りや待ち合わせ時間、少し空いた時間にふらっと立ち寄ってみてもいいかも。

今後の展示に注目です。

関連記事

【展覧会レビュー】豊田市美術館「東山魁夷 唐招堤寺御影堂障壁画」展

【展覧会レビュー】豊田市美術館「東山魁夷 唐招堤寺御影堂障壁画」展 誰もが一度は聞いたことのある日本画の巨匠、東山魁夷。4月2日まで茨城県立近代美術館で展示されていた東山魁夷 唐招堤寺御影堂障壁画 展が、4月22日から愛知県の豊田

0から学ぶ西洋美術史 ~17世紀・バロック~

カラヴァッジョ作「聖マタイの召命」 古典主義の端正な美に対し、曲線を中心とした過剰ともいえる装飾をみせる建築が16世紀後半、ローマに生まれます。17世紀の絵画の総称的呼び名、バロックの始まりです。偉大さこれはバロックをより理解する

はらぺこあおむしと絵本の魔術師エリックカール

はらぺこあおむしという絵本をご存知ですか?   原題は『The Very Hungry Caterpillar』で、アメリカの絵本作家エリックカールが1969年に出版した絵本です。 あらすじ 日曜日の朝、卵からかえった

0から学ぶ西洋美術史シリーズ~ローマ美術~

今回の0から学ぶ西洋美術史シリーズで扱う内容は『ローマ美術』です。ローマ美術ローマ美術とは、古代ローマ帝国の美術であり、時間的には共和制末期とコンスタンティヌス1世以前の帝政期の美術を指します。空間的には地中海地域(アフリカ北岸も含む)とラ

日本の美術大学の最高峰!東京藝大の特徴とは?

東京芸術大学、その特徴と魅力とは? Image via Wikipedia 東京藝術大学は日本で唯一の国立芸術大学です。1949年に設立されており芸術家を目指す人々の憧れとなっています。今回はその特徴について解説したいと思います。