スクリーンショット 2021-07-29 12.25.16

関連記事

史上最高額3200万ドル(約39億5千万円)で落札されたティラノサウルスの化石がアブダビの新博物館へ

アートオークションやギャラリー、アートフェアの大きなトレンドとなっている「化石」。 化石はインテリアの対象として富裕層からの人気を集めており、化石コレクターが近年急増しています。 2020年に世界三大オークションハウス、クリステ

アラーキーのセクハラ疑惑 KaoRi 水原希子らが告白

ソース 3人のモデルと関係者が 荒木経惟のセクハラ問題について告白   荒木経惟(あらき・のぶよし)は、1960年代から50年間以上にわたって日本の写真界の第一線で活躍している写真家です。 生まれ育った下町の風景や、

三鷹の森ジブリ美術館の見どころを解説!オリジナルグッズも紹介

スタジオジブリのアニメーションの世界観を体感できる「三鷹の森ジブリ美術館」。 開館から20年たった今でも、なかなか予約が取れないほどの大人気の美術館です。 一度行くと何度でも行きたくなる、大人も子どもも夢中になる理由はどこにある

東京の有名コマーシャルギャラリー21選

洗練されたアートに出会う 東京のコマーシャルギャラリー 「洗練された空間で、ゆっくり作品を鑑賞したい」 「最先端の現代アートを見たい」 そんな時におすすめなのが「ギャラリー巡り」。 普段は敷居が高いイメージから、なんと

キース・ヘリングはどんなアーティスト?彼の作品と死因について分かりやすく解説

アンディ・ウォーホルやジャン・ミシェル・バスキアなどポップ・アートを牽引する代表的な美術家の中に、キース・ヘリングがいます。 1890年代、ニューヨークの地下鉄構内で広告板に自発的に描いたグラフィティー・アートを始めた彼の作品は、

TOP