絵画商法という批判も多い

絵画商法という批判も多い

関連記事

カルメン・へレラ 106歳で逝去、89歳でブレイクし現役を貫いた抽象画家

ニューヨークを拠点に活動していた抽象画家、カルメン・へレラ。 2022年2月12日、彼女は55年間暮らしたニューヨークの自宅で永眠しました(享年106歳)。 1940年代から作家活動を開始するものの、彼女の絵が初めて売れたのは2

この夏行きたい 注目の展覧会2019

この夏、絶対に見逃せない 展覧会を観に行こう 年々、人気が高まっている展覧会。 2019年の夏も大注目の展示が目白押しです! メディアでたくさん取り上げられているものから、意外と知られていない穴場までこの夏のおすすめの展覧会

一人暮らしのおしゃれなインテリア実例50選!【テイスト別のコーディネート例】

ソース 狭いからこそもっと快適に おしゃれな一人暮らしのインテリア実例 ワンルームの一人暮らし、狭くてもお洒落に快適に暮らしたいですよね。 ワンルームのインテリアを成功させるコツは、 ①暮らしやすいレイアウトの工夫 ②統一し

「水彩絵の具」の種類と選び方!初心者におすすめの水彩絵の具をご紹介

ソース 自分にあった水彩絵の具を見つけよう! 水彩絵の具の選び方&おすすめ10選 にじみやぼかし、ムラといった独特な表現が楽しめる水彩。 学校の美術の授業でも多く取り入れられており、馴染みのある画材となっていますね。

ゴッホの「耳切り事件」とは?左耳を切り落とした理由について詳しく解説

特徴的な色使いと力強い筆致で見る人を引きつけるゴッホの作品。フィンセント・ファン・ゴッホは、その炎のように激しい画風から「炎の画家」と呼ばれています。 世界で最も有名な画家の一人として数えられるゴッホですが、彼が不世出の画家として

TOP