モダンアート

modern art

https://media.thisisgallery.com/wp-content/uploads/2018/12/modernart.jpg

近代を表す「モダン」なアートは、20世紀以降、第二次世界大戦前までの近代美術を指しています。日本においては、明治維新頃、または1910年代以降の美術を指します。類似の言葉として「現代美術(contemporary art)」がありますが、明確な境がないものの近代美術と現代美術は分けて考えられており、近代美術は、教会や王侯貴族が美術の担い手だった時代とし、現代美術においては、富裕層が美術の担い手になっている時代として分けられるのが一般的です。近年に関しては近現代美術とも言われています。
近代美術には、印象派やセザンヌ以降のシュールレアリスムや1950年代の抽象主義、1960年代のポップ・アートやオプティカル・アートなどが含まれています。モダンアートには人間の内面を探求する方向や、新しい情景を意図した試み、伝統崩壊なども含まれており、単純に様式の新しさだけを指すわけではなく動向を総括的に指して用いられています。

関連アーティスト
エドゥアール・マネ,パブロ・ピカソ,アンディ・ウォーホル,オノ・ヨーコ,ギルバート&ジョージ,ジェフ・クーンズ,ジャスパー・ジョーンズ,ジェームズ・タレル,ブルース・ナウマン,キース・ヘリング,デイヴィッド・ホックニー,ロイ・リキテンスタイン