2021/08/16

キャラクターデザイン
MAGAZINE

天野喜孝とは?ファイナルファンタジーなどの代表作品や経歴を解説!

世界的RPGゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズや、幼児向け「やさいのようせい N.Y.SALAD」のアニメーションのキャラクターデザインなど、幻想的な作風で人気のイラストレーター天野喜孝。

天野喜孝はイラストレーターとしての活躍以外にも舞台美術や衣装デザイン、現代アートの世界でも活躍する幅広いアーティストです。

唯一無二の作風で人々を魅了する天野喜孝の活動をご紹介します。

 

天野喜孝とは?

「ファイナルファンタジー」のキャラクターで有名な画家

タツノコプロダクションでのアニメーションのキャラクターデザインからキャリアをスタートした天野喜孝。

独立後は小説のイラストを手掛けていましたが「吸血鬼ハンターD」シリーズ、「グイン・サーガ」シリーズで現在のような幻想的で耽美、そして廃頽的な世界観の作風になります。

そしてスクエア(現スクエア・エニックス)から発売された「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインで天野喜孝の知名度が高まり、それ以降は衣装デザイン、舞台美術など活動の幅を広げていきました。

現在は現代美術シーンでも活躍をする、日本でも稀有なアーティストの1人です。

 

海外からも人気が高い

日本のテレビゲームは海外でも人気があり、その中でも「ファイナルファンタジー」シリーズには世界中に多くのファンがいます。

そのキャラクターデザインを描き監修した天野喜孝への知名度は高く、ニューヨーク、ロンドン、パリ、リヨン、ケルンで個展を開催しました。

ミズマアートギャラリー所属後は積極的に個展を開催ており、現代アートの世界でも高い評価を得ています。

現代アートの世界では特に東南アジアからの人気が高く、アート・バーゼル香港にも出展しました。

 

天野喜孝の経歴

15歳で「タツノコプロダクション」に入社

天野喜孝は1952年に静岡県静岡市に生まれます。

15歳の時に東京都国分寺市に引っ越した友人とタツノコプロダクションを訪れ、自身の絵を見せたことにより、タツノコプロダクションの創始者である吉田竜夫の家に居候をしながらアニメーション部で仕事を始めるようになりました。

デビュー作は「マッハGoGoGo」。「みなしごハッチ」や「タイムボカン」などのアニメーションキャラクターを手掛けるようになります。

 

30歳で独立し「天プロダクション」を設立

吸血鬼
ソース

1982年、タツノコプロダクションから独立し、「天プロダクション」を設立します。

イラストレーターとしてSFやファンタジー関連の小説の挿絵を手掛けるようになりました。

その時に名義を「天野嘉孝」から「天野喜孝」に変更します。

イギリスの挿絵画家アーサー・ラッカム、グスタフ・クリムト、アルフォンス・ミュシャから影響を受け、耽美的な作風に変化していきます。

夢枕獏の「キマイラ」シリーズ、菊地秀行の小説「吸血鬼ハンターD」シリーズや「魔界都市〈新宿〉」、そしてイギリスのSF作家ニール・ゲイマン原作でコミック「サンドマン 夢の狩人-ドリームハンター」の作画を担当し、この作品でアイズナー賞最優秀漫画関連書籍部門などを受賞しました。

 

1987年よりファイナルファンタジーのキャラクターデザインを担当

天野喜孝は1987年からスクウェア(現スクウェア・エニックス)し、PRGゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインを手がけます。

そのゲームは世界的に大ヒットを記録し、天野喜孝の描くアナログとコンピューターデザインを融合させたキャラクターデザインにも注目が集まりました。

1994年に発売された「ファイナル・ファンタジーVI」を最後に辞任しますが、その後も原案やイメージイラストなどに携わっています。

 

2010年に映像制作会社「スタジオ・デバロッカ」を設立

2010年に3Dアニメーション映画のための映像制作会社「スタジオ・デバロッカ」を設立します。映画「Deva Zan」は天野喜孝自身が映画監督を務め、東洋思想や今のテクノロジーを踏まえたSF神話を制作する予定でした。

2012年春に公開予定で、欧米やアジア圏でも公開が計画されていましたが、このプロジェクトは中止となり、現在は公式サイトも閉じられています。

 

2013年〜 個展・回顧展を定期的に開催

1995年にフランス・オルレアンの国立自然科学博物館、1997年にアメリカ・ニューヨークで個展を開催してから、2013年に東京の現代アートギャラリーであるミヅマアートギャラリーで「TOKYO SYNC」を開催し、国内でも積極的に個展を開催します。

2014年には熊本市現代美術館で個展「天野喜孝展 想像を超えた世界」、2018年には池袋サンシャインシティで「天野喜孝の世界展」を開催しました。

 

天野喜孝のアーティスト活動

イラストや舞台、衣装デザインなど多方面で活躍

豊かな想像力と創造力が発揮された独特な世界観を持つイラストで評価が高い天野喜孝は、坂東玉三郎演出の舞台「なよたけ」(1990年)をはじめ、「楊貴妃」(1992年)、「海神別荘」(1994年)などの舞台美術を担当しました。

また映画「陰陽師」(2001年)では衣装デザインを担当し、映画「ユメ十夜」では第七夜の映画監督を務めており、その多彩な才能はイラストに留まることなく、活動の幅を広げています。

 

美術家としての活動

天野喜孝はポップアート、アール・ヌーヴォーや浮世絵に影響を受けており、1990年代後半以降は活動の中心を現代アートに移し、主に海外で活動していました。

2013年からミズマアートギャラリーの所属となり、アート・バーゼル香港でもミズマアートギャラリーのブースで展示するなど、国内外問わず個展が増えていきます。

現代アート作品には主に車の塗料、アクリルを使って制作しており、また作品の中にファイナルファンタジーをはじめとするこれまで描いてきたキャラクターを遊びでいれるなど、支持体やシーンが変わっても世界観が統一されています。

 

その他:宗教画の制作など

2015年、2億円という販売価格で話題を呼んだ、Amazon20周年のプライムデー限定で販売された「黙示録」原画12点 DVDセット。

西洋のスタンダードなモチーフである「ヨハネの黙示録」。ファンタジックな説話の中に、現実の暮らしに結びついた普遍性が隠されていることに刺激を受け制作されました。

2021年には日蓮の生誕800年を記念して依頼された高さ189cm、幅151cmの「法華経画」を制作しました。

このゲームの世界観を考えてきた経験が生きた「法華経画」は、日蓮宗の大本山、誕生寺(千葉県鴨川市)の宝物館に収められています。

 

天野喜孝の代表作

昆虫物語「みなしごハッチ」|キャラクターデザイン

天野喜孝がキャラクターデザインに携わったアニメ作品。

スズメバチの襲撃によって、母と生き別れてしまった主人公ミツバチのハッチ。自分の出生を育ての親のシマコハナバチのおばさんから聞き、まだ見ぬ女王蜂のママを探して苦難の旅をします。

悪役が毎回登場し、他の虫が死んでしまうシーン、人間は環境破壊や捕虫したりするなど一貫して悪役として描かれ、子供向けのアニメとしては悲劇的なストーリーでした。

 

タイムボカンシリーズ|キャラクターデザイン

正義の味方である主人公たちと、悪役3人組が古今東西に(タイム)トラベルをし、主人公たちが悪役3人組と宝の争奪をするのが主なストーリーのタイムボカンシリーズ。SFギャグアクションアニメです。

「タイムボカン」「ヤッターマン」「ゼンダマン」など13作品が放送されました。

基本的なキャラクターデザインはシリーズ第1作の「タイムボカン」で天野喜孝がデザインしたものが踏襲されています。

 

科学忍者隊ガッチャマンⅡ|キャラクターデザイン

世界征服を企む秘密結社ギャラクターと戦う、5人の少年・少女で結成された科学忍者隊を描いたSFアニメ。

科学忍者隊ガッチャマンをキャラクターデザインした当時、天野喜孝は同時にタイムボカンシリーズのキャラクターデザインも担当していました。

ガッチャマンのようなシリアス路線と、ギャグ路線のタイムボカンシリーズを2つデザインすることは珍しく、アニメーション世界でも稀有な才能を持ったアーティストなのが分かります。

 

吸血鬼ハンターD|キャラクター原案

1983年から2007年まで刊行された菊地秀行の小説「吸血鬼ハンターD」シリーズ(全40巻)。

天野喜孝は「吸血鬼ハンターD」のキャラクター原案に携わり、これまでOVA・アニメ映画・テレビゲーム・漫画など多数のジャンルでメディアミックスされてきました。

2000年公開のアニメ映画『Vampire Hunter D: Bloodlust』が契機となり、海外翻訳されグローバルな人気を誇っています。

吸血鬼ハンター“D”―吸血鬼ハンター 1

981円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ 朝日新聞出版; 新版 (2007/12/1)

 

ファイナルファンタジーシリーズ|キャラクターデザイン

1987年に第一作が発売されてから世界的なゲームシリーズとなった「ファイナルファンタジーシリーズ」。

キャラクターデザインは天野喜孝。

登場人物たちの精神的な葛藤、情熱や悲劇が描かれるストーリーに、美しいCGグラフィック、そして天野喜孝が描くファンタジックな水彩画によるゲームの世界観は映画化もされ、シリーズ全タイトルの世界累計出荷数は1億5,900万本以上を達成しています。

ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」

1,490円 (税込)

 

グイン・サーガ|挿絵イラスト

栗本薫による日本のヒロイック・ファンタジー小説「グイン・サーガ」。

1979年に第1巻を刊行後、現在では173巻(2020年)まで発売されているメガファンタジー小説です。

2009年に栗本薫が死去したことにより、現在は複数の作家により執筆されています。

天野喜孝は正伝20 – 56巻、外伝6 – 9巻のイラストを手掛けています。

豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)

638円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ 早川書房; 改訂版 (1979/9/29)

 

夢の狩人―The sandman|コミック作画

原作はイギリス出身の作家ニール・ゲイマン、翻訳は夢枕獏、作画は天野喜孝。

平安時代を舞台に陰陽師、物の怪、怨霊が登場するファンタジー作品のコミカライズです。

ニール・ゲイマンは小説以外にもコミックブックやグラフィックノベルの原作も手掛けており、「サンドマン」シリーズ以外にも「コララインとボタンの魔女」などがあります。

天野喜孝が描く和洋折衷の作風が、カルト的人気を誇る「サンドマン」を彩っています。

夢の狩人―The sandman

2,100円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ インターブックス (2000/10/1)

 

舞台「海神別荘」|舞台美術・衣装デザイン

「海神別荘」は1955年に歌舞伎座にて新派によって初演された泉鏡花による戯曲です。

海底の宮殿に住む公子と、公子のもとに輿入れする美女との水底を舞台にしたファンタジー歌舞伎です。

2000年には坂東玉三郎演出、宮沢りえ主演で上映されました。

この時の舞台美術に天野喜孝が携わっており、神秘的なファンタジーの世界観が表現されました。

 

小説「幻獣少年キマイラ―キマイラ・吼」|表紙イラスト

1982年に刊行された夢枕獏の小説「幻獣少年キマイラ―キマイラ・吼」。

独立後、「幻獣少年キマイラ―キマイラ・吼」で初めてのイラストレーション作品で、本の表紙を手掛けました。

その後もこのシリーズの表紙イラストを続けており、繊細で廃頽的な作品はここから始まったと言えます。

幻獣少年キマイラ―キマイラ・吼〈1〉

255円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ 朝日ソノラマ (1982/7/1)

 

映画「陰陽師」|衣装デザイン

夢枕獏原作の人気伝奇小説シリーズ「陰陽師」。

2001年に滝田洋二郎監督、野村萬斎の主演で制作されました。

夢枕獏と度々タッグを組んで仕事をしていた天野喜孝は、この映画で衣裳デザインを担当します。

また続編の「陰陽師Ⅱ」ではキービジュアル・コンセプト・デザインを手がけ優美な平安京の世界を表現しています。

天野喜孝コンセプトデザイン集 陰陽師

32,038円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ 富士見書房 (2004/4/30)

 

天野喜孝のおすすめ作品集

天野喜孝 (イラストレーション別冊)

2014年に刊行された作品集。

「ファイナルファンタジー」シリーズはもちろん、「グイン・サーガ」、江戸川乱歩シリーズのイラストも掲載されています。

イラストのラフスケッチ、制作風景、インタビューに加え、美術家の宇野亜喜良との対談も掲載されており、読みごたえもある一冊となっております。

天野喜孝 (イラストレーション別冊)

1,760円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ 玄光社 (2014/6/28)

 

天野喜孝展 想像を超えた世界

熊本市現代美術館で開催された「天野喜孝展 想像を超えた世界」の図録です。

タツノコプロダクション時代の「タイムボカン」シリーズや「ガッチャマン」などの初期作品も掲載されている貴重な一冊となっております。

はもちろん、「吸血鬼ハンターD」「キマイラシリーズ」「源氏物語」「アラビアンナイト」などの代表作から最新作「Candy Girl」までの全251点が網羅されている大型本です。

天野喜孝展 -想像を超えた世界-

4,200円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ パイインターナショナル; Bilingual版 (2014/10/24)

 

JAPAN―FINAL FANTASY

天野喜孝のファンはもちろん、「ファイナルファンタジー」シリーズを初期からプレイしたことがある世代なら楽しめる作品集です。

特に天野喜孝が描くゲームの世界観が反映された「ファイナルファンタジーⅤ」「ファイナルファンタジーⅥ」が掲載されているのでファン垂涎の一冊となっております。

JAPAN―FINAL FANTASY

4,455円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ NTT出版 (1994/8/1)

 

まとめ

キャラクターデザインに留まらず、舞台演出や現代アートの分野でもマルチに活躍する日本人アーティスト、天野喜孝。

彼が描き出すオリエンタルで唯一無二の世界観は、海外でも多くの人を魅了しています。

彼の表現が今後どのような進化を遂げていくのか、ますます目が離せない存在です。

ぜひみなさんも、本物の作品に触れてみてくださいね。

 

 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

 

関連記事

レオナルド・ダ・ヴィンチとは?代表作品や発明品・経歴について詳しく解説

美術に興味がない方でも一度は、名画「モナリザ」は映像や本などで見たことがあると思います。 そんな世界で一番有名な絵画モナリザを描いたのがレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)です。 今回は、イタリア・ルネッサンス期の天才と呼

名画「ヴィーナスの誕生」とは?ボッティチェリの名作を徹底解説

ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」は、ルネッサンス期を代表する名画です。 美術の教科書や資料集にも必ずと言っていいほど載っている絵なので、多くの人が一度は目にしたことがあるでしょう。 この記事では、その名画が制作された背景や、

浮世絵とは? 浮世絵の作り方・歴史について詳しく解説

知れば知るほど奥深い 「浮世絵」の世界を覗いてみよう 「浮世絵」と聞いて、なんとなく「富士山の、あの、波のやつ?」とか「見返り美人や歌舞伎役者の絵でしょ?」とか、日本の絵画の独特な雰囲気を思い浮かべる方は多い事でしょう。 しかし、

病院・福祉・医療施設に絵画を飾ろう!ホスピタルアートの選び方

疲れている時、精神的に落ち着かない時、普段あなたはどうしていますか? 好きな音楽を聴く、雑誌を読む、など、自分で心を落ち着かせる方法は様々ありますが、病気や怪我になった時、人はどうしても心が沈んでしまうものです。 精神的ストレスが症

「象徴主義」とは?有名な画家と代表作品について分かりやすく解説

「象徴主義」とは? 象徴主義とは、19世紀後半にフランスとベルギーで起こり、ヨーロッパ全土とロシアに波及した芸術運動です。この運動は文学から始まり、音楽、そして美術と広範に及びました。 「象徴主義」という言葉は、フランスで活動し

TOP