オブジェ

art object

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/0913duchamp1_666.jpg

オブジェ(objet)というのはフランス語で、本来は「物体」や「対象」といった意味があり、単純に英語に置き換えるとobjectにあたります。けれど、アートでいう「オブジェ」にはもっと特殊な意味合いがあります。
アートの分野でいう「オブジェ」は「彫刻」と対照的に用いられるもので、彫刻が石や金属などの素材を加工して作品を制作するのに対し、素材そのものの美しさと存在感を際立たせた作品が「オブジェ」の特徴です。その素材の意味や用途に着目し、皮肉や否定といったメッセージを訴えます。

否定や破壊を思想とするダダイズムや、超現実主義のシュールレアリズムをとなえる芸術家たちが、本来は非芸術的なものの中に、偶然にも見出した非現実的な物体を構成した作品が「オブジェ」。
ダダイズムもシュールレアリズムも、どちらもフランスで始まった活動で、フランスのアーティスト、マルセル・デュシャンが市販の便器を「泉」というタイトルで展示会に出品したとき、その作品が「オブジェ」というジャンルに分類されたのが始まりとされています。最近では、日用品や大量生産品、廃品などを寄せ集めてつくった作品もオブジェに分類されます。

関連アーティスト
マルセル・デュシャン